beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
人気ジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2012年 02月 ( 9 )   > この月の画像一覧


西都市の杉安井堰と用水路


Published by デジブック
[PR]

by beachmollusc | 2012-02-28 19:15 | 河川・水路・堰

五ヶ瀬川水系のカワシジミ

これまで集団遺伝サンプルを求めて探索してきた結果、カワシジミ集団が維持される環境条件を満たす水路の共通点が浮かび上がってきました。その基本条件は水が涸れないで流れ続けていることと底に砂が堆積していることの2点に尽きるようです。宮崎県の場合はそれに加えて上流部での水質汚染(畜産施設から流出しているかもしれない消毒剤など)がないことも重要です。

延岡市では南の沖田川と北の北川にカワシジミが生息していることから、中央の五ヶ瀬川(大瀬川)でも生息しているかどうか昨年12月から数回現地を見て回っています。

昨日(2月25日)は五ヶ瀬川(大瀬川)本流の岩熊井堰から導かれている水路を改めてチェックしました。

堰のすぐ下流で左岸に九州保健福祉大学のキャンパスがあって、その付近を流れている水路からゲンジボタルがかなりたくさん現れます。2007年だったと思いますが、それを自分で見た場所で昨年12月にカワシジミの生きたもの2個体を採集しました。
e0094349_8495411.jpg

このコンクリート水路は急流になっていて、底には礫がたまっている場所が少しだけあり、カワシジミが繁殖するには厳しいようです。
e0094349_8522060.jpg
e0094349_8522854.jpg

水路がカーブしているところに階段があり、この砂礫が薄く堆積している場所で前回は2個採れましたが、今回は網が届く範囲でゼロでした(死殻あり)。集団のサンプルにはなりません。

この水路のある吉野町に隣接する天下(あもり)町の農業用水路も見て回りましたが、死殻がたくさん転がっているだけでした。

五ヶ瀬川の岩熊井堰と用水路は、延岡藩によって建設が進められ、1734年に完成したものです。

ようこそ宮崎サイト、岩熊井堰
http://www.0503ak1025.net/zz-iwaguma.html

水路の総延長は30キロとされていますが、右岸の岩熊では水路の本体が確認できませんでした。ただし、地図で見ると、この用水路は沖田川と立体交叉しているようです。

岩熊井堰の右岸にある堰の案内板です。
e0094349_915235.jpg

川岸には神社と鳥居、石碑などがありました。
e0094349_9163519.jpg
e0094349_9164334.jpg

右岸の魚道です。
e0094349_9171540.jpg

左岸の貝の畑側にも同様な魚道が作られていました。
e0094349_918463.jpg

長良川河口堰ではもっと複雑な魚道が両側の川岸に作られています。

この岩熊井堰は上流側の洪水水位の上昇に貢献しているはずです。貝の畑で土地の人に話を聞いたところ、昔は洪水被害があったが高い堤防ができてから問題なしということでした。(2005年9月に大洪水に見舞われて、五ヶ瀬川に架かっていた高千穂鉄道の鉄橋が二つ流出しました)

2005年の五ヶ瀬川の洪水で水に浸かった延岡市の写真は下のURLにあります。
http://www.mlit.go.jp/river/pamphlet_jirei/kasen/gaiyou/panf/gaiyou2007/pdf/c1-6.pdf

岩熊井堰は河口から約6キロ上流にあるのでおそらく海水の遡上を止めているでしょう。
[PR]

by beachmollusc | 2012-02-26 09:35 | シジミの仲間 Corbicula

塩見川のミミズハゼ

飼育中のドンコに食べさせる生餌を採集するため塩見川でガサガサしていたら奇妙なハゼが網に入りました。細長い体の長さが6センチで、網の中でクネクネする様がミミズに似ていました。
e0094349_1054241.jpg

