「ほっ」と。キャンペーン

beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
人気ジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2012年 09月 ( 16 )   > この月の画像一覧


ポポーが熟しはじめた

台風の影響もなしで、めでたくポポーの実が熟し始めています。

本日落果キャッチネットに収まっていた第1号の大小2個の実です。
e0094349_1822723.jpg

これに続く残りの実は1本の木に20個あります。

実生苗から育てた木なので、味がどのようなものか食べてみるまでわかりません。

昨年6個の美味しい実がとれた、接木苗から育てた木は今年はお休み。

数日前から隣の栗林から落果が始まっていますので、ポポーとほぼ一緒に熟しています。
e0094349_187022.jpg

わが家に落ちた実は、主からもらってよいと了解済みです。

今度の週末にポポーと栗のダブル収穫祭りができそうです。
[PR]

by beachmollusc | 2012-09-30 18:08 | ポポー pawpaw

マメタニシの仲間

最近発表された環境省第4次レッドリスト(2012)にハマグリが絶滅危惧Ⅱ類(VU)に新たに加えられました。
http://www.env.go.jp/press/file_view.php?serial=20564&hou_id=15619

総計319種の絶滅危惧Ⅱ類(VU)に含まれている淡水産の貝類としては、マシジミとマルタニシが準絶滅危惧種からランクアップしています。

↑マルタニシ Cipangopaludina chinensis laeta
↑マシジミ Corbicula leana

昨日御船町の農業用水路で採集したカワシジミの稚貝に混じって小さい巻貝類が見つかりました。
e0094349_12382731.jpg
e0094349_12383831.jpg
e0094349_12384534.jpg
e0094349_12385267.jpg

写真の背景に見えるグリッドは5mm方眼です。

マメタニシの仲間でヒメマルマメタニシ(Gabbia kiusiuensis)のようです。初めて見る貝ですからはっきり同定できないので、マメタニシかもしれません。

いずれの種にしても絶滅危惧Ⅱ類のお仲間です。

佐賀県と熊本県のレッドリストには含まれていないようですが、他の九州各県で真っ赤になっています。

日本のレッドデータ検索システムサイトから引用です。
http://www.jpnrdb.com/search.php?mode=map&q=110503060280459

福岡県 ヒメマルマメタニシ Gabbia kiusiuensis 絶滅危惧Ⅰ類(CR+EN)
長崎県 ヒメマルマメタニシ - 絶滅危惧Ⅱ類(VU)
大分県 ヒメマルマメタニシ Gabbia kiusiuensis 準絶滅危惧(準)
宮崎県 ヒメマルマメタニシ Bithynia kiusiuensis 絶滅危惧ⅠB類(EN-r,g)
鹿児島県 ヒメマルマメタニシ Bulimus kiusiuensis 絶滅危惧Ⅱ類

学名の表記が統一されていないのは分類が明確ではないからでしょう。

熊本県の農業用水路には宮崎県ではほとんど見ることができないヒメタニシなどのタニシ類が普通にいます。マメタニシはタニシ類ではありませんが、生態的には水田や水路の環境に生息して、乾燥に弱いことが共通です。

水田が耕作期間外に乾田化される(用水路の水も止められる)ことが人里で見られた多くの水辺の生き物を絶滅の縁に追いやっています。熊本県では宮崎県ほど農村・耕作地のコンクリート化が激しく進められていないので、探せばいろいろな生物が見つかります。
[PR]

by beachmollusc | 2012-09-29 12:54 | その他の貝類

熊本県御船町の恐竜博物館

昨日は御船町にある水路で3回目のシジミ採集に出かけました。

町の名物は緑川の支流のひとつ、矢形川の上流の山間部で出土した肉食恐竜の化石で、それをもとにした恐竜博物館があります。
e0094349_8952.jpg

緑川の別の支流、御船川が山間部から平野に出る扇状地に立地した、のどかな田舎町です。

九州自動車道の御船ICがありますが、延岡と熊本を結ぶ九州中央自動車道ができればJCTとなるでしょう。しかし、高千穂から五ヶ瀬にかけた難所に自動車道ができるのはいつの日になるか。ただし、現在の国道218号線は立派なハイウエーですから、枝分かれした国道445線が改良されれば問題なさそうです。(現状で日向市から御船町まで車で2時間半かかります)
e0094349_854067.jpg

