beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2011年 10月 ( 21 )   > この月の画像一覧


ネナシカズラと奇妙な蔓草

今回の岡山県の高梁川水系での淡水シジミ類の採集調査で、川ガニさんが集めてくださった情報がとても効果的でした。

川ガニさんのブログ:狩猟民族の館
http://huntingfactory.blog112.fc2.com/

川ガニさんは、本業はそっちのけで、川漁師と山猟師・ジビエ料理、そして野菜つくりまでの超カラフルな生活を楽しんでいらっしゃいます。

高梁川漁協(http://takahashigawa.jp/index.html)の理事をされている伝手で、アユの養殖・放流事業を行っている「高梁川栽培漁業研究所」の所長さんに、前もってシジミについての情報提供をお願いしていただきました。

研究所を訪問した時、その脇を流れている高梁川の支流である新本(シンポン)川で所長さん自らが入って、川ガニさんと一緒にシジミを採集してくださったので、川べりで収穫が上がってくるのを待っているだけとなりました。

待っている間に川岸の植物を見たら、ネナシカズラが花盛りです。
e0094349_2135340.jpg
e0094349_214258.jpg

その周囲にはマルバルコウソウも花盛りで、そのシーズンが日向とだいたい同じ時期であることを知りました。

大きな葉の、今まで見たことが無い変な蔓草がとても奇妙な花と実をつけていました。
e0094349_217974.jpg
e0094349_217173.jpg
e0094349_2172537.jpg

トゲトゲの実の中には未熟の種が入っていましたが、熟するとどのような実になるのか興味シンシンです。一見するとオナモミの実に似ていますが、棘は柔らかでした。
[PR]

by beachmollusc | 2011-10-30 21:15 | 植物

筑後川水系のシジミ類 その3 田手川

馬場川は市街地を流れていますが、それと平行して東側にある田手川は農地と吉野ヶ里遺跡の中を流れています。

広島と岡山からの帰り道の26日午後に再び佐賀県に立ち寄り、田手川の淡水シジミを採集しました。

21日の下見で、川の本流で採集は無理と判断し、上流部の農業用水路に的を絞り、3箇所で採集しました。全て三面張りのコンクリート水路で、流れも速く、シジミが住めるような砂が堆積している場所は限られていました。

最初のスポットですが、道路脇で石碑の前に駐車スペースがあり、その裏に水路が流れていたので採集に好都合な場所でした。
e0094349_20584428.jpg

石碑に刻まれた碑文です(クリックで拡大すれば読めます)。
e0094349_20592625.jpg

わずかに砂が溜まっていて、カワニナとイシガイと共にシジミを採取することが出来ました。
e0094349_2102493.jpg

この場所の水路の写真を撮り忘れたのですが、コンクリート水路はどこでも同じようなものです。
e0094349_2142649.jpg

上の写真は石碑の所と近いが別な地点で、水路に下りる階段があった場所です。ここでは佐賀でしか見られないカササギと出会うことができました。ところが見た瞬間に飛び去ってしまって、カメラを向ける暇もありませんでした。残念無念。ヘッケルとジャッケルを知っている人はいますか。

3箇所目で下校中の小学生集団に「何をしているのか」と問われたのでシジミの調査だよと説明したら、頑張ってくださいと激励されました。昔だったら、下校中に川遊びが楽しめたはずの場所ですが、今やコンクリートでガチガチに固められ、子供が入らないようにされています。川ガキがいなくなっているだけでなく、犬を散歩させている住民たちに川にシジミが住んでいることすら認識されていないようです。

この川のシジミについて、三重大の古丸ほかが1997年に論文を出しています。

Komaru 外 (1997) Biol. Bull. 193: 320-323.

Hermaphroditic freshwater clams in the genus Corbicula produce
non-reductional spermatozoa with somatic DNA content

Abstract.

Hermaphroditic freshwater clams in the genus Corbicula produce non-reductional
spermatozoa. The DNA content of spermatozoa was almost identical with that of
somatic cells in C. leana from Mie Prefecture, Japan. Hermaphroditic C. aff. fluminea
from Saga Prefecture and C. fluminea from Taiwan also produce non-reductional
spermatozoa. On the other hand, spermatozoa of the dioecious C. sandai had half
the DNA found in somatic cells. Analysis of chromosome numbers suggests that C.
leana (3n = 54 in somatic cells and 18 in meiotic cells) from Mie Prefecture and C. aff.
fluminea (2n = 36 in gills and 18 bivalents in meiotic cells) from Saga Prefecture are
triploids and diploids, respectively. C. leana, C. aff. fluminea, and C. fluminea may lack
either first or second meiosis, resulting in non-reductional spermatozoa. We assume
that gynogenetic reproduction occurs in both species; maternal chromosomes are
also nonreductional, and spermatozoa activate development of the eggs, but do not
contribute to the offspring.

