beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2012年 01月 ( 22 )   > この月の画像一覧


チョウセンハマグリの生息環境が壊れている砂浜


Published by デジブック

チョウセンハマグリは傾斜が緩やかで干潟のようになっている砂浜の浅瀬で稚貝が育ちます。

また、地下水や砂浜に流れ出る川の水が稚貝の餌である微細藻類の繁殖を支えています。

砂の供給は非常にゆっくりしていて、砂浜の沖で行われる海砂の採取は海岸の砂を間接的に減らし、侵食で浜の傾斜を急にするようです。

九州の東シナ海沿岸部で盛んに行われてきた海砂の採掘が砂浜環境に大きな影響を及ぼしたと思います。

吹上浜は日本3大砂丘の一つとして海岸で砂の堆積が激しく、農地や住宅などが砂に埋もれないようにする砂防対策が必要だった海岸ですが、最近になって侵食されています。それに伴ってチョウセンハマグリが激減し、漁獲対象にならなくなっています。

砂浜をコンクリート階段や防波堤で固める「整備事業」が全国的に行われています。しかし、それは景観を損ね、貝類を消滅させ、砂浜の生態に破壊的な影響をおよぼしています。

全国の沿岸の村々に建設されている無数の漁港も砂浜で環境破壊に貢献しているようです。
[PR]

by beachmollusc | 2012-01-28 08:34 | 海岸

日本中の砂浜で見られるキュウシュウナミノコ


Published by デジブック
生物の学名や和名に地名をつけることは混乱のもとになります。普通の人は地名がついているとその土地に特有の生物であると勘違いしやすいでしょう。

キュウシュウナミノコは学名のDonax kiusiuensisに由来しています。しかし、模式産地のキュウシュウの平戸以外でも日本全国で見つかっています。

リュウキュウナミノコは西太平洋の熱帯海域に広く分布していて琉球列島は分布の北限です。

また、チョウセンハマグリが朝鮮半島に分布しているかどうか、微妙な問題です。チョウセンサザエやチョウセンフデなど熱帯産で朝鮮に分布していない貝に「チョウセン」をかぶせた昔の分類屋さんの罪は大きいでしょう。
[PR]

by beachmollusc | 2012-01-26 18:24 | ナミノコガイの仲間 Donax

波間に遊ぶ貝の代表選手、ナミノコガイ


Published by デジブック

昔の画像ファイルにあったナミノコガイの初期発生と貝殻の色彩型を見つけました。
[PR]

by beachmollusc | 2012-01-25 22:07 | ナミノコガイの仲間 Donax

日本の南限集団である種子島のチョウセンハマグリ


Published by デジブック

チョウセンハマグリは宮城県の気仙沼市、本吉町の砂浜を北限として、国内の南限は種子島です。

国外ではホンコンを含む中国南部(特に海南島と台湾海峡付近)、ベトナム、そしてインドネシアのビンタン島で見つかっています。
[PR]

by beachmollusc | 2012-01-25 10:41 | Meretrix ハマグリ

2002年に青島海岸で見つけたチョウセンハマグリの稚貝


Published by デジブック
砂浜の貝類、特にナミノコガイ類を採集調査していた時に混ざってとれる色彩が変化に富む不思議な貝がチョウセンハマグリの稚貝であることを確認したのは、この青島の稚貝を実験室で育てて大きくした時でした。

九十九里浜で「ゼンナ」という別名をもらっているほど、稚貝は親の貝と違っています。
[PR]

by beachmollusc | 2012-01-24 21:05 | Meretrix ハマグリ

冬将軍

昨夜は寝る前から冷え込んでいたので、今朝の温度はどうなったか7時頃に見て回りました。

屋内のPC脇の壁掛け温度計は7度で冷蔵庫の中より低くなっています。
e0094349_8423774.jpg

同じ部屋の北側の窓でアルミサッシのところ(屋外から冷気が侵入する場所)で記録した夜間の最低温度がマイナス2度でした。
e0094349_8444879.jpg

午前7時現在の窓の外の気温はマイナス6度です(窓の外に貼り付けた温度計の中にクモが避寒しています)。外の温度は場所によって変化しますが、ここが一番寒くなるはずです。
e0094349_8505897.jpg

