「ほっ」と。キャンペーン

beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
人気ジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2012年 06月 ( 19 )   > この月の画像一覧


モミジカラスウリの花

数年前からモミジカラスウリの実生苗を育てていますが、鉢植えの苗の生育は思わしくありません。
e0094349_18575240.jpg

蔓がよく伸びてくれるなら、葉が美しいし、実が食べられるので、日除けにも利用できると考えているのですが、期待したほど旺盛な植物ではないようです。
e0094349_1911433.jpg

ミッキーのお散歩道に崖の上から垂れ下がっている大きな株に花が咲いています。
e0094349_1913797.jpg

花はカラスウリの仲間らしい白い花びらに髭が伸びています。
e0094349_1924480.jpg

これはオスかもしれません。

もっと派手な花を咲かせてくれれば観賞用になるだろうに、少し残念でした。

{追記}

今朝(3日)の散歩中に確かめて見たら、花がよく開いていました。
e0094349_750539.jpg
e0094349_751382.jpg

花びらのひげがよく伸びていて、先日の夕方に見たすぼんだ姿とは大違いです。これなら観賞用になりそうですが、早起きの人だけが楽しめる花です。

カラスウリの花は夕方から夜の間に開き、朝になると閉じてしまいますが、モミジカラスウリの開花時間帯は違っているようです。
[PR]

by beachmollusc | 2012-06-30 19:04 | 植物

宍道湖のヤマトシジミ漁獲量

「想定内」だが…宍道湖のシジミ漁獲が首位陥落‎
読売新聞 - 2012年6月19日
http://www.yomiuri.co.jp/eco/news/20120620-OYT1T00719.htm
拡大画像
http://www.yomiuri.co.jp/zoom/20120618-OYT9I00656.htm

単調な漁獲量減少傾向が続き、ついに日本一から陥落。

<農林水産省や宍道湖漁協(松江市)によると、11年の全国のシジミ漁獲量は9474トン>
かつて年産4万トンだった日本のシジミ漁業が衰退の一途をたどっています。

平成22年度(第1回)中部地方ダム等管理フォローアップ委員会 > 長良川河口堰について > ヤマトシジミの漁獲量
http://www.cbr.mlit.go.jp/kawatomizu/dam_followup/nagaragawa/31.htm
<※汽水域で繁殖しているヤマトシジミは、河口堰の供用による堰上流域の淡水化により、当初の予測どおり、生育はできるが繁殖はできなくなった。また、河口堰の供用後の平成8~10年に稚貝を放流していたが、出水により流されたことから、その後は稚貝の放流は行っていない。>

役人は本当のことに言及しながら(都合が悪いことを隠して)嘘をつく(恥を知らない)技を習得しています。

長良川河口堰の上流側でヤマトシジミは繁殖はもちろん、生育もできなくなって、漁獲につながらなくなっているので放流事業は継続されていません。当初予想された「堰の上流でヤマトシジミは生育できる」話が崩れた事実が河口堰の影響ではないことにしておくために、堰の管理者は、誰も責めることができない自然現象を持ち出しました。

長良川下流域生物相調査報告書 2010 -9
粕谷志郎 河口堰によるシジミ類の生息への影響
http://dousui.org/seibutsu/09_kasuya.pdf

放流された稚貝は流されたことにしていますが、堰が無かった時代に、ヤマトシジミの稚貝は長良川河口堰の位置よりはるか上流に定着して生育していたのですから、おかしな説明です。(長良川の隣の揖斐川と木曽川でも汽水域の上流部に幼生が定着して生育しています。(データは三重大の研究チームがオンラインで公表しています)

ヤマトシジミの浮遊幼生が川の流れに溯って上流に移動して着底・変態して稚貝になるメカニズムには淡水の下で塩水が上流に向かって溯る現象が関係しているに違いないと想像しています。しかし、だれもそれについて実地に調査していないようです。
[PR]

by beachmollusc | 2012-06-27 19:14 | シジミの仲間 Corbicula

ゲンジボタルの幼虫が孵化しています

1ヶ月前に産卵したゲンジボタルの卵から幼虫が孵化し始めました。

30cm角のマイクロファイバー製の布巾にメス親が産み付けるようにセットし、卵が付着した布を3辺が30cmのサイコロ型のガラス水槽の壁に張り付け、水槽の下の水を布が吸い上げて、湿った状態に保ちました。この新素材はホタルの卵を孵化させるシステムに最適のようです。
e0094349_144548.jpg

