beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
人気ジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2011年 12月 ( 18 )   > この月の画像一覧


小倉ヶ浜の階段が砂の下に消える日

小倉ヶ浜のドッグラン収めに中央部に出かけて、例のコンクリート階段を撮影しました。

ハートは老化が進んでいますが、この階段を駆け上がれるので、まだまだ元気です。
e0094349_16275953.jpg

階段の上には市役所が建てた看板が5年経過しても余り劣化していないようです。
e0094349_16285872.jpg

5年前の2006年11月27日に撮影した同じ場所の画像が残っているので、現在の状況とと比較できます。
e0094349_16301545.jpg

看板の下の階段を並べてみると、砂による埋堰が1段余り進んでいました。
e0094349_16424680.jpg

あと6段が埋まるまで、これまでのペースで進むと約30年かかります。

そもそも、なぜこのような不細工なコンクリート構造物を砂浜に建設したのか、計画された当時にどのような大義名分があったのか、またこの位置に何段でいつ造られたのか、データが欲しいところです。

小倉ヶ浜の景観を見苦しくし、ウミガメの上陸産卵場所をふさいで有害であり、自然の海岸植生を破壊したコンクリート階段が消えてくれるかどうか、行く末を見守っています。

この階段のところは、本来は砂丘ができている場所です。砂丘に砂が積もり続けて育ち、それが数十年に一度の大嵐の波浪で浸食される時が来るはずです。

これから30年の間に、巨大台風の直撃や日向灘沖の大地震と大津波が来そうですが、それでこの砂浜がどう変わるか、自分の目で見ることができるでしょうか。
[PR]

by beachmollusc | 2011-12-31 16:35 | 海岸

南阿蘇のカワシジミ

25日は日向市から熊本に移住したパン屋さん一家と阿蘇山の南で落ち合ってクリスマス・バーベキューを楽しみました。天敵さんはワンたちと同乗して参加、そして「特別ゲスト」としてNPOエコシステムの平野虎丸さんが隣町の益城から地元民のくせに迷子になりながら駆けつけてくれました。

阿蘇山の南側に位置する西原村にワンコ連れの客を歓迎する「マロンの樹」というドッグランのあるカフェ(http://www.aso-marron.com/)、12月から熊本市の動物病院で働き始めたパン屋の娘さんの就職祝いにピッタリの場所がありました。

熊本県にはドッグランがあるカフェや宿が阿蘇周辺には集中していて、家族として犬を連れて旅行や観光を楽しむ人々を迎え入れています。

延岡市から犬連れで九州各地を旅している方のレポート:
I love 九州♪ 愛犬連れの旅のおもいで
http://chibimaru.net/kyusyu/miyazaki/
犬と一緒に入れる公園や観光地、一緒に泊れる旅館やホテルの情報をまとめてみました♪

マロンの樹について写真付きで詳しいレポート記事があったので、この場所を訪れることにしたわけです。

サイトに<「ドッグラン少なし、宿少なし、カフェ少なし」の三拍子が揃ってしまう宮崎県。我県ながらちょっと寂しいです >というコメントがありましたが、宮崎県は本当に観光に関して後進県ですね。

上々の天気に恵まれて、高千穂から高森までは道端に雪が残っていましたが路面凍結はなく、車は快調に走りました。11時前に西原村の役場付近に到着し、マロンの樹への案内標識を見つけきれず(熊本市内から来る方向にはありましたが、宮崎県からの客を意識していなかったようです)、迷い込んだ道の脇に水路があったので、車をとめてシジミ・チェックをしたらビンゴでした。
e0094349_13252852.jpg

