beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
人気ジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2012年 07月 ( 15 )   > この月の画像一覧


砂浜の上で蛇行する河口

以前からモニタリングしている、小倉ヶ浜の南部に流れ出る吉野川の蛇行が激しくなっています。

この砂浜で、河口部の蛇行を直線化する工事が何度も繰り返されてきた経緯をブログで紹介していますので参照してください。

砂浜海岸の上の河口変化 2010-07-22
http://beachmollu.exblog.jp/12984290/

川は一直線に流れるものと法律で決まっているらしい 2010-7-21
http://beachmollu.exblog.jp/12980831

宮崎県の土建財政は豊かだ! 2010/09/04
http://beachmollu.exblog.jp/13180524/

直線化された流れのその後| 2010-11-16
http://beachmollu.exblog.jp/13645406/

吉野川は再び砂浜の上で蛇行している 2012-01-14
http://beachmollu.exblog.jp/17217596/

今年の梅雨の雨量が多かったため、吉野川は増水し、流れが暴れています。

砂浜に出る所では堆積していた砂がえぐられ、埋もれていた護岸の基盤が見えます。
e0094349_13415790.jpg

この出口から川の流路が南に向かって蛇行していて、2年前の工事の頃よりもさらに南側で海に出ています。
e0094349_13471838.jpg
e0094349_13473032.jpg

砂浜で蛇行する川は岸の砂を抉り取り、高さが2mくらいの崖を作っています。
e0094349_13494433.jpg

e0094349_1350474.jpg

今朝の日の出に照らされた、流れが海岸線に平行になっている部分です。
e0094349_13522819.jpg

ミッキーは太陽光に当たると熱中症になるので日の出の時間に出かけています。
e0094349_13534356.jpg

現在、吉野川の北で小倉ヶ浜の中央部に流れ出ている赤岩川も激しく蛇行しています。

蛇行する川の流れを直線化するアンポンタン行政の「公共工事」がまたあるかどうか監視を続けます。
[PR]

by beachmollusc | 2012-07-31 13:57 | 海岸

ウナギの受難

ナショナル・ジオグラフィック日本版の最新記事
「ウナギが食べられなくなる日」
井田徹治(共同通信社、編集委員)

第1回 乱獲で資源は危機的に、生息地破壊も一因 2012年7月12日
http://nationalgeographic.jp/nng/article/20120710/315512/

第2回 背景に日本の消費爆発、定着した薄利多売のビジネスモデル 2012年7月19日
http://nationalgeographic.jp/nng/article/20120717/316178/

最終回 外来種輸入には多くの問題、資源管理に漁獲規制が急務 2012年7月26日
http://nationalgeographic.jp/nng/article/20120724/317095/

日本人が皆読んでおくべきよい記事です。

利根川の河口堰や霞ヶ浦の逆水門が、ヤマトシジミだけでなく、日本一だったウナギ資源を激減させたことにも言及しています(第1回)。

下に引用したのは利根川河口堰の写真です。
e0094349_13274162.jpg

下に引用した画像のグラフを見れば、水産庁が得意の詭弁「ウナギ資源が特に減少しているとはいえない」という国内向けの説明がインチキであることが明白です。

日本の親ウナギの漁獲量の経年変化 (水産庁による)
e0094349_13295235.jpg

日本のシラスウナギの採捕量の経年変化 (水産庁による)
e0094349_13295993.jpg

温帯域の3種類のシラスウナギの資源量の変化 (立川賢一による)
e0094349_1330784.jpg

上のグラフでニホンウナギの減少が1990年代に鈍ったのは、ヨーロッパウナギとアメリカウナギが盾となって、時間稼ぎをしてくれたのかもしれません。

中国のウナギ養殖で大西洋産のシラスが使えなくなり、ニホンウナギのシラスを狙うようになってから、ウナギの再生産サイクルの10年くらいで、最終的なクラッシュになるかもしれません。

<参考> みやざきの自然サイト
http://miyazaki.4zen.jp/011/15/index.html

赤崎 正人 宮崎県の河川の魚(5)

図2 宮崎県のウナギの河川漁獲量と養殖生産量の経年変動
e0094349_13525396.jpg

<両者は反比例の関係にあり、養殖生産量が年を経るごとに急激に増加するのに比べ、残念ながら河川のウナギ漁獲量は徐々に減少の一途を辿っています。平成4年には養殖生産量は3,500トンで、河川漁獲量35トンの丁度100倍の量になっています。>