図鑑やオンライン検索で調べたところ、ミミズハゼ属の一種だろうと思っています。

ミミズハゼの仲間は沖縄本島北部の砂浜でしばしば遭遇していましたが、川の中にいるとは知りませんでした。

ドンコの餌にするには大きすぎるので、別の水槽に入れてこのミミ君も飼育することにしました。
[PR]

by beachmollusc | 2012-02-22 10:58 | 魚類

河川官僚

海の自然環境を守り、その恵みを持続的に享受することを目指し、山から川を経て海に至る水系全体の環境と資源の保全を実現するには強大な壁が存在する。それは流域の上から下まで自然破壊を飯の種とする官僚組織である。

山林と河川、そして海岸行政を担当している行政官たちの自然環境保全についての認識がゼロに近いことが重大問題で、彼らの再教育が日本の未来のために必須と思われる。しかし、「お上」として何でも自分たちに都合よく管理するものと勘違いしている連中であるから前途多難。しかも部分的に縄張りを張っていてそれぞれを死守しようとするから厄介である。

長良川河口堰の問題について直接、間接的に情報を含んでいる書籍や論文などを(入手できるものは)すべて手元に集め、片っ端から読んでみた。古書店に支払った代金はすでに3万円超。コピーした文献や資料は山積みになっている。速読で必要な情報をキャッチする特技をもってしても1週間かけて読み続け、目がかすんできた。どうやら近眼の度が進んでいるらしい。

ヤマトシジミの漁獲量の全国的な減少は河口堰によるものだけではないが、利根川、芦田川、そして筑後川など河口堰の建設でヤマトシジミ資源が壊滅的にされた川がいくつもある。長良川の場合は、幸か不幸か隣接している揖斐川と木曽川の汽水域でシジミ資源が残っていて、長良川の部分的な資源破壊は漁業補償金で行政的に蓋をされてしまった。

かつて全国で年間5万トン近い漁獲があったヤマトシジミが、2000年には2万トン台に減少している。

中村幹雄(編著、2000)日本のシジミ漁業 ― その現状と問題点―  たたら書房

日本シジミ研究所のHPも参照
http://sijimi-lab.jp/index.php?id=26

自分が調査を進めている淡水産シジミ類の外来種問題が発生した背景には、このような国内資源の減少を補うための輸入シジミ(年間2万トンレベル)の増大が関係しているといわれている。

日本の主要河川についてそれぞれの基本情報を得るために下の書籍を購入した。

日本の川 自然と民俗 (全4巻、1987-1989)新公論社(定価4500円)

この書籍で「自然」の部分を執筆したのは、該当する河川を管理する事務所の官僚である。

木曽川をはじめ、北上川、利根川、筑後川などかつてのヤマトシジミの主要な産地についてこれらの本にシジミに関する記述がまったくない。鮎や鮭などについて断片的な記述は見られるが、自然環境に関しては地質と地形、洪水と治水以外に情報がなく、流域の生物や水産に関してはほとんど何も書かれていない。河川官僚が河川の環境と生物に関心が薄いことが明白である。
[PR]

by beachmollusc | 2012-02-21 09:53 | 日記

河川の適正な利用及び流水の正常な機能の維持

国土交通省の官僚たちは自然の営みよりも役所の方が偉い:自分たちが自然を支配すると考えているらしい。

長良川河口堰検証プロジェクトチーム報告書
長良川河口堰検証専門委員会報告書
http://www.pref.aichi.jp/0000048111.html

これらの報告を見ていて不思議な事に気がついた。

「河川の適正な利用及び流水の正常な機能の維持」という概念の中で、「正常」という言葉が行政面で河川管理者にとって利害調整と管理上都合がよい(面倒が少ない)ことという意味で使われているようである。

河川改修事業に関連して「多自然」などという不思議な言葉を持ち出す連中であるから、「正常」という言葉を捻じ曲げてしまうことには驚かないが、彼らの頭の中が正常であるかどうか心配になる。

河川流水の「正常な」機能、その中で特に重要な「生態的な機能」を根本的に損ねるような構造物の建設事業の正当化のために、正常でないことを正常という言葉で粉飾して公金を使う口実にしているように見える。