農地が広がっている場所の一角にある高級住宅の脇ですが、水路に低い堰があってジャリが溜まっていました。地図を見たら、ここは緑川水系の上流部です。

10分くらいで70個体ほど採集し、持って帰ったカワシジミです。
e0094349_13281770.jpg

稚貝から大きいものまで揃っていて、稚貝の模様から見てマシジミ型がほとんどのようです。

マロンの樹での集いからの帰り道、天敵さんがクドクドと聞きたくもない話を何度も繰り返すのに苦しめられながらドライブしました。酒に酔った年寄りの繰言は久しぶりです。それでも、西日に照らされた阿蘇山の雄大な景色が楽しめたので満足です。

根子岳はわかりやすいけれど、外の4つはまだ見慣れていないので識別できません。
e0094349_13354491.jpg
e0094349_13355162.jpg
e0094349_1336055.jpg

[PR]

by beachmollusc | 2011-12-26 13:36 | シジミの仲間 Corbicula

GIビーチのカラス

GIビーチでいつもいるトンビ(カップル)にパン切れを投げ与えて空中キャッチさせるように仕向けていましたが、カラスの群れがその邪魔をして困ります。

最近ビーチに遊びに来る人の数が増え、皆さんの置き土産のゴミだらけになってしまいました。食べ物が残っているらしく、カラスがゴミの入った袋を突いて散らかすのでせっかくのビーチの景色が台無しです。

古い鯉の餌が大量に残っていたので、GIビーチでカラスどもに撒いて食わせてみたら、大喜びで食べます。それが大失敗で、カラスがお友達を呼び集めて大集合するようになりました。いつもの時間にビーチに到着して駐車すると、すぐお迎えが現れ、続いて周辺に散らばっていた連中が集合します。

今日はカラスに餌をあげないようにしていましたが、ゾロゾロと後をつけてきました。
e0094349_18255961.jpg
e0094349_1826696.jpg

全部で100羽くらい集まってしまったようで、トンビたちが圧倒されてしまいました。

ハシボソカラスが圧倒的に多いのですが、ハシブトが少し混ざっていました。
[PR]

by beachmollusc | 2011-12-24 18:28 |

小倉ヶ浜の中央部の堆積

小倉ヶ浜の最北部、塩見川の左岸河口にあるウドノセまたはGIビーチでは本年9月までに一時的に砂浜侵食が起こり、それが現在堆積が進んで回復中です。砂浜の一時的な変化は普段は届かない高い位置まで波浪の力が及んだ場合ですが、同じ海岸線でも場所によってその結果は異なります。

小倉ヶ浜の中央部、赤岩川の左岸河口の誤岸ビーチのコンクリート階段に波が届くのは台風の高潮に限られているようです。ただし、今年の台風の大波でもコンクリート階段の一部には届いていませんでした。

本日、12月22日は若潮で、干潮は午前10時ころ、満潮と干潮の干満差は1mくらいで大潮の半分程度です。午後1時にこのビーチに到着したので上げ潮の真っ最中でした。
e0094349_178381.jpg

GIビーチと大きく異なり、乾いた砂のゾーンが幅100mくらいあって、広々としています。
e0094349_1710036.jpg

汀線から満潮線にかけてバームができています。しばらく海が穏やかだったので、バームを越える波が無く、平坦部は湿っていません。小倉ヶ浜は冬でも季節風の影響が弱く、冬晴れの日は快適です。

コンクリート階段では2006年に最初に観察を始めてからずっと堆積が進んでいます。今年の大波でも浸食は起こっていません。

本日の姿と9月1日の写真を比べてみてください。比較のため、同じ位置で撮影しました。
e0094349_17154769.jpg

e0094349_1717113.jpg

9月1日は大波が階段のすぐ下まで来た直後の湿った砂の表面を記録しています。その後の変化はわずかですが、階段の上の砂が少し増えていて、堆積が進んでいます。

階段の別の位置で、松が隙間から生えている場所の変化です。
e0094349_17224429.jpg

e0094349_17231731.jpg

前回の撮影は7月20日だったので5ヶ月前の様子と比較できます。この位置には9月の大波は届いていましたが、侵食は起こりませんでした。そして、引き続き、砂の堆積がゆっくり進行していることが明白です。

