「ほっ」と。キャンペーン

beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
人気ジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2012年 04月 ( 12 )   > この月の画像一覧


門川高校のホタル園

北川やっちみろ会が開催する第4回「ホタル博士育成講座」の第一回が本日(4月29日)の午前中で、ゲンジボタルを知るという講義をしてきました。

今年も延岡工業高校と門川高校の生徒さんたちが参加しています。

ホタル観察用ビオトープ完成-延岡工業高 - 夕刊デイリー
2011年12月10日
http://www.yukan-daily.co.jp/news.php?id=28743

ホタルを地域へ-門川 - 夕刊デイリー 2011年6月9日
http://www.yukan-daily.co.jp/news.php?id=15859

どちらの高校も生徒たちが代わりながら取り組みを重ね、よい成果をあげてきました。

昨年から進められてきた門川高校のホタル園(ビオトープ)つくりは着々と完成に近づいています。

講義が終わって日向市に戻る途中で門川高校に立ち寄り、様子を見てきました。
e0094349_19272585.jpg

e0094349_19273194.jpg
e0094349_19274019.jpg

校庭の中にしゃれた庭園風のホタル園ができていました。今シーズンは、このホタル園で育ったゲンジボタルが飛び交って地域の人々を楽しませることができるでしょう。

池の上にパーゴラができていて、昨秋私のサルナシ園から提供のシマサルナシとウラジロマタタビなどの蔓がスクスクと伸びていました。

水辺にホタルの成虫が昼間にとまって休む柳の木が欲しいところです。
[PR]

by beachmollusc | 2012-04-29 19:34 | ホタル

招かれざる客

サクランボの実が色づいてきたので、今朝、木をすっぽりと覆う鳥よけネットをかぶせました。
e0094349_19223419.jpg

木の高さが3mくらいなので6x6mの網を取り寄せました。

すそ周りに隙間が開いていたのでクリップを探しに離れた隙に、なんとヒヨドリが網の内側に侵入して出られなくなって暴れていました。
e0094349_1925929.jpg

タモ網で御用、取り押さえて、網をかけていない別の木のサクランボを食べるのだよと、よく言い聞かせてから離してやりました。

ポポーの木は、花が終わりかかっていて、小さな実が付いています。
e0094349_19281892.jpg
e0094349_19283093.jpg

昨年、ポポーの熟した実を攻撃する鳥はいませんでした。ブラックベリーやブルーベリーの実も鳥から保護する必要がありません。外来の果樹は野鳥に好まれていないのか、味が知られていないのかもしれません。
[PR]

by beachmollusc | 2012-04-28 19:30 | ポポー pawpaw

マシジミの殻色の変化

熊本県西原村(南阿蘇の山麓)で4月24日に採集したカワシジミは235個体がすべてマシジミ型でした(そのほか10個体は繁殖観察用に生かしたままで殻の内面は見ていませんが、マシジミ型と思われます)。数ミリのごく小さい稚貝から最大が殻長約26mmまで、大きさの範囲が広いので、成長に伴う殻の色彩変化を(同一集団として)見ることができます。(稚貝は殻長10mm未満としています)

下はいろいろな大きさのシジミを一緒に並べて外側と内側の色を見ています。
e0094349_858569.jpg
e0094349_859479.jpg

次は殻長が15ミリ程度の中ぐらいの大きさの個体で外面が緑がかった黄色の(地色の)4個体と黒ずんでいる4個体とを上下に並べて比較しました。
e0094349_922641.jpg
e0094349_9221499.jpg

殻の外面が黒くなると、内面の紫色と白い部分のコントラストがはっきりします。これは背景の濃淡が光の透過と反射を変えるためです。

外側が黒っぽくなっているのは、殻の表面に砂泥中で硫化鉄の沈着が進んでいるためと思われます。酸素の供給が多い砂礫中ではあまり黒くなりませんが泥の中では真っ黒になります。

殻長12mmくらいの小型の成貝では殻の外面が黒ずんだ色になっている個体は少数派でした。
e0094349_923230.jpg
e0094349_923992.jpg

この集団では、このような小さい個体で、内面の色がマシジミの特徴とされる濃い紫色の「縁取り」が現れています。(小さいうちは内面が全体的に濃い紫になっていることが多い)

カワシジミが繁殖をはじめる大きさは殻長が約10mmとされています(もちろん、個体差があるでしょう)。それ以下の大きさの未成体(稚貝)では殻の内面の中央部に濃い紫色の太い帯が見られ、両端の濃い紫色の部分との間が白っぽく見えます。
e0094349_9245534.jpg
e0094349_925324.jpg