別棟の物置兼飼育実験室を見たらマイナス1度で、ここでは初めてマイナスを記録しました。
e0094349_8491653.jpg

ワンたちは寒くなってから食欲旺盛です。皮下脂肪がたっぷり溜まっていて寒波をものともしません。
e0094349_8531910.jpg

飲み水を入れた容器には厚さが5~6ミリの氷が張っています。
e0094349_8542326.jpg

e0094349_8543988.jpg

氷を叩き割ってから、山から引いている湧き水をいれました。
e0094349_8571357.jpg

この湧き水は500メートルくらいの長さのパイプを通って流れてくるうちに温度が下がっているのですが、それでも5度くらいです。

湧き水を流しているトロ箱の下に植えたハンダマですが、辛うじて生き残っているものの周囲を覆ったバーク堆肥の温度は2度くらいでした。
e0094349_8585337.jpg

地下100メートルの深さから汲み上げて流し続けている井戸水の温度はなんと14度台です。
e0094349_90673.jpg

この水が流れている水路では、カワニナが元気にクズ野菜を食べています。ホタルの幼虫も元気でしょう。

日向市の測候所で記録された今朝6時の温度はマイナス3.6度となっているので、わが家はそれより2~3度低かったようです。青島は今朝6時の気温がプラス2.8度で、大きく違います。
[PR]

by beachmollusc | 2012-01-24 09:01 | 日記

昔飼育したハマグリの稚貝の写真が出てきました。


Published by デジブック

10年前に飼育したハマグリの稚貝の写真をデジブックのブラウザで発見したので使ってみました。

写真の質があまりよくありませんが、デジタル顕微鏡が普及する前、初期のデジカメを顕微鏡に取り付けて撮影していて照明に苦労したと思います。オリンパスのCamedia3040の時代でした。
[PR]

by beachmollusc | 2012-01-23 20:21 | Meretrix ハマグリ

五島福江島、白良ヶ浜のカラフルなハマグリの殻


Published by デジブック
[PR]

by beachmollusc | 2012-01-22 10:55 | Meretrix ハマグリ

小倉ヶ浜のコンクリート階段と謎の構造物(2005年)

デジブックのブラウザで古い写真を整理していたら、移転する前の年の2005年10月31日に小倉ヶ浜で撮影したコンクリート階段の画像が出てきました。撮影した本人は忘れてしまっていましたが、貴重な記録が残っています。

2005年9月5から6日に宮崎県に接近した台風14号は、宮崎市と延岡市で大規模な水害を引き起こしただけでなく、高千穂鉄道の橋梁の倒壊そして耳川上流で激甚な土砂災害を引き起こしました。
http://www.nliro.or.jp/service/databank/tyousa/typhoon0514.pdf

おそらくこの台風の大波でコンクリート階段が壊れていたらしいことが写真から想像できます。
e0094349_20431376.jpg
e0094349_20433073.jpg

階段と赤岩川の間にコンクリートの二段構えの防波堤もどきがあったことがわかりました。

2006年と2007年の写真をブラウザで探してみましたが、残念ながらこの階段部分を撮影した画像はありません。

2008年6月19日に産卵のために上陸したアカウミガメが、たまたまこの場所を徘徊していた足跡を撮影した画像が残っています。
e0094349_20474270.jpg
e0094349_20475961.jpg

この2組の写真の撮影に3年のギャップがありますが、その間に壊れた部分の階段の補修が行われたことと、謎の構造物が急速に砂に埋められていったことがわかりました。

この謎のコンクリートの物体は、昨年2011年秋に砂の下に完全に埋もれてから見ることはできません。

とにかく、砂浜で砂が堆積を続けているということが認識されないで、構造物が建設されているようです。建設のコストがいくらだったかわかりませんが、砂の中で何の役に立つのでしょう。
[PR]

by beachmollusc | 2012-01-21 20:53 | 海岸

ホタルガイの仲間はチョウセンハマグリの天敵です


Published by デジブック
[PR]

by beachmollusc | 2012-01-21 11:05 | その他の貝類