このコンクリート階段下で、2008年6月19日にウミガメの上陸跡を記録した時の写真です。修復(または付け足し)部分が白いことが印象的でした。
e0094349_17481741.jpg

あたかもコンクリート階段を守る防波堤のような形でコンクリートの堤防のような構造物が設置されていて、そこに大きな流木が引っかかっていました。

この防波堤モドキは、現在は完全に砂の下に埋没していて見えません。流木も本年9月までは砂の上のネッシーのような姿でしたが最近消失しています。階段が2段分近くの砂の堆積が過去3年半で起こっています。ここでは年に10センチ前後の堆積が起こっています。

大波が届いていなかった部分でも3年半で階段の1段分余りの砂の堆積が進んでいました。同じ位置の写真ではありませんが、階段の数を数えて比べることができます。
e0094349_1827914.jpg
e0094349_18271722.jpg


おまけとして、今年7月20日と9月1日の流木ネッシーの画像です。
e0094349_1753177.jpg

e0094349_1754891.jpg

砂浜の上にコンクリート構造物を置くことのあほらしさを示す証拠物件が見えなくなってしまいました。
[PR]

by beachmollusc | 2011-12-22 17:55 | 海岸

海岸の変化(つづき)

GIビーチで以前撮影した写真のプリントを片手に、同じ場所の変化を記録・比較しようとしました。

しかし、これが思ったようにできません。

砂が場所によっては縦に1m程度も抉り取られて変化したため、足場が同じにできないからです。

岩の上から撮影しておけば比較しやすかったのですが、後の祭り。

満潮線の位置は、岩礁にぶつかっていますが、低潮線の位置が沖に移動していることが明白です。これはビーチサイクルによる、波浪の力で沖から岸に向けた砂の押し戻しが起こり(バーが上陸してバームに変化)、低潮線付近で砂の堆積が進んだからでしょう。もっと進めば岩礁部も堆積が及ぶだろうと思われます。

本日、GIビーチの潮間帯部分の岩について、干潮の時に撮影した画像を3ヶ月前(岩礁付近の砂がさらわれた直後)の写真と比較すると、堆積が進んでいることが明白です。
e0094349_1815391.jpg

手前の岩は柱状節理ですが、3ヶ月前に露出した部分の堆積が進み、ほぼ埋め戻されました。

干潮の時に広々とした砂原が戻ってきましたが、満潮の時に海水が届かない「白く乾いた」砂浜が戻ってくるのが待ち遠しいことです。
[PR]

by beachmollusc | 2011-12-20 18:20 | 海岸

海岸の変化

本年9月の台風が通過した後、GIビーチの砂浜が大きく変化しました。岩礁に吹き寄せられていた砂が厚さで1m程度も剥ぎ取られ、沖に運び去られました。

GIビーチから砂浜が消えた 2011年9月28日のブログ
http://beachmollu.exblog.jp/15621379/

満潮の時は波が岩礁まで届くので乾いた砂の浜辺が無くなってしまい、ビーチでワンたちを走らせるゾーンがとても狭くなりました。

昨年の12月に撮影したGIビーチの姿と本日午後の干潮に撮影した画像を比べると、いまだに満潮線が岩礁にぶつかっていることがわかります。昨年は満潮でも潮が届かない乾いた砂浜が十分に広がっていました。
e0094349_19155963.jpg
e0094349_1916774.jpg

今日は気まぐれで一眼レフのデジカメで撮影したので、いつものコンデジの画像と画角が違うし、撮影したアングルも違います。それでも、砂の湿り具合で満潮線の位置がいまだに昨年の位置に戻っていないことと、岩礁の白いゾーン(砂が剥ぎ取られて露出した部分が白い)に砂が戻っていないことがわかります。