この博物館は町役場に隣接していて、その壁には子供たちの描いた恐竜たちが暴れていました。
e0094349_873422.jpg
e0094349_874499.jpg

博物館の池上さんに案内していただき、4年前に彼がシジミのサンプルを採集した場所に案内していただき、比較サンプルを採集することができました。
[PR]

by beachmollusc | 2012-09-29 08:09 | 日記

フナが金魚に変身

カワシジミの養殖で給餌システムに必要な微細藻類を繁殖させるため、半年前から90センチ水槽でフナを飼育しています。

シジミ養殖水路の上流にプールを作り、魚を飼育して藻類を増やすシステムです。

実験用のフナは琵琶湖から来たニゴロブナで、5匹を4000円で購入しました。

ニゴロブナは滋賀県で郷土料理の発酵食品「鮒ずし」に使われる魚で、現地では養殖されています。

ニゴロブナを養殖し、昔ながらの「鮒ずし」を復活
http://www.watashi-kigyou.com/000595.htm

金魚用の餌を与えて飼育していたところ、5匹の中で「1匹だけ」オレンジ色に変色したのでびっくり仰天。
e0094349_820249.jpg
e0094349_820861.jpg


そもそも、金魚というのはフナの突然変異であるヒブナから派生したものですから、野生のフナ集団の中でオレンジ色の個体が生まれて出てきても不思議ではありません。

しかし、飼育途中で突然変身するというのはとても奇妙です。

皮膚組織にあるメラニン生産の仕組みが突然機能しなくなったのでしょうか。

カワシジミの殻の色彩で、ビリベルディンの濃い紫色の発色がヒンジのところだけに限定される「カネツケ型」の生まれる仕組みが気になっていますが、色素沈着の物理化学について研究が進んでいないので謎に包まれています。
[PR]

by beachmollusc | 2012-09-26 08:29 | 魚類

大分県臼杵のカワシジミ

連休中に熊本県に採集調査に出かけるつもりだったのが、先方の事情で延期し、昨日は大分県臼杵に出撃しました。

貝合わせハマグリの展示があるヤマコ臼杵美術博物館のすぐ近く、臼杵川の本流の左岸脇にある農業用水路でカワシジミを見つけました。
e0094349_9225525.jpg
e0094349_92332.jpg
e0094349_9231153.jpg

臼杵川の「いえの橋」のすぐ上流で、真新しい幅60センチのU字溝でした。
e0094349_9244029.jpg
e0094349_9245544.jpg

水田に給水する水路で、強い流れがあり、土砂が堆積していた場所は分流させるマスのところだけ。
e0094349_9251718.jpg
e0094349_9252894.jpg

マスの底が少し深くなっていたので、底に土砂が溜まっていました。

カワシジミのほかにジャンボタニシとカワニナがいました。
e0094349_9282292.jpg

カワシジミを大小160個体くらい掘り出してサンプルとしました。
e0094349_9285899.jpg
e0094349_929582.jpg

カワシジミはすべてマシジミ型と思われます。

この地点の上流に取水堰が数箇所ありましたが、すぐ上の馬代堰は「改良?」工事中です。
e0094349_9314822.jpg

新しい堰を建設し、古い堰は取り壊す予定とありました。下は新たな堰の右岸です。
e0094349_932112.jpg

e0094349_9333578.jpg

古い堰ですが、これを取り壊して新しくする理由がわかりません。
e0094349_9335349.jpg

工事業者に仕事を与えるための工事でしょうか。

シジミを見つけた水路の反対側にある水田地帯でカカシ祭りが行われたようです。
e0094349_9354970.jpg
e0094349_9355673.jpg
e0094349_93636.jpg

ミニスカイツリーがありました。
[PR]

by beachmollusc | 2012-09-23 09:36 | シジミの仲間 Corbicula

GIビーチの彼岸花

朝の気温がグンと下がり、海岸でワンが元気いっぱいに走ることができる季節になりました。

暑さ寒さも何とやらで、季節を象徴する花が盛りです。
e0094349_8274649.jpg
e0094349_8275418.jpg
e0094349_828246.jpg
e0094349_8281087.jpg