長良川河口堰の開門調査を頑強に否定している当局の論拠は2点あって、海水の河川への遡上による流域での塩害の発生を防止すること、そして洪水に対する防災とがセットになっている。

海に流れ出る河川では、河口から上流に向けて海水が塩水クサビとなって遡上することが「自然の正常なしくみ:摂理」であり、それによって汽水域が維持され、川の恵みがもたらされる。しかしこれが「河川流水の正常な機能の維持に反する:塩害をもたらす」という正常でない論理を使っているのがコッコーショーのお役人である。

外洋に面した砂浜の侵食と堆積のサイクルは自然現象であってきわめて正常なことであるが、侵食は「正常」ではないのでそれを食い止めるために自然のサイクルを閉じ、事態を悪化させるような構造物を作るロジックとほぼ同じである。

<参考> 松山市サイトに「正常流量について」という説明文書が公開されている。
http://www.city.matsuyama.ehime.jp/ICSFiles/afieldfile/2007/12/07/siryoseijyou.pdf

昨年3月11日の地震と津波で既存の河口堰の水門などがどのような影響を受けたのか、各地の詳しい情報がほしい。自分が津波の直前に現地を見ているが、津波後の空中写真から気仙沼市の小泉海岸の河口水門は破壊されたようである。津波の方向と平行な川岸の護岸は姿をとどめていても、津波の力をまともに受けた水門は破壊力に耐えられなかったように見える。

長良川の河口堰は長大であり、厚い堆積物層の上に建設されているため直下型地震や長周期の巨大地震にはもろいかもしれない。

1891年の濃尾地震(M8.0)では、長良川の鉄橋が破壊されている(写真が下のURLにある)。
http://research.kahaku.go.jp/rikou/namazu/04nobi/nobi1/nobi1.html

濃尾平野の地盤構造と濃尾地震の震裂波動線
http://www.sharaku.nuac.nagoya-u.ac.jp/laboall/reports/2003nobi/nobi-distr/pdf/05baba.pdf

上のサイトで示された濃尾平野の堆積構造の断面図を見ると、木曽三川の河口部付近では、地下深い地盤が西に傾いた沈降と隆起を繰り返していることが読み取れる。

このように、活断層の真上で、断層線と直角に長大な構造物を造った設計者の太い肝には感嘆するしかない。

大地震に伴って大津波が発生した場合、河口堰は全開して波浪を通過させることになっているが、津波が到達する以前に、地震で堰の支持構造が破壊されて可動部分が機能しなくなったり、電源喪失で動かせなくなったりすることは想定されているのだろうか。

津波とは違って上流から来る洪水については、堰による水位の上昇とそれによる周辺の堤防での越流はないのだろうか。洪水時にも堰の扉は全開となるが、堰の上流側で水位が上昇することは「正常」な現象である。

宮崎県で2005年に経験した大洪水では、耳川の場合はダムの上流側で越流が起こっている。想定以上の(正常でない)激しい降雨が原因であって、自然災害として問題にされなかったようであるが、ダムがなければ起こらなかった洪水であったかもしれない。

川の流水は激しく変動する。それを正常に(行政的に都合よく)維持するという発想が根本的におかしく、正常ではない。洪水の影響を拡大させる河口堰を防災施設と称して建設する役人の頭脳は正常とは思われない。
[PR]

by beachmollusc | 2012-02-14 09:42 | 河川・水路・堰

PCの交代

6年前に日向市に来てすぐ購入したPCの調子が悪いのでWINDOWSの再インストールをしてみましたが、どうしても修復できない重大なエラーが一件だけ残っています。

オンラインで該当する情報を集めていろいろ試みました。それでも解決しないので、ついに新しいPCを購入しました。XPからVISTAを飛ばしてWindows7に移行しているところです。