岩礁付近に砂は戻っていませんが、干潮の時にバームができていて、低潮線では砂が戻りつつあることがわかります。その証拠写真をどうやったら撮影できるか、過去の画像と比較する方策を思案しています。

なお、小倉ヶ浜の中央部の階段のところは砂の堆積が進んでいて、階段が1段分埋没したようです。これも比較写真を以前と同じアングルで撮れるかどうか、やってみましょう。
[PR]

by beachmollusc | 2011-12-18 19:24 | 海岸

揖斐川の淡水シジミ

先週12月10日土曜日に開催された:シンポジウム-長良川河口堰開門と生物多様性-
http://dousui.org/dataroom/pdf/20111210_yomigaereshinpo.pdf

シンポジウムの実況:環境テレビ・中部
その1 http://www.ustream.tv/recorded/19068889
その2 http://www.ustream.tv/recorded/19074528
その3 http://www.ustream.tv/recorded/19075401
長時間の記録ですので、お暇がある人は見てください。
愛知県で長良川河口堰の検証が行われています。
河口堰の開門を願う私たちは、この検証を歓迎します。堰が閉鎖されて16年。長良川の生態系は大きく傷つき、伊勢湾にも影響を及ぼしています。このシンポジウムは、昨年、生物多様性国際条約締約国会議COP10 を開催したこの地において、生態系の回復につながる長良川河口堰の開門をめざして取り組むものです。


長良川と揖斐川は河口堰の下流でつながっているので長良川の問題は揖斐川の問題ともなっています。

河口堰建設の影響は海と川の間を行き来する魚類などの障害だけではなくて、汽水環境という自然が生み出した絶妙な環境で生きる生物(その中にヤマトシジミがある)に重大なダメージを与えています。長良川のほか利根川と筑後川でも河口堰の影響でヤマトシジミ漁業が壊滅的な影響を受けました。

淡水域のマシジミも別な形で強い影響を受けています。

山内克典:長良川河口堰上流部におけるマシジミの減少とその原因
長良川下流域生物相調査報告書2010 -10
http://homepage2.nifty.com/PhD-mukai/nagara/10_yamauchi.pdf
この報告では木曽川、長良川、揖斐川の木曽三川の淡水シジミの分布を調査して、環境が改変された結果による変化(減少)について考察しています。これらの川では海水の影響が、河口から数十キロも遠く離れた中流部まで及んでいますが、長良川では河口堰でそれが遮断されました。

上の報告で、2002年の調査によると、揖斐川では河口から16.5と19キロ上流でヤマトシジミとマシジミが混ざって生息し、さらに上流ではマシジミのみとなって29キロ地点では1平方メートル当たり約2000個体の驚異的な生息密度(ただし稚貝)が記録されていました。このピークの場所は上流の潮止め堰のすぐ下流であって、海水が上流に遡る限界に近い場所です。

木曽川の河口、汽水域でヤマトシジミやハマグリ漁をされている「しじみ漁にまつわるブログ」(http://blog.shizimi.com/)のブログ主さんが揖斐川の河川漁師さんなどから聞き取っていたマシジミの多く成育している場所(海津市、河口から約20キロ上流)に11日に出張し、採取したサンプルを送っていただきました。数百個が13日に到着。

マシジミ探索 | しじみ漁にまつわるブログ
http://blog.shizimi.com/?eid=1031422

貝殻の内側チェックのための大小12個を拾い出して殻を開いて検査しました。
e0094349_20234278.jpg

マシジミ型とカネツケ型、そして濃色型、さらに中間(グラデーション)の色彩型が混在している不思議な集団です。
e0094349_20275931.jpg
e0094349_2028736.jpg
e0094349_20281754.jpg
e0094349_20282792.jpg
e0094349_20283420.jpg