この色彩パターンは殻の大きさが2mmくらいから明瞭になります。

西原村の集団は山間部の湧水を集めた溜池から流れ出ている水路にいるので、生育環境が安定しているようです。
[PR]

by beachmollusc | 2012-04-27 09:29 | シジミの仲間 Corbicula

黄砂でかすむ阿蘇山

24日、昨年のクリスマスの日に通過した高森峠を超えて熊本の江津湖に遠征しました。

天気は晴れでしたが、黄砂が空をどんよりと濁らせて、阿蘇のすばらしい景観を損ねていました。
e0094349_8281859.jpg
e0094349_8282662.jpg

江津湖の公園内には人工水路が流れています。
e0094349_8304915.jpg
e0094349_8305519.jpg

見かけはシジミの生息によさそうな環境でしたが、砂ではなく泥が堆積していました。

シジミがいそうな場所であちこち探りを入れて見た結果、1個体のマシジミ型を採取しただけで、日射で熱中症になりそうになったので終わりにしました。

帰り道では前回採集した西原村の水路で、大小さまざまな大きさの合計245個体を採集し、その処理が昨夜終了しました。全てがマシジミ型で、延岡、門川そして日向のマシジミ型とほぼ同じです。
[PR]

by beachmollusc | 2012-04-26 08:36 | 日記

はまえんどうの花

GIビーチのはまえんどうが花盛りです。
e0094349_8184358.jpg

[PR]

by beachmollusc | 2012-04-25 10:03 | 植物

熊本県御船町のカワシジミ

15日に御船町の農業用水路で採集したカワシジミの固定と貝殻標本つくりが完了しました。

今回の採集で驚いたことは、矢形川の左岸と右岸の水路で採集した集団の色彩型組成がまったく違っていたことです。

2箇所の採集地点間の直線距離は約1.6km、標高差は約3mでした。どちらの水路からも川に流れ出るようになっていて上流・下流の関係ではなく、水の流れは直接つながっていません。

矢形川から見て、より下流にある高木地区の集団は94個体中10個体がマシジミ型で残りはカネツケ型でした。
e0094349_1439587.jpg

それに対し、上流側に位置する木倉地区の集団は104個体全部がマシジミ型で、カネツケ型はゼロでした。
e0094349_14401729.jpg

木倉のマシジミは殻の外側が黒っぽくなっていました。
e0094349_15105781.jpg

これらの殻標本の内面の色は、マシジミ型で濃い紫色が全体的に広がり、カネツケ型ではそれが薄くなっています。どちらの型でも二枚の殻をかみ合わせる長い側歯の周辺が濃いムラサキになっている(つまり、カネツケになっている)ようです。
e0094349_15161321.jpg

なお、マシジミ型の若い(小さい)殻ではマシジミに特有な濃い紫色の3本の帯が見えました。
[PR]

by beachmollusc | 2012-04-19 15:12 | シジミの仲間 Corbicula

イシガメの子供

天敵さんが田植えをしている時に見つけたちっこい亀を持ってきてくれました。
e0094349_7454145.jpg

甲羅の縦方向の長さをノギスで測定したら29mmでした。甲羅の中央のキールがはっきりしているので多分イシガメでしょう。

野生のイシガメとクサガメについて情報は乏しいのですが、多数の飼育記録がネットに出ています。

夏に産卵して秋に孵化するという情報からみると、この仔は昨年生まれで、1回目の越冬が終わったところでしょうか。

最近の水田には餌になる動物が少ないけれども、ジャンボタニシなど殻が薄い貝が餌になるでしょう。今はシジミを食わせる余裕はありませんが、養殖シジミの天敵になるかもしれません。

日本の固有種であるイシガメは全国的に減少していて、環境省RDBでは情報不足(DD)のカテゴリーに入っています。

九州各県でも軒並み絶滅危惧状態です。
http://www.jpnrdb.com/index.html

福岡県 ニホンイシガメ Mauremys japonica 準絶滅危惧(NT)
佐賀県 イシガメ - 情報不足種
長崎県 イシガメ Mauremys japonica 絶滅危惧Ⅱ類(VU)
熊本県 イシガメ Mauremys japonica 準絶滅危惧(NT)
大分県 - - -
宮崎県 イシガメ Mauremys japonica 絶滅危惧Ⅱ類(VU-r,g)
鹿児島県 ニホンイシガメ Mauremys japonica 分布特性上重要
[PR]

by beachmollusc | 2012-04-18 07:57 | その他の両生・爬虫類

御船町のシジミ水路にて

15日の日曜日に、昨年11月にカワシジミを採集した場所で再びサンプルを採集してきました。

御船町の市街地の北側に広がっている水田地帯(かなりの部分が他の作物の耕作地になっている)に緑川水系の矢形川が排水路となっています。農業用水が取水されている場所は確認していませんが、御船川からだろうと思います。
e0094349_722542.jpg
e0094349_723418.jpg