要点は、佐賀県の田手川で採取されたタイワンシジミに似た種は、三重県のマシジミが3倍体であるのと異なり染色体は2倍体であった。そして雌雄同体であるどちらの種でも、卵子と精子が減数分裂せず、精子は受精時に発生を開始させる刺激だけの役割を持っている(例えばギンブナがそうなっていることが知られています)雌性生殖をするものと想定した。(比較のため台湾のタイワンシジミと琵琶湖のセタシジミも調べています)

この著者はその翌年の論文で、淡水シジミの精子が発生の刺激となるのではなく、細胞外に捨てられる卵子の核に成り代わって発生を進める「雄性生殖」が起こっていることを発見して報告しています。

雌性でも雄性でも、どちらにしても片親のクローンをつくる繁殖様式です。

今回、自分で田手川と馬場川で採集した佐賀県産の淡水シジミは形態的にはマシジミ型であって、典型的なタイワンシジミ型とは異なっていました。不思議なことですが、10数年前に同じ水系で採集されたシジミとは形態が異なるようです。
[PR]

by beachmollusc | 2011-10-28 21:29 | シジミの仲間 Corbicula

筑後川水系のシジミ類 その2 馬場川

10月21日の午後、雨が断続的に降る合間をぬって、佐賀県神崎市内を流れている馬場川のシジミ類を探しました。

事前情報として、三重大学の古丸ほかが養殖研究所の報告で馬場川のシジミ類について調べた結果を見つけていました。

Komaru, A.; Konishi, K.; Kawamura, K.; Sakai, H. (1998)
Bulletin of National Research Institute of Aquaculture (no.27) p. 37-41
Morphological remarks on a Corbicula species collected in Saga prefecture, Japan

Abstract: Shell morphology of freshwater Corbicula specimens collected from
Saga Prefecture, southern Japan was considerably different from that of C.
leana Prime. The anterior lateral teeth (ALT) of the Saga specimens is narrow
in width and sharp in ridge angle while that of C. leana collected in Mie is wide
and blunt; mean ratio of basal width to height of ALT was 0.69 in Mie and 1.34
in Saga specimens. General morphological feature of the Saga specimens closely
resembles that of a Chinese species C. fluminea (Mueller) collected from Taiwan.
Further studies on such as mode of reproduction, chromosome number in
Corbicula species should be required for specific identification.

この報告は、要するに、佐賀県(馬場川)で採取された淡水シジミ類がマシジミと異なる形態であり、台湾で採集されたタイワンシジミと似ているということです。それ以上は追求されておらず、染色体の(数と要旨には書いてある)倍数性を調べたり、繁殖様式を調べないと種の判断はできない、としています。

種の判別についてですが、マシジミとタイワンシジミは染色体も繁殖様式も基本的に共通ですから、論文要旨の締めくくりはナンセンスでしょう。 そもそも、マシジミとタイワンシジミが別種であり、その明確な判別ができることを、誰も科学的に説明していません。

せっかく集めたサンプルについて、形態が自分たちの地元の集団と違っていたということで「おしまい」では迷惑千万な報告です。そこで、おせっかいにも追跡調査をやっています。

地域が変われば同種でも異なった特徴を示すことは「チクゴシジミ」の例でも明らかですから、有明海に流れているという日本では特異的な環境に生息する淡水シジミがどのような特性を示すのか、明らかにする必要があります。

馬場川は神崎市の市街地を流れていて、市役所の脇に親水公園がつくられています。
e0094349_19425517.jpg
e0094349_1943312.jpg

公園には川の中に踏み石があり、それを渡って反対岸に出ることができます。
e0094349_19444983.jpg

この踏み石の支えのおかげで流れの陰になった部分に砂が溜まり、砂の中にイシガイやカワニナと共にシジミが生息していました。周囲で水中に植物が成育している場所は泥が堆積していてシジミはいません。川底はコンクリートであって、いわゆる3面張りの水路になっています(採集したシジミの写真は採集時に雨が降っていて、現場で撮影していません)。