日向市の耳川集団が全てほぼ均一なマシジミ型だったのと比べるとかなり異質です。

<補足>

揖斐川の集団は230個中36個(16%)が「カネツケ型」で残りが「マシジミ型」でした。なお。「カネツケ型」といっても殻の内側には薄い青紫色が発色(色素が沈殿)しており、完全な色抜けではありません。また、「マシジミ型」の殻の内面の色は周縁帯が濃い紫色であることは共通であっても、その内側ではほとんど真っ白から濃い紫までのグラデーションが見られました。

色彩型がこのように多様であることの意味(集団遺伝との関係)を理解できるまで研究が進んでいません。アメリカなどで明確に外来種として侵入した淡水シジミ集団では、ほとんどの場所で均一な遺伝型で単一な表現型の集団のようです。表現型の多様性を獲得する(分化する)ためには長い時間がかかるだろうし、わずかな数の個体から集団が急に発生した場合には多様性が見られないことが普通です。特に淡水シジミはクローン繁殖をするので同じ集団内の個体間では多様性に乏しいはずです。

タイワンシジミCorbicula flumineaとマシジミC. leanaは同種の色彩変異であるとすれば、共通の和名として目八譜で使われた「カワシジミ」を復活させることが妥当でしょう。その学名はC. flumineaとし、leanaは型の名称となります。flumineaはラテン語で「川」という意味ですから和名と学名がぴったり合致します。

台湾産のCorbicula insularisをカネツケシジミとしたのは原記載と合致しないので廃止したいのですが、すでに通用しているので、insularisをカネツケ型の名称としておきましょう。台湾で(養殖され)食用にされているシジミは、殻の内面が真っ白で、噛み合わせ部分だけに濃い紫色が出る「カネツケシジミ」が圧倒的に多いようです。

Corbicula flumineaは、中国本土から東南アジア、朝鮮半島、そして日本に分布するものと考えられるので、「タイワンシジミ」という和名は誤解されやすいと思います。この和名は廃止しましょう。

カワシジミが同一種であったとしても、中国の大陸部に分布する集団と日本の集団は遺伝的に分化しているはずです(メダカやフナが中国と日本で共通種であるが地域的に分化していることと同様でしょう)。同種の地域的に分化した集団を識別することには高度な分子集団遺伝解析が必要です(メダカやフナではすでに行われています)。

「タイワンシジミは外来種」であるという認識は根本から見直して、在来の「カワシジミ」と外来の「カワシジミ」の集団遺伝の系統(ハプロタイプ)を明確にし、どの集団が海外から来たものかを識別できるようにするべきと考えます。現在行われているような「殻の内面の色」を「種の識別の基準」にしたら混乱に拍車がかかります。

ホタルで問題視されているようですが、カワシジミについても国内外来集団の問題が当然起こっていると思われます。

ハプロタイプについて:
http://www.eic.or.jp/ecoterm/?act=view&serial=2203
[PR]

by beachmollusc | 2011-12-14 20:36 | シジミの仲間 Corbicula

ヤマアカガエルの合唱

冬に繁殖するカエル達、ヤマカガエルとニホンアカガエルのシーズンが到来して、雨の日と暖かい日に合唱が盛んです。

人工湿地に卵塊がびっしりと産み付けられています。
e0094349_20401971.jpg
e0094349_20403028.jpg
e0094349_20403879.jpg

繁茂していたイグサが枯れて分解中、そしてアオミドロが増えています。これはオタマが孵化したら食べつくすでしょう。

アオサギ君が毎朝のようにカエルを狙ってやってきます。
[PR]

by beachmollusc | 2011-12-13 20:43 | その他の両生・爬虫類

初氷

今朝の冷え込みはこの冬一番で、北側の窓の外側に貼り付けた温度計で(屋外気温が)朝7時でもマイナス3度でした。

朝飯の際、ワンコの飲み水の表面に薄く氷が張っていたので、新しい水に入れ替えましたが屋外の水栓は凍っていません。

コンポストの蓋が凍り付いていたのをエイやっと外してワンたちの後始末。

裏庭ではタンクの水の表面が凍っています。浮き草はそろそろ全部枯れてしまうでしょう。
e0094349_10193754.jpg

午前9時過ぎに氷の表面の温度を赤外線放射温度計で測定したら4.5度Cで、氷のすぐ下を水中測定用の温度計で見たら0.8度でした。
e0094349_1112919.jpg