この川幅が数メートルしかない矢形川は九州自動車道の御船IC付近から南で御船川に平行に直線水路となっています。コンクリートで固められているので、川に下りるためには梯子が必要です(今回も前回と同様用意せず)。採集助手とウエイダーを用意して、いずれ本流でも採集する計画です。

前回と同じ採集場所は高木という地域にあります。今回は水路の流水量が減って、アオミドロが繁茂し、シジミは激減していました。ただし、ヒメタニシとカワニナは元気でしたので、水質汚染はなさそうです。
e0094349_7324856.jpg

南の上流側の遠方に見えるサイロはJAの貯蔵施設で、左の土手の向こうが矢形川。
e0094349_7323851.jpg

この矢形川と水路の間のあぜ道でミッキーと散歩しながら春の草花を楽しみました。
e0094349_7352247.jpg

北東に見える阿蘇山をバックにして菜の花が咲いています。
e0094349_736222.jpg

日向市と同様にムラサキケマンが花盛りでした。

シソのような葉の草の群落がが見事な花を咲かせています。花の赤色が濃いものと薄いのがあるようでした。この植物の名前は知りません。
e0094349_738474.jpg
e0094349_7381592.jpg

ところどころにみられるレンゲ畑が見事でした。
e0094349_7393837.jpg

高木の水路から南東に約2キロ離れた木倉地区の水路で、カワシジミの集団を発見しました。
e0094349_7413750.jpg

この水路は手入れが悪く、土砂が底に堆積しています。流水量がちょうどよいと砂がたまり、シジミが生育します。よい生育場所がみつかると、一網打尽です。

緑川水系のカワシジミは周辺の集団とかなり違っているので、モニタリングの必要があります。しかし、農業用水路は水量の変化が激しく、シジミの生育には不安定な環境です。また泥さらいなどの手入れでシジミが一掃されてしまうので、継続調査が難しくなります。
[PR]

by beachmollusc | 2012-04-17 07:45 | 日記

五ヶ瀬町の桜

昨年11月にカワシジミを採集した熊本県御船町に追跡調査のため出かけました。

北方、高千穂経由で国道218号線を走り、五ヶ瀬に入ったら桜がちょうど満開を過ぎて散り始めでした。標高300m程度の高千穂ではすでに花が終わっていましたが、標高500mより高い五ヶ瀬と熊本の山都町では山桜も花が少し残っていました。
e0094349_17372818.jpg
e0094349_17373779.jpg

桜と新緑を楽しみながらドライブできたので目的地のシジミの状態が悪くなっていたのを補ってくれました。

帰り道は五ヶ瀬から酷道503号線で飯干峠を超えて諸塚経由で日向に戻りました。この峠はサルナシハントで通って以来、数年ぶりです。
e0094349_1742274.jpg
e0094349_17421393.jpg

飯干峠の標高は1037mとありましたが、カーナビの表示は1001mでした。カーナビの40m程度の誤差はいつものことで、海岸通りを走っていて、水面下の表示になることもあります。

飯干峠から諸塚に下る国道沿いの耳川の支流にカワシジミがいるらしいので、川を見ながら走ったのですが、堰堤の上に砂礫がたまっている場所が数箇所あって、シジミが生息していても不思議ではない環境に見えました。
[PR]

by beachmollusc | 2012-04-15 17:47 | 植物

ポポーの開花

大きく育ったポポーの木、3株に花芽がたくさん出ていて、ようやくつぼみが膨らみ始めました。
e0094349_15395070.jpg
e0094349_15395944.jpg

台風の被害にあわなければ、秋の収穫が期待できそうです。

同じく植えてから5年余りのサクランボの木も大きくなって、今年は実が沢山付いています。
e0094349_1541487.jpg

ヒヨドリに狙われたらひとたまりもないので、タイミングをはかって鳥よけネットをかぶせるつもりです。

サクランボは染井吉野より早く咲く山桜よりもさらに開花が早いので、3種類の桜を並べて植えれば次々に花見が楽しめ、おまけにサクランボの実が楽しめます。

草むらの中に見慣れない花が咲いていたので、おまけです。
e0094349_15455091.jpg

何の花でしょうか。
[PR]

by beachmollusc | 2012-04-10 15:46 | ポポー pawpaw