公園の川岸にあった看板を見たら、淡水のギャングを放流する愚挙が賛美されていました。
e0094349_19474965.jpg

外来魚のブラックバスを目の敵にする人々がいますが、在来種の鯉の方が生態系の破壊者としてはるかに悪質であると言うのが淡水魚関係者間の定評でしょう。

資源・環境行政の不作為アリバイ・セレモニーに利用されているにすぎない「放流」事業などがよいことである、あるいは何かの役に立っているという錯覚を世の中から払拭させることが大切です。

この場所でシジミは密生していませんでしたが、性質の悪い魚がいたからかもしれません。おかげで必要数を採取するのに時間がかかりました。

その次に市街地の北の水田地帯に接した場所で、馬場川の上流に当たる農業用水路を見ながら車を走らせ、道路の下が暗渠になっていて、砂が溜まっていた場所を見つけました。そのような場所では一網打尽でシジミが獲れます。
e0094349_19524957.jpg
e0094349_1952583.jpg

わずか2回の網入れで必要なサンプリングができました。

市役所のところでは大多数が綺麗な明るい色でしたが、この場所では殻の表面が真っ黒クロスケになっています。泥が堆積していて還元状態(酸素欠乏)の場所ではシジミの殻の外面は黒くなります。

馬場川のシジミの形態はマシジミに見えましたが、以前、三重大の皆さんが採集したものは別の集団だったのでしょうか。手元に来ている三重県(四日市)産のマシジミはこれまで見た日本各地のマシジミの中でもっとも横長の形態ですが、もしそれを標準にしているならば困ります。
[PR]

by beachmollusc | 2011-10-27 19:58 | シジミの仲間 Corbicula

筑後川水系のシジミ類 その1 チクゴシジミ

岩川友太郎(1909):日本産の蜆に就いて{介類雑誌 3, 18-23.}という1世紀前の文献に筑後川産のシジミ類が学名無しで、岩川が命名した和名「チクゴシジミ」というシジミの一種として記載されています。

東京帝室博物館に収蔵された貝類のカタログ(岩川が1919年に記述した)の中にも学名はないままでチクゴシジミがリストアップされていました。
http://www.biodiversitylibrary.org/page/13078192

岩川はアメリカのフィラデルフィア・アカデミー自然史博物館のPilsbryにその標本を送って新種として記載されることを期待していましたが、記載されないまま、現在に至っています。

岩川の標本はフィラデルフィアと日本の国立科学博物館の双方に残っているようですが、科博が東京から筑波に移転中なので現物を見ることができません。フィラデルフィアにも、標本の情報提供を依頼していますが、まだ標本写真を見ていません。

黒田徳米は「日本産蜆類の研究」という論文(1938年、日本貝類学雑誌、8, 21-36)の中でチクゴシジミをヤマトシジミのシノニム(同種)としています。しかし、日本中の淡水産貝類を集めて調べた岩川が「このようなシジミはこれまで見たことが無い」といったコメントを書き残しているので、気になりました。

問題は、岩川が採集した場所が筑後川の汽水か淡水か、どちらかが明瞭に記録されていないことです。昔の筑後川は海水の遡上を止めるような堰は無かったはずですから、汽水域はかなり上流に及んでいたでしょう。

採集場所が単に「筑後川」ではどうしようもありませんが、すでに河口近くの汽水域で漁獲されたシジミのサンプルは購入できました。(全く同じものが日向市内のスーパーで福岡産シジミとして販売されていました!)

beachmollusc ひむかのハマグリ : 筑後川のシジミ
http://beachmollu.exblog.jp/15597800/

どうやら、これが「チクゴシジミ」の正体のようです。外見が黄色で殻の内側が白い、韓国の「キイロシジミ」と似ているものや、複数の色彩型が混在している、とても変な集団でした。これを現地の漁師はヤマトシジミとは別物と見ているようです。

筑後川水系の佐賀県内の支流である田手川と馬場川の淡水シジミ類を今回採集した印象では、岩川のコメントに合わないように思われました。
[PR]

by beachmollusc | 2011-10-27 19:12 | シジミの仲間 Corbicula

佐賀県のシジミ調査

21日の朝、日向で集中豪雨の最中で、奥野川があふれそうになっている早朝に佐賀に向かいました。
(戻ってみたら、奥野川の川岸からあふれた川水が湿地にしている放棄水田の上を流れて浮き草をさらっていました)