GIビーチでは白と赤だけで、黄色はありません。
[PR]

by beachmollusc | 2012-09-21 08:28 | 植物

砂浜の変化

台風が九州の西側を北上すると、日向灘では強い東風が持続的に吹き、砂浜の砂丘堆積が進行します。

今朝は小倉ヶ浜の中央部のコンクリート階段がどのように変化したかを見てきました。

大潮の満潮でも波は階段に届かず、階段の周囲は乾いていました。

赤岩川左岸に大きな流木が打ち上げられていて、飛砂の流れを妨げた結果の「堆積」と「侵食」のパターンができていました。

上は北から南に向かって、下は南から北に向かって流木を撮影しています。
e0094349_1714510.jpg
e0094349_17141333.jpg

砂の状態から、南東の風が卓越していたことがわかります。

コンクリート階段の南東に面した部分の吹き寄せられた砂の堆積量が大きく、一気に1段分の40センチ以上砂の厚さが増したようです。
e0094349_17174770.jpg
e0094349_17175432.jpg

この有害無益なコンクリート階段が砂の下に埋没する時がゆっくりと近づいています。
e0094349_17241697.jpg

上の写真は以前のブログ:小倉ヶ浜の階段が砂の下に消える日 [2011-12-31]から
http://beachmollu.exblog.jp/17147442/

飛砂で新たに堆積した砂はフカフカ状態なので足元が沈みます。
e0094349_17195849.jpg

このコンクリート階段に生えている松は健在でした。
e0094349_17204857.jpg

e0094349_17405568.jpg

昨年12月の写真(下)と見比べると砂の堆積が進んだことがわかりますが、この松の位置は階段がカーブしているので砂が溜まりにくい場所です。
e0094349_17424193.jpg

[PR]

by beachmollusc | 2012-09-18 17:26 | 海岸

岐阜県本巣のカワシジミ

本巣市の席田用水の幹線水路は三面張りで流れが速く堆積物もなし、シジミの生息環境ではありません。

分水されて流れる農業用水路(半間)をたどってドライブしてみたところ、しっかりしたコンクリート三面張り水路で、シジミが棲めるような砂の堆積状態がなかなか見つかりません。

ようやく鉄道線路沿いの水路の一角でシジミを見つけることができました。
e0094349_9281235.jpg
e0094349_9282049.jpg

この水路にはハヤの子供が群れて泳いでいたり、
e0094349_929187.jpg

e0094349_9294267.jpg

コカナダモが生えていて、生物に毒性がある物質は影響していないようでした。
e0094349_9304143.jpg

水路の橋の下に砂が溜まっていたところを手網でガサガサやったら、どこかの国の首相、ではなくて、ドジョウの一種が次々に獲れました。
e0094349_9321182.jpg

見慣れないドジョウなので種類がわからず、岐阜大のお魚の専門家に尋ねたら、シマドジョウの仲間だそうです。ドジョウたちは撮影後にリリース。
e0094349_9342378.jpg

カワシジミは稚貝が多く、大多数がカネツケ型で1割強がマシジミ型でした。
[PR]

by beachmollusc | 2012-09-16 09:35 | シジミの仲間 Corbicula

岐阜県本巣市の席田用水

本巣市のホタル公園を流れる席田用水は「疏水百選」の全国疏水名鑑に掲載されている農業用水です。
http://inakajin.or.jp/sosui_old/gifu/a/23/index.html

<席田用水は、全国屈指の古い歴史を有している。(中略)一級河川根尾川より慣行水利権32tを取水しており、享禄3年6月3日の大洪水で氾濫し、藪川が新しくできた。その水を山口頭首工で取水し席田6割、真桑4割に分けられ今日に至っている。(後略)>

ホタル公園近くの農業用水路でカワシジミのサンプルを採取してから、根尾川沿いに北上し、この幹線水路の頭(山口頭首工)を見てきました。

「頭首工」というのは取水堰のことを言う技術(専門)用語です。英語でheadworksというものを直訳したようですが、取水堰というわかりやすい日本語を使わない理由がよくわかりません。