上の記事は20年前の話で、現在はどうなっているのでしょうか。

この前のシーズンのシラスウナギの漁獲量は宮崎県で約180キロあまりでした。

平成17年の宮崎県の内水面でのウナギの漁獲量は10トンとされています。
http://www.pref.miyazaki.lg.jp/parts/000100730.pdf
[PR]

by beachmollusc | 2012-07-27 13:31 | 環境保全

GIビーチのバナナ

GIビーチの奥にある駐車場の脇にバナナが植栽されています。
e0094349_83167.jpg
e0094349_832536.jpg

冬の寒波で植物体の外面が枯れて無様な姿になりますが、芯が生きていて、夏には復活して花までつけます。しかし、残念ながら果実は太らないようです。

誰が何のために植えたのかわかりませんが、大きな葉っぱの利用法を思いつきました。南太平洋のサンゴ礁の島で行われるウム料理に使えそうです。

下のURLにはサモアの伝統料理であるUMUを紹介しています。
http://www.travelblog.org/Photos/3302771

石を並べてその上でココナツの殻などを燃やし、熱せられた石の上にバナナやタロイモの葉で包んだ食材を乗せて蒸し焼きにする、石焼芋の南太平洋版です。

GIビーチには1500万年前に尾鈴山が噴火した時の溶結凝灰岩があるのでその上に流木を集めて燃やせば、海岸も綺麗になるので一石二鳥です。(ついでに打ち上げゴミも綺麗にしましょう)
[PR]

by beachmollusc | 2012-07-27 08:19 | 海岸

塩見川河口にサギの群れ

今朝のGIビーチでは珍しいことが3つありました。

コアマモの打ち上げは出水の後でいつも見られますが、アマモ(スガモかもしれないので確認が必要)の打ち上げは過去になかったような気がします。アマモの生育場所は内湾であって、門川町の尾末湾には群落がありますが、塩見川にはなかったと思います。

サギ(コサギかどうかはっきりしない)の10羽ほどの群れが河口部で干上がったところに集まっていました。
e0094349_854979.jpg

たまに1羽だけいたりしたことはありますが、群れている姿は初めてです。

前に紹介した、打ち上げられた葦が1本だけですが穂を出していました。
e0094349_8581257.jpg

雨が断続的に降っていたので乾燥して枯れないで成長を続けています。

おまけは花盛りになっているハマユウです。
e0094349_8595235.jpg

[PR]

by beachmollusc | 2012-07-25 09:00 | 海岸

日本自然保護協会の河口堰に関する報告書

明日はいよいよ愛知県の長良川河口堰最適運用検討委員会と国土交通省(水資源機構)側の委員会の合同会議に向けて調整を開始する第1回の会議があります。

第1回長良川河口堰合同会議準備会を開催します
http://www.pref.aichi.jp/0000051541.html
日時:平成24年7月24日(火)午後1時00分から午後3時00分まで
場所:愛知県庁東大手庁舎 4階 406会議室 (愛知県名古屋市中区三の丸3丁目2番1号) 
議題:合同会議における論点、運営方法等について

国側が河口堰の運用の一環として、これまで頑なに拒否し続けてきた「堰から上流側に塩水を遡上させること:汽水環境の回復」を認めるかどうか、注目したいと思います。

この問題に関して、水利や塩害面での議論がありますが、環境面で一番わかりやすいポイントは壊滅的になったヤマトシジミの復活が期待できるかどうかでしょう。

木曽三川は木曽川と揖斐川で汽水域が残されているので、ヤマトシジミ漁業は存続しています。しかし、3つの川でもっともよい漁場であった長良川の汽水域を河口堰建設で失っています。

日本自然保護協会の報告書:河口堰の生態系への影響と河口域の保全(2000年7月)
e0094349_146538.jpg

この報告書の159頁に「生物からみた運用への提言」の項があって、シジミに関しては下のように書かれています。
e0094349_1483144.jpg

(移入種のカワヒバリガイの問題が絡んでいますが、その部分を省略)

河口堰の管理者(と漁協)はヤマトシジミは堰の上流側で繁殖はできないが生育(成長)可能として、揖斐川から種苗の移植を試みました。しかし、3年間の実験で、放流しても(底質環境などの変化によって)生き残らないという結果となりました。

上の提言は12年前に出されたのですが、管理者は塩水を遡上させないように「しっかりと」<さらなる弾力的運用>を続けています。

今回は国側の委員として三重大学名誉教授の関口秀夫さんがいて、その研究室のメンバーがヤマトシジミの繁殖・幼生分散・加入・生き残り・漁場形成などの調査結果を公表しています。

関口秀夫・水野知巳(2009)
木曽三川流域の汽水域の環境保全と整備方針・整備計画 : シジミ漁業の保全と絡めて
沿岸海洋研究 46(2), 185-206
http://ci.nii.ac.jp/els/110007611202.pdf?id=ART0009430339&type=pdf&lang=jp&host=cinii&order_no=&ppv_type=0&lang_sw=&no=1343020915&cp=