e0094349_102314.jpg

続いて、湿地の水中に置いて低水温に対する耐性実験中のマシジミ(地元のもの)
e0094349_10255912.jpg

の環境温度を測定し、表面温度7度を記録しました。
e0094349_10264186.jpg

お次は水中温度計の出番でしたが、捕まえ棒の先にセンサーを伸ばして水中に届くようにした時、手元が狂ってセンサーと本体を一緒にドボンしました。
e0094349_10283290.jpg

デジカメを片手に撮影しながら温度測定が無謀でした。

この温度計(デジタル防水温度計)は、本体の電池蓋はOリングで防水されていて、内部に水は入っていません。ただしセンサーの本体への取り付け部が金属で、水に落ちた瞬間に電源がオフとなり、取り上げたら一瞬怪しい光を放つという不思議なことが起こりました。

この温度計の本体をドボンしたのは初めてだったので、まだ生きているかどうかわかりません。(現在乾燥中です:結果は後のお楽しみ → デジタル温度計の防水機能が働いて無事でした
[PR]

by beachmollusc | 2011-12-12 10:32 | 日記

ドンちゃんとコーちゃん

6日に延岡市、沖田川水系の農業用水路でマシジミを採集中、網に入ってしまった魚が2匹いました。いつもはすぐにリリースですが、幼いけれどツワモノ風な顔つきをしていたので飼育して大きくするため連れ帰りました。図鑑で調べてみたら、やっぱりドンコのお子様です。体長は約3センチで、当初は小さい水槽でOK.

30センチ水槽に入れて様子を見たらオオカナダモに乗って2匹とも落ち着きました。見ていると仕草がなかなかユーモラスです。2匹が重なったまま、しばらくそのままでした。どちらが偉いか、相手を押さえつけてボスを決める行動かもしれません。
e0094349_18264777.jpg

ドンコはハゼに近い仲間ですが腹鰭が吸盤になっていないので水底に張り付く習性ではないようです。
e0094349_18265575.jpg

生きている餌を食べるというオンラインの飼育情報を見て、購入したばかりのミジンコを与えたらあっと言う間に食べつくしました。

近所の赤岩川から小さいエビなどをさらって来て与える必要がありますが、肉食魚は成長が早いので大きくなるのが楽しみです。

4年前に飼育を開始したナマズの稚魚は昨年までに(大きくなってから)全滅したので、90センチ水槽が空いています。塩見川に多いカワアナゴの稚魚でも見つけて飼育しようかと思っていたところなので、ドンコは歓迎です。(ドンコとカワアナゴは近縁で、生態的な地位も捕食者として似ています)

2匹の名前はドンちゃんとコーちゃんとしましたが、どちらがどちらかわかりません。

赤崎 正人: 宮崎県の海と川の魚介類(10)  宮崎県の河川の魚(6)
http://miyazaki.4zen.jp/012/06/index.html#

上の記事から一部引用します。

<全長25cmに達する大型のハゼ。体は円形で太短く、尾部がやや細い。頭はやや縦扁し、尾部は側扁します。背鰭は2基。腹鰭は吸盤状ではなく、分離した普通の腹鰭で、宮崎のハゼ科ではドンコとカワアナゴだけに見られる顕著な特徴です。>

<本種は夜行性で動物食性の魚です。飼育しても生きたものしか食べません。私も飼育しましたが、生きたエビを時々しか捕獲出来ず、イワシの切り身をやっても見向きもしませんでした。とうとう半年位で痩せたドンコを元の大淀川に放流してやりました。>
[PR]

by beachmollusc | 2011-12-10 18:37 | 魚類