ちなみに長良川河口堰のような(ダムよりも堰堤高が低い)大規模な堰はbarrageと呼びます。

山口頭首工は、根尾川が山間部から扇状地に出たばかりの位置に設けられていました。まさに「山口」の位置になります。

堰の下流側で垂直でなく傾斜面が作られているのは魚道の機能を持たせているのでしょう。
e0094349_893956.jpg

下は堰の堰堤部とその上流側です。
e0094349_8113557.jpg

e0094349_81385.jpg

堰堤によって上流の水位が上がったところを川岸の頭首工に導き、用水路に流します。
e0094349_8145671.jpg

この堰堤の上の水深が思ったより浅いことが、投網をしていた人の姿からわかりました。

山口頭首工の水利権に関する標識です。
e0094349_8154561.jpg

ここで堰止められた水が堤防の下をくぐって下流の二つの水門に導かれていました。
e0094349_8161819.jpg

e0094349_8181259.jpg
e0094349_8182221.jpg

二本の水路の一方が席田用水、他方が真桑用水です。(マクワウリの原産地)
e0094349_8183134.jpg

下の写真は右側で根尾川と堤防で隔てられた水路(糸貫川)です。下流沿いにセメント工場がありました。
e0094349_8194635.jpg

ここから上流の山中までカワシジミ探索を続けましたが空振り。根尾川でアユ釣りの姿がちらほら見え、アユ料理の店が川沿いの道に点々とありました。

この用水に関する複雑な歴史が下のサイトで説明されていました。

「ふるさと岐阜の歴史をさぐる」No.9 
えっ! こんな所に、根尾川が流れているの?
-根尾川筋=席田用水の歴史探訪-
http://book.geocities.jp/gifurekisi/rekisi/no9.htm
[PR]

by beachmollusc | 2012-09-16 08:27 | 河川・水路・堰

岐阜、本巣のホタル公園

名古屋での5回目の会議に出るついでに、今回はセントレア空港駅から名鉄岐阜駅まで足を伸ばし、駅からレンタカーで本巣市のホタル公園の検分をしてきました。

このホタル公園と近くの市民プラザで毎年ホタル祭りが開催されています。

2012年6月 1日 (金) 初夏の風物詩 本巣市席田用水「ほたる公園」のホタル 
「花とほたる祭り」開催
http://tomo2008.tea-nifty.com/blog/2012/06/post-c5e4.html

祭りの時は公園が綺麗になっていたようですが、9月12日に訪れた時は公園内で草がボウボウでした。ホタルの出る2週間以外は利用されていない(利用しようがない)公園でしょうか。
e0094349_7473717.jpg

駐車場入り口の看板です。
e0094349_86840.jpg

どこの公園でもおなじみの「あれをするな、これをするな」の利用者対策です。利用者のレベルが透けて見えます。
e0094349_87392.jpg

ホタルではない不思議な虫の標識ですが、お尻が光っているのでしょうか。
e0094349_885234.jpg

この公園は揖斐川の支流である根尾川から取水堰(これは後に続くブログで紹介します)から導水している「蓆田用水」、川の名称は「糸貫川」の途中にあります。
e0094349_8112359.jpg

一級河川というのは複数の県にまたがって流れる、国土交通省が管理する大きい河川のことですが、このような支流から分水された用水路まで「一級河川」と呼ぶことには違和感を感じます。
e0094349_814470.jpg

糸貫川の流れは急流で、水路はコンクリート3面張りです。もし人が中に入ったら急流に乗ってはるかかなたまで運ばれるでしょう。
e0094349_8182475.jpg
e0094349_8183124.jpg

川をまたいでいる橋の名前が「ゲンジとヘイケ」となっていたのがご愛嬌でした。
e0094349_8172522.jpg
e0094349_817323.jpg

公園内にセセラギ水路が作られていました。しかし、水路に砂の堆積がほとんどなく、期待したシジミはゼロだったのみならず、ホタル幼虫の餌であるカワニナもまったく見られない、という不思議な所でした。この用水路の環境で、どうやってゲンジボタルが再生産できるのか、謎に包まれていました。
[PR]

by beachmollusc | 2012-09-15 08:20 | ホタル