木曽三川におけるシジミ漁業を健全な状態で持続させる基本は汽水域の環境保全でしょうが、この論文ではなぜか「長良川河口堰」の存在とその影響について論評を避けているようです。
[PR]

by beachmollusc | 2012-07-23 14:30 | 河川・水路・堰

長良川河口堰周辺のヤマトシジミ

建設省と水資源開発公団(当時の名称)が公表した「長良川河口堰調査報告書」(平成7年7月)全4巻を名古屋市の古書店に注文を出してあったのが、さきほど配送されてきたので、堰の運用直前に調査されたヤマトシジミなどシジミ類の分布データを見ることができました。

水資源機構、長良川河口堰管理所のサイトで事業者側が行った調査の概要が説明されています。

長良川河口堰事業で行った環境調査
http://www.water.go.jp/chubu/nagara/25_torikumi/kankyouchousa.html

e0094349_1503068.jpg

報告書の第3巻の第6章に動植物や魚貝類の生息状況(章全体で320頁)が記述されています。
e0094349_1522035.jpg

この報告の調査が実施されたのは平成6年(1994年)度で、堰が塩水遡上を止める前の状況がわかります。その後の5年間のモニタリング調査の報告書なども公表されていますが、まだその一部しか入手していません。

平成22年度以降のフォローアップ委員会報告はオンラインでpdfファイルが公開されています。
http://www.water.go.jp/chubu/nagara/20_followup/index.html

18年前の1994年には木曽三川(木曽川、長良川、揖斐川)の汽水域、特に河口堰よりも上流側でヤマトシジミが高い密度で生息していたことをデータから見ることができます。

下は9月の調査結果(スミス・マッキンタイヤー採泥器で川底の砂泥を0.25平方メートル分の面積から切り取って、5ミリメッシュのふるいで残る生貝をカウントしたデータを地図の上で示したものです。図の中の数字を4倍すれば1平方メートルあたりの個体数となって、河口堰(当時は建設中)の周囲で特に生息密度が高く、1000~5000個体/平方メートルでした。木曽川が揖斐川・長良川より少ないこと、そして分布密度が上流側で高いことが印象的です。

この調査では河口から15キロ上流まで合計115地点が調査されました。(このほかに、より広範囲に、長良川では57キロ上流地点までの一般調査も行われていて、淡水シジミの分布データもあります)
e0094349_15242568.jpg

上と同じで河口堰に近い部分をアップしておきます。
e0094349_15243990.jpg

この報告では不思議なことがいくつかありますが、図の説明にある「ヤマトシジミ類」というのが理解できません。本文中には、ヤマトシジミ類とした理由を外来種のタイワンシジミが混在していると見られると説明しています。しかし、タイワンシジミとされるものはマシジミと同様に淡水産であり、通常では汽水域に分布していないはずです。また、殻の形態(特に同心円状の肋の突出状態の違いを見ればヤマトシジミとタイワンシジミは容易に識別できます。

ヤマトシジミはマシジミと同様に生育段階と生息環境の差異で殻の表面の色彩が異なり、また同一集団内での個体間で色彩変異があります。瀬戸内海や有明海のヤマトシジミは殻の表面が黄色やオレンジ色のものが多くありますが、木曽三川集団でも個体変異があるのかもしれません。

一般的に流通しているヤマトシジミは殻の表面が黒いので、シジミは黒い貝であるという先入観がもたれているようですが、実際はべっ甲色(褐色)などの地色に対して表面に沈着した硫化鉄によって黒く変色していると思われます。

ここで紹介している長良川河口堰調査の貝類に関するアドバイサーは当時の三重県水産技術センター所長の関政夫氏でした。この方はアコヤガイやハマグリなどの貝類についての報告がありますが、おそらくシジミ類に関して詳しくはなかったのでしょう。

別項目の稚貝調査では、川岸のヨシ群落の中にヤマトシジミの稚貝が多いかどうか調査しています。稚貝調査では1ミリメッシュのふるいを使っているので、ヤマトシジミの初期稚貝が0.2mmから定着することと、足糸を使ってヨシの植物体などに付着するのがごく若い時代に限られた生活様式であれば、見当違いの調査になっていたのかもしれません。(宍道湖では付着器で稚貝を集めているようですが、三重県の鈴鹿の研究センターの木曽三川での実験では付着器に稚貝の定着が見られなかったそうです)。

お金と手間をたっぷりとかけた調査ですが、事業者が運用開始を急いでいた時に反対運動が高まって大臣命令で短期決戦でやっ(つけ)た調査ですから、報告を詳しく読めば突っ込みどころはボロボロと出てくるでしょう。
[PR]

by beachmollusc | 2012-07-20 16:16 | シジミの仲間 Corbicula

ウナギのニュース

アメリカウナギをはじめ、すべてのウナギ類についてワシントン条約で国際取引の規制対象にする提案をアメリカ政府が検討していることが2chのお祭りを招いています。

[時事通信社]米がウナギ規制を検討=日本は慎重姿勢 2012年 7月 17日
http://jp.wsj.com/Japan/Economy/node_478920