1990年代のWindown3.1から、95、98、などのOSを載せたDELLの製品を交代しながら使っていましたが、今度は、昔一度使ったことがあるIBM(身売りされてLENOVO) のThinkPadにしようかと調べていたら、同じようなIdeaPadという製品がありました。一般ユーザー用に設計されていて、より財布にやさしく、性能的にもThinkPadに比べてそれほど劣らないこと、オンラインの評価を見ても問題がなさそうなので、格安で販売されていた昨年のモデル(新品)を購入しました。
e0094349_10191218.jpg

PCのカスタマイズ中ですが、用意されていたデスクトップの背景画像が面白く、楽しませてくれます。
e0094349_10214591.jpg

このブログの投稿は古いPCからですが、次からは新PCに移ります。
[PR]

by beachmollusc | 2012-02-07 10:23 | 日記

未熟のパッションフルーツ

沖縄の家でパッションフルーツを栽培した時は、完熟した実が落果するのを待って収穫していました。台風の影響がなければ夏と冬の二回収穫できました。

2003年7月1日に撮影した写真が画像ファイルを整理していたら出てきました。
e0094349_9545760.jpg

実がまだ緑色で、熟す前の状態です。

日向市の山中でパッションフルーツを育てることは冬の間の温度管理が課題でした。そこで、前の冬に簡易温室で保温して5度以上に維持したら、冬でも成長を続けました。

昨年12月に大きく育ちすぎた鉢植パッションフルーツ二株を近所のミニトマト農家(Greens totto” *スーパーヤサイジン.totto* http://blog.goo.ne.jp/hirototto_1985)に里子にして、この冬はハンダマの越冬実験観察をやっています。

鉢は3つあったのですが、1つは昨年春に青島の家に地植えしてあります。大きく育って車庫の上のベランダまで届きそうです。

(追加写真)
e0094349_824594.jpg

霜が降りることがほとんどない青島では、路地植えで問題なさそうです。 → (訂正)寒波で葉がやられていました。茎は生きているようですので、暖かくなってから復活することを期待します。


日向市では、トット君のハウスに引っ越す時に、冬に熟す実が二つの株で20個以上ありました。移動の障害となった蔓を切り取ったため、まだ緑色だった実を4個犠牲にしたのですが、念のため、追熟が出来るかどうかテストしていました。
e0094349_10115666.jpg

緑だった果皮の表面が赤紫になってシワシワになったので、切って内側の状態を見たところです。
e0094349_10121658.jpg

e0094349_10124119.jpg

4個のうち1個は過熟状態で変色しかかっていましたが、残る3個は鮮やかなオレンジ色です。

香りと甘さは(自然に熟して)落果したものに劣り、酸味が強い実ですが、食べられないことはありません。バニラアイスクリームのトッピングとして十分いけそうです。しかし、真冬にアイスクリームを食べるのは?

とにかく、この果物は長期間の保存が可能であり、その上果皮の色が変わり出したら落下を待たずに収穫ができそうです。

沖縄で害虫の問題は経験しておらず、放置栽培でも大きくなった株には何百と実がつきます。栽培条件として、霜に当てなければ良いので、宮崎県南部では冬の寒波襲来に備えた「こもがけ」だけで大丈夫でしょう。県北部ではハウスで最低限の保温ができれば、栽培可能でしょう。
[PR]

by beachmollusc | 2012-02-03 10:24 | トケイソウ

GIビーチのサーファー

2月1日午後4時過ぎにGIビーチのドッグランへ行きました。
e0094349_1811162.jpg

干潮の広い砂浜を歩いていたら、サーファーが1名ボードを抱えて沖に向かっていました。

ビーチの駐車場から波とサーファーを撮影しました。
e0094349_18155953.jpg

http://youtu.be/tcESQlNqwhc



遠浅の砂浜ではこのように砕け波が何段にもなります。また、河口の周辺の海底は砂の堆積状態が複雑で、ウネリが砕けるパターンも複雑です。

このビーチはもっぱら地元のベテラン・サーファーが使っています。
[PR]

by beachmollusc | 2012-02-01 18:16 | 海岸

日向市の塩見川河口で見られた2011年3月11日の津波


Published by デジブック
[PR]

by beachmollusc | 2012-02-01 12:36 | 津波と地震