卵は発生初期に黄色を帯びていますが、孵化前に黒く変色するので白い布の上で発生状態がはっきりわかります。卵の大きさは径が0.5ミリくらいです。
e0094349_1462617.jpg

同じ布の上に複数のメスが2週間くらいの間次々に同じ場所に産卵したので、色の異なるものが混ざっています。

ゲンジボタルのメスは、野外で川岸の同じ場所、コケに集まって集合産卵することが知られています。集合フェロモンが働いているのかもしれません。

サイコロ水槽の中で孵化した幼虫は下に張ってある水の中に落ちます。室外の飼育水路から生まれたてのカワニナの稚貝を集めて与える予定でしたが、水路への給水のトラブルがあったので準備が遅れています。

とりあえず、室内の水槽で飼っていたチビのカワニナを与えてみました。相手が大きいので、体長がわずか1ミリあまりのゲンジボタルの幼虫たちはてこずっていますが、数に物を言わせて襲い掛かりました。
e0094349_14135459.jpg
e0094349_1414314.jpg

新しいデジカメは1cmまで接近するマクロ撮影ができます。LED照明がレンズの周りに5つあって、照明のスポット光が反射するのが水中にある被写体の撮影では難点となります。
[PR]

by beachmollusc | 2012-06-24 14:15 | ホタル

芦田川河口堰と河川環境

14日、名古屋で開催された「愛知県長良川河口堰最適運用検討委員会」に委員として出席した翌日、広島県福山市駅家(下流)と府中市河佐(上流)で芦田川水系のカワシジミの集団サンプルを採集しました。

シジミ採集が終わってから、懸案だった芦田川の河口堰を実地検分です。
e0094349_6484127.jpg

e0094349_6433916.jpg

芦田川は中国地方の一級河川で水質が最悪であることでよく知られています。
e0094349_6363598.jpg

この河口堰は、まさに河口のすぐ上流(右岸約1.5 km)に位置しています。川幅が約500mで、ゲートの数は10門。

上流側と下流側から見た堰です:
e0094349_6415292.jpg

堰き止められた川の水がよどんで濁っていますが、福山市民はこの水を水道用に使っているのでしょうか。
e0094349_6415966.jpg

河口堰と密着した河口大橋が架けられています。
e0094349_647430.jpg
e0094349_6471380.jpg

左岸の事務所には取水量と放水量が交互に電光掲示板で表示されていました。
e0094349_6485893.jpg
e0094349_649522.jpg

川幅全体が堰き止められ、左岸の端にある狭い放水路から川水が流れ出ていました。
取水も放水も毎秒1立法メートル足らずで変動していました。
e0094349_6512866.jpg
e0094349_6513539.jpg

芦田川河口堰は福山市に淡水を供給するために建設されたものですが、そのため海水と川水が混ざる汽水域を完全に失っています。

汽水環境に適応したヤマトシジミは、卵から孵化した幼生の初期において、真水でも海水でも育たないので、生育に適した汽水環境を失うと消滅します。

堰の建設以前と以後の漁獲統計の数字をまだ見ていませんが、地元民は河口でシジミを失っていることをよく知っています。また、モクズガニ資源や海苔の養殖なども大きなダメージを受けたようです。

芦田川ルネサンスネットワーク
http://asidagawa.sunnyday.jp/index.htm

芦田川河口堰に関する政策研究 - 大田祐介
http://kkochan.com/image/pdf/thesis_ysk.pdf

備後の武将と山城 2008-09-26  芦田川河口堰の常時開放を
http://d.hatena.ne.jp/matinoneko/20080926

川カニの王様-モクズガニ
http://www.geocities.co.jp/HeartLand-Gaien/1733/sub2/sub2001.html
<魚と違って少しぐらいの堰は越えることができるため,マスやアユのように減ってはいませんが,大型ダムの建設,河川改修による河床平坦化や石積み護岸の減少などで減少の著しい水系も多くなっています。また,汽水域と淡水域の境界付近に着底して稚ガニになり約1月生活するため,河口堰は着底生育場を狭くします。広島県では,河口堰のある芦田川では,ほとんどのぼってこなくなりました。>