<郡司彰農林水産相は同日の閣議後記者会見で「(ウナギは)特別に資源が枯渇している状況ではないだろう」と規制に慎重な姿勢を示した。>

脳衰大臣は水産官僚に洗脳されているのでしょうが、まさに「裸の王様」ですね。

米、ウナギ輸出入規制を検討 国際取引「保護が必要」Asahi digital
http://www.asahi.com/national/intro/TKY201207160321.html
e0094349_19583028.jpg

この朝日新聞社がつくった図には韓国が抜けているのは何故だろうか。

ヨーロッパウナギはすでにワシントン条約で国際取引が規制されていますが、アメリカウナギはまだでした(アメリカ国内業者の反発が理由でした:ニホンに売りたいからでしょう)。それを今のタイミングで出してくるのは、さすがに政治的なセンスがあります。

アメリカウナギの資源動向について最新情報が下のURLに詳しく出ています。
Species Profile: American Eel Stock Determined to be Depleted
16 July 2012
http://www.thefishsite.com/articles/1409/species-profile-american-eel-stock-determined-to-be-depleted

The 2012 benchmark stock assessment and peer review have
concluded that the American eel population is depleted in US
waters. The stock is at or near historically low levels due to a
combination of historical overfishing, habitat loss, food web
alterations, predation, turbine mortality, environmental changes,
toxins and contaminants, and disease. Although fisheries are a
fraction of what they were historically, eel support valuable
commercial, recreational, and subsistence fisheries. Reported in the
Atlantic States Marine Fisheries Commission April/May Newsletter.

フィリピンのニュースですが、ウナギのシラスの密輸出が検挙されたそうです。

These baby eels were not that slippery
Published on Monday, 09 July 2012 00:00 Written by JAY CHUA

THE Bureau of Fisheries and Aquatic Resources yesterday seized some two
million young eels or elver, declared as “live grouper,” as the shipment was
about to be loaded on a Cathay Pacific plane bound for Hong Kong.

カガヤン川で採捕されたと見られる2百万匹のシラスウナギが「ハタ(これも養殖されている高級魚)」と称されてフィリピンからホンコンに向け空輸されるところを空港でキャッチ。

これはニホンウナギとは別種のようです。ホンコンからどこに流れるかわかりませんが、最終的に日本で消費されるために養殖されるのでしょう。

おまけ:オーストラリア博物館サイトで紹介されているオオウナギの写真(東大海洋研のcopy right)
e0094349_2018851.jpg

[PR]

by beachmollusc | 2012-07-17 20:23 | 日記

ポポーの苗

昨年9月に収穫した自家生産ポポーの第1号から採取した種(60個)から苗つくりを試みています。

ポポーの種は冬の低温暴露が発芽のための必須条件であり、また発芽時期が遅いことも知られています。

若い苗は紫外線に弱いという、ポポーの基礎研究を続けているケンタッキー州立大学サイトの情報があります。

Pawpaw Planting Guide (Kentucky State University Cooperative Extension Program)
http://www.pawpaw.kysu.edu/pawpaw/ppg.htm

<Although the pawpaw is capable of fruiting in the shade, optimum yields are
obtained in open exposure, with some protection from wind (on account of
the large leaves). Germinating seedlings, however, will not survive under
those conditions because they are extremely sensitive to full sunlight,
which can kill them.>


発芽してから2年間は苗の成長が遅く、紫外線に弱いので直射日光に当てず、ゆっくり育てます。

現在60個中24(4割)の種から芽が出ています。
e0094349_820299.jpg
e0094349_820986.jpg
e0094349_8201740.jpg

前回の苗つくりでは35個の種が全部発芽しましたので、今回も高い率で発芽が期待できそうです。

果実が実るためには5から8年待たねばなりません。
[PR]

by beachmollusc | 2012-07-15 08:21 | ポポー pawpaw

PC画面の壁紙に使えそうな花

最近、どこでもやたらに咲いている派手な花ですが、名前を忘れてしまいました。
e0094349_8134272.jpg
e0094349_8135090.jpg

この写真は、昨日7月10日、広域農道のループに造られた公園の駐車場で撮影しました。
[PR]

by beachmollusc | 2012-07-11 08:15 | 植物

ハマゴウの花

まさに夏の訪れに合わせるようにGIビーチでハマゴウが開花しています。
e0094349_180234.jpg
e0094349_1803158.jpg

[PR]

by beachmollusc | 2012-07-10 18:01 | 植物