高千穂から五ヶ瀬を抜けて熊本県に入ったら雨が止みました。しかし、佐賀県の東背振インターに到着してから雨が振ったり止んだりでした。

目的地は吉野ヶ里遺跡の中を流れている田手川とそれに平行して流れる馬場(バンバ)川です。背振の山を水源地として流れていて、どちらも最終的に筑後川に合流します。

背振の山に道の駅があるという案内標識につられて、山を登って下界を見晴らしてきました。雨は止んでいましたが曇りで強風のため、よい写真は撮れませんでした。

当然ながら道の駅は閑散としていました。
e0094349_1858068.jpg

山は急峻です。ここには福岡方面に向かう幹線で有料道路のトンネルがあるようです。
e0094349_18581193.jpg

山麓の下にある吉野ヶ里遺跡を上から見下ろしている位置ですが、よく見えません。
e0094349_18582067.jpg

道の駅ではモクズガニが売られていました。ツガニと言う名称は高知県で使われていると思っていましたが、佐賀でも同じ名で呼ばれていました。
e0094349_1924126.jpg

日向ではヤマタロウです。
[PR]

by beachmollusc | 2011-10-26 19:06 | 日記

足守近水園のシジミ

e0094349_12192160.jpg

岡山市北区の足守川でシジミを探しましたが、川底が砂でなくて、石がゴロゴロでは採取できません。

通りすがりの人に教えてもらった近くの歴史公園の水路に移動して採取しました。

教えてくれた人が黄色シジミと言っていた通りで、黄色の型が多い集団でした。
[PR]

by beachmollusc | 2011-10-24 12:19 | シジミの仲間 Corbicula

倉敷にて

e0094349_8244.jpg

外来シジミの最初の発見は倉敷市の連島で、1985年のことだったので、その原点を確かめることにしました。

昨日は、その周囲からサンプルを採取して成果を上げました。

詳しい話は日向に戻ってから報告します。

写真は新倉敷駅近くのホテルから国道2号線を見下ろしているところです。

今日はこの道から北の上流方向に向かって車を進めるところです。
[PR]

by beachmollusc | 2011-10-24 08:02 |

dog run

e0094349_175836100.jpg

広島から倉敷に向かっています。

途中の福山サービス エリアにワンコのためにdog runがあります。

犬連れの車で旅行中には必要な施設です。
[PR]

by beachmollusc | 2011-10-23 07:36 | ワンコ

旅行中

e0094349_181513.jpg

広島に来ています。

昼に祖父の33回忌のお勤めを済ませました。

昨日は佐賀に立ちより、筑後川水系のシジミを採取しましたので、その話は日向に戻ってから報告します。


明日は岡山県倉敷市で高梁川のシジミを探します。
[PR]

by beachmollusc | 2011-10-22 16:52 | 日記

南米に移入したアジアのシジミ類

中国の雲南省、昆明の湖で採取された淡水産シジミの一種、Corbicula largilliertiについて調べています。

日本でこの学名の種は(間違って)「バチシジミ」と呼ばれているようですが、原産地および移入した南米産の図や写真を見ると「バチ」型ではなく、丸っこい殻の輪郭です。

これは原産地と移入地でタイワンシジミと同所的に生息していますが、2種の間の主な差異は殻の上に刻まれている輪肋が密になっているのがlargilliertiで粗いのがfluminea(タイワンシジミ)です。

注文した中国の淡水貝類図鑑が届くのは1週間先でしょうが、オンラインでその図鑑に載っているこれらの線画があります。前に紹介しましたが、この2種を再度引用します。

ECONOMIC FAUNA SINICA OF CHINA - Freshwater Mollusca
By LIU YUE-YING, ZHANG WEN-ZHEN, WANG YUE-XIAN, WANG EN-YI
Science Press, Beijing, China 1979 

Corbicula fluminea (Müller, 1774)
e0094349_8313445.jpg

Corbicula largillierti (Philippi)
e0094349_8314316.jpg


殻が「バチ」の形をしている種はCorbicula fluminalis(タイリクシジミ)や、琵琶湖特産のセタシジミです。日本では台湾のCorbicula insularisを「カネツケシジミ」と呼んでいますが、これも原記載を見ていないための誤認のようです。和名と学名の不一致が分類の混乱に拍車をかけています。

最近の学術論文は研究対象のカラー写真を掲載してくれるので、どのような実験材料を扱っているのかを見ることができます。分子系統の研究者は得てして形態による分類に疎いようですが、わかりやすい画像を掲載していれば、混乱を回避できるでしょう・

