beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
人気ジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2012年 10月 ( 12 )   > この月の画像一覧


ポポーの黄葉

2007年に最初に植えた(アメリカで作出された品種の)接ぎ木が3品種各1本と実生苗1本が成熟しています。

昨年は最初の果実を6個収穫し、今年は実生苗の1本から20余り収穫できました。

昨年、人の丈で実がついた接ぎ木の株は、今年は実が付かないで成長を続け、高さが3m以上になりました。これが来年は沢山の実をつけてくれるものと期待しています。優良品種で、実生よりも味がよい果実ができます。
e0094349_16473886.jpg

この木のてっぺんから黄葉が進んでいます。

昨年実ができなかった別の品種の1本も3mを超えたので、来年が楽しみです。これも黄葉が進行中。
e0094349_16523191.jpg

5年前に果実を取り寄せて食べた時に出た種から苗木を育てているものはまだ腰の高さです。ポポー園で30本あまり残っています。

昨年の実から取った種で作った苗が40本余りで、初夏に発芽してから紫外線よけして育てたものが黄葉していて、早いものは落葉しました。
e0094349_16582418.jpg

e0094349_16585346.jpg

今年の実から約150粒の種がとれたので、ポットの土に埋めて冬の低温暴露を待ちます。
e0094349_1703738.jpg

苗の成長が遅いのでポポー園の本格的な収穫は数年後からです。それまでは味見をする程度の果実が収穫できるだけです。
[PR]

by beachmollusc | 2012-10-30 17:04 | ポポー pawpaw

マイマイカブリ登場

玄関前をうろついている漆黒のマイマイカブリと遭遇しました。
e0094349_1432734.jpg

名前のとおりカタツムリの天敵です。

時々見かけていますが、写真撮影は初めてでしょう。
[PR]

by beachmollusc | 2012-10-28 14:33 | その他の昆虫

淡水シジミとタンポポ

11月に出版されるはずの本「帰化植物の自然史」(森田竜義 編著)北海道出版会、が配送され、まずは気になっていたタンポポの話とセイタカアワダチソウの章を読みました。アメリカネナシカズラも気になっていますが、それは後回し。
e0094349_14115439.jpg

セイタカアワダチソウについてはすでに知っていることが書かれていましたが、セイヨウタンポポの話では非常に面白い(知らなかった)情報が書かれていました。淡水シジミの問題と根本的に同様な「放浪種」の問題です。

236頁の締めくくり部分で下のような文が書かれていました。
e0094349_14204439.jpg

第11章 雑種タンポポ研究の現在(森田竜義・芝池博幸)から引用

淡水シジミの集団遺伝については肝心なところで不明な部分が多く残されていますが、このセイヨウタンポポの雑種形成と雄性生殖の話がよいヒントになるかもしれません。

人間による環境かく乱に対して不思議な集団遺伝と選択が働いて、身の回りに「妙な」集団が現れ出たり消えたりしているという現象があるのでしょうか。
[PR]

by beachmollusc | 2012-10-27 14:25 | シジミの仲間 Corbicula

ゲンジボタルの幼虫

6月25日にスタートした今年度のゲンジボタル幼虫(室内で30センチ水槽、循環ろ過飼育)を水路に放流するため、全数チェックしたら、孵化した約7000個体から1800個体あまりに減っていました。

生存率が約26%で、昨年度と似たような結果です。

今回は3令以上になったものを放流しますが、そこまで育ったのは約700個体でした。

バットの中に入れたら、明るいのを嫌って、隅に集まってお団子になっています。
e0094349_19241789.jpg

バットをゆすぶってバラバラにして撮影しました(これで500個体います)
e0094349_19285548.jpg

e0094349_19291260.jpg

計画では幼虫を放流する時期は1ヶ月前だったのですが、水路の環境整備ができずに延期を重ねていました。そして、その間は幼虫に餌を与えなかった(水質が極限状態だったため、余分な負荷をかけられなかった)ことが影響して、成長段階が予定より大幅に遅れています。