長良川で実験的に進められている「堰の弾力的運用」:海水を遡上させずに川の水をできるだけ下流に流すようにゲート操作すること、が芦田川でも行われています。

芦田川河口堰 弾力的放流について
http://www.cgr.mlit.go.jp/fukuyama/kisya/kisya_090903.pdf
これは堰で停滞している水の中で発生するユスリカ対策のためであって、ヤマトシジミなど水産資源は考慮されていないようです。

芦田川の本流に流入する支流の一つ高屋川には国の浄水場(一級河川を管理するのは国)があり、そこに「見る視る館」という教育啓蒙施設があります。
e0094349_7393454.jpg

見る視る館でもらったパンフレットから一部切り抜いて紹介します。
e0094349_74813.jpg

芦田川水系の流域で降雨が少なく、流域面積が狭いことが(水量が少なくなっていて)汚染が激しい理由としされています。
[PR]

by beachmollusc | 2012-06-21 06:52 | 河川・水路・堰

ポポーの実

台風4号が現在接近中で、5号がその後に続いて来るようです。

ポポーの実がかなり大きくなっていて、台風の直撃が心配の種となりました。秋の収穫祭で20個以上の実がとれることを期待しているのです。

ポポーの様子を新しいデジカメで撮影しました。オリンパスのミュータフ6000がいかれてしまって、交代したのはペンタックスWG-1です。15m防水、1cmマクロがLED5灯の内臓照明で撮影できる優れものです。最近WG-2という新機種が出ていますが、ボディの色が気に入らないので一つ前のモデルにしました。
e0094349_10101173.jpg
e0094349_1010201.jpg

実をつけている木は中央の幹の頭をカットして詰めましたが、横に広がっています。
e0094349_10132443.jpg

それに対して昨年6個の実を収穫した木は今年は実がつかないで、ドンドン育っています。
e0094349_10125241.jpg

昨年秋に1メートル半くらいだったのが、今は2メートルを超えています。
[PR]

by beachmollusc | 2012-06-19 10:14 | ポポー pawpaw

マタタビの虫こぶ

庭先のプランターに植えたマタタビ(オス株)に虫こぶができています。
e0094349_7502882.jpg
e0094349_7503650.jpg

マタタビは果実がこぶになるのではなくて、花の花弁などに寄生虫がこぶを造るようです。つまり、受粉する必要がないのでオス花が咲く寸前に虫(マタタビアブラムシ)がいればこぶができてしまうのでしょう。

以前、北川の道の駅(はゆま)で延岡特産のマタタビ酒を売っていましたが、現在は販売されていません。

材料の入手難かと思って聞いたら、お上が寄生、でなく規制しているような話でした。しかし、その理由がわかりません。

マタタビの虫こぶは薬用になります:
http://www.e-yakusou.com/yakusou/790.htm
[PR]

by beachmollusc | 2012-06-18 08:01 | サルナシとマタタビ

日向ヒメボタルのシーズンが終了

昨夜(16日)は宮崎市などから日向市塩見の小原を訪れた皆さんが、ホタル講座の後の雨が降る中でヒメボタルとゲンジボタルの競演を楽しむことができました(もし1週間前であったら、参加者に感激してもらえたはずで、ちょっと残念です)。

今夜の状況は、ヒメもゲンジも共に、昨夜よりも一段と数が少なくなって、ヒメボタルの数はついに一桁に落ちました。毎年1シーズンの長さは3週間程度ですが、今年は開始時期が早かった分、終了も早くなりました。昨夜がギリギリの最後となったわけです。
[PR]

by beachmollusc | 2012-06-17 20:55 | ホタル

芦田川の河口堰

e0094349_616422.jpg

福山の芦田川河口堰を見ました。

この河口堰は芦田川の河口に近く、海水の遡上を止めています。

河口が建設されて、ヤマトシジミが消えたと言われています。
[PR]

by beachmollusc | 2012-06-16 06:16 | 河川・水路・堰

芦田川水系のカワシジミ

e0094349_12483290.jpg

福山のカワシジミを見つけました。
[PR]

by beachmollusc | 2012-06-15 12:48 | シジミの仲間 Corbicula

名古屋を出るところです

e0094349_7373268.jpg

福山に向かって新幹線で名古屋駅を出るところです。

三河一色産のウナギ駅弁を買いました。認証マークのシールが張られています。
[PR]

by beachmollusc | 2012-06-15 07:37 | 風景