分類が混乱し続けていた、アジア原産の南北アメリカ大陸の各地に移入した淡水シジミ類について、分子系統解析で整理する試みが欧米の研究者によって行われています。残念ながら、彼らは原産地のサンプルをほとんど分析試料に使っておらず、日本と韓国で調べられ公表された分子遺伝情報を利用していますので、分類が食い違っているようです。

アメリカで行われた研究成果の中で分子系統図に貝の画像や精子の形態などの情報が組み込まれていましたが、それを見るとflumineaとlargilliertiを中心にしていることがわかります(論文では種名を使わずに番号で識別しています)。

Taehwan Lee 外 (2005年)
Invasion of the clonal clams: Corbicula lineages in the New World
Amer. Malac. Bull. 20: 113-122113
----------------------------------------------------------------------
Abstract: Unknown in the New World prior to 1924, members of the exotic
bivalve genus Corbicula now ranges from Michigan to Patagonia and are
among the most common freshwater molluscs in the Americas. Michigan
populations are triploid and share a distinct shell morphotype (Form A),
mitochondrial (mt) haplotype, and nuclear ribosomal genotype with New
World populations spanning temperate, subtropical, and tropical watersheds
over 85° of latitude. Two additional mt and nuclear ribosomal lineages
were detected in a minority of New World populations; all three produced
biflagellate sperm, a morphological marker for clonality in this clam taxon.
Two of 12 New World samples exhibited qualitatively distinct nuclear/organellar
genetic disjunctions. One of these (Iguazú Falls) appears to have resulted
from hybridization, but the other (Rio Grande Form A) appears inconsistent
with hybridization, and we propose that it may have resulted from in situ
androgenetic clonal capture. These clones of Corbicula are but several of
hundreds of recent New World freshwater exotics. Their extraordinarily rapid
bicontinental spread may well be a portent of things to come. We anticipate
that over the next decades many other New World freshwater exotics will
gradually attain extensive bicontinental distributions.
...........................................................................................................................
(以上、論文要約を引用)

下の画像は上の論文を図としてまとめているものです。
e0094349_8461899.jpg

New World Form Aはもっとも広く分布しているタイワンシジミに相当していると考えられます。注目したいことは、その中に日本のマシジミが(同一の遺伝子型として)含まれていることです。

そしてNew World Form BがCorbicula largilliertiでしょう。これは北アメリカではリオ・グランデとユタ州で出現した試料です。この研究では分析に使われていませんが、形態的に同じと見られるものは南米で広く分布しているようです。その例としてブラジルから報告された2種の良い写真がありますので引用します。

André Ribeiro Castillo 外 (2007年)
Moluscos bivalves da localidade de São Marcos, bacia do
Médio rio Uruguai, Uruguaiana, Brasil
Biotemas, 20 (4): 73-79
e0094349_9301145.jpg

e: fluminea; f: largillierti (他の淡水産の在来種の写真は省略)
上の写真は殻の外面と内面の両方を示しているので良い情報提示ですが、2種の形態的な違いが輪肋の密度にあることがよくわかります。

南米ではアルゼンチンのラプラタ川水系で1970年代までに淡水シジミ類の移入が認められましたが、ブラジル、特にアマゾン流域での発見は比較的最近の出来事です。

下のアマゾンからの報告では淡水シジミ類が3種類出現していて、すでに紹介した2種の外、「バチ」型のfluminalisと似た種も加わっています。

DS Martins 外 (2006年)
Morphological aspects and incubation in three species of Corbicula Mühlfeld,
in Guaíba Lake, Rio Grande do Sul, Brazil (Bivalvia, Corbiculidae).
Biota Neotropica v6 (n2) –http://www.biotaneotropica.org.br/v6n2/pt/abstract?article+bn02806022006Aug 2006
下に論文で示された3種の画像を引用します。
Corbicula fluminea (Müller, 1774)
e0094349_9561790.jpg

Corbicula aff. fluminalis (Müller, 1774)
e0094349_9562491.jpg

Corbicula largillierti (Philippi)
e0094349_9563137.jpg

原産地と移入した南北アメリカでは、タイワンシジミとこの中国産シジミの2種がセットになっていることが多いのですが、日本各地から集まった淡水シジミ類の中にlargilliertiと思える種は見つかっていません。
[PR]

by beachmollusc | 2011-10-18 10:02 | シジミの仲間 Corbicula