成長が遅れている1から2令の幼虫は室内飼育を継続です。適温で餌を十分に与えれば、年末には水路に放流される連中に成長が追いつくかもしれません。
[PR]

by beachmollusc | 2012-10-19 19:35 | ホタル

大雨の置き土産

今朝のGIビーチでは、大雨で流されたゴミが大量に打ちあげられていました。

葦の中でボールが笑っていました。
e0094349_1129469.jpg

ゴミの大部分が塩見川の中で群落をつくっている葦の枯れ葉です。
e0094349_11295671.jpg
e0094349_1130384.jpg
e0094349_1130945.jpg
e0094349_1130156.jpg

プラスチックなど人間の出したゴミが割合少ないのが幸いでした。
e0094349_11342058.jpg

かなり大型の円筒形のプラスチック・タンクが転がっていましたが、破損していました。
e0094349_11364739.jpg
e0094349_11365541.jpg

何かを飼育していたような木箱(40x60x40センチくらい)です。
e0094349_11381552.jpg

メッシュの窓枠が錠前で止められていたのが気になりました。中に何も入っていなかったようなので、そのままにしておきました。
[PR]

by beachmollusc | 2012-10-18 11:39 | 海岸

塩見川の河川水位

台風が南海上にあるときに、九州山地に東側から雨雲がかかって大雨になりやすい状況が生まれます。

過去には最大で1時間に80mm以上、降り始めからの累積雨量で約400mmの大雨で、自宅下を流れる奥野川が氾濫しました。

今回の雨は累積で120mmを超えたばかりですが、奥野川が氾濫する寸前まで増水しています。

奥野川が塩見川に合流するところから下流に約2km、河口から上流に約4kmの緑開橋で河川水位が観測されていて、データをオンラインでみることができます。

塩見川 緑開橋水位局の水位情報
http://suii.ezwords.net/id/03051152100065.html

基準値
  水防団待機水位 2.10m
  はん濫注意水位 2.70m
  避難判断水位 3.10m
  はん濫危険水位 3.30m

先ほど17日の10時前のデータでは、氾濫注意水位の下30センチまで増水していました。
e0094349_1085734.gif

上のグラフのように、塩見川の水位観測地点では潮汐サイクルで水位が上下します。

雨は午後にはあがる見込みであり、その頃は大潮の干潮になるので、塩見川が氾濫することはなさそうです。

国土交通省の川の防災情報:リアルタイム
テレメータ雨量  日向(気象)(ひゅうが)
e0094349_1028119.jpg

累積雨量が240mmを超えていました。
[PR]

by beachmollusc | 2012-10-17 10:17 | 日記

浜辺に咲く花

今朝の散歩で気がついた、GIビーチで咲き始めた花です。
e0094349_8302757.jpg
e0094349_8303853.jpg
e0094349_8304761.jpg
e0094349_830553.jpg

青紫から赤までいろいろな色調で変化に富んでいます。

マメ科植物のようですが、名前がわかりません。

山地ではハギの仲間が花盛りとなっていますが、それに近いものかしら。
[PR]

by beachmollusc | 2012-10-16 08:33 | 植物

うちの殿様

ゲンジボタルの幼生を室内飼育から屋外のホタル育成水路に移す準備を進めています。

応援隊のおかげで水路の周りの草刈が済み、水路に流している谷間の湧き水のパイプのつまりをトット君たちが清掃してくれたので、カワニナに餌を与えても水質悪化の心配がなくなりました。

湧き水を流している水路の出発点にはタヌキモを入れたメダカ池があり、その次に大型トロ箱のカワニナのプールがあります。このプールには「主」が棲みついています。

トノサマガエルの若い時は、緑がかった明るい体色ですが、この主は褐色になっています。
e0094349_16131455.jpg

このプールには、イボガエルやアカガエルが時々出現しますが、ヌシ君は定住生活者です。
[PR]

by beachmollusc | 2012-10-10 16:16 | その他の両生・爬虫類

ポポーの収穫

ホタル・シジミ水路の周辺で草刈りの応援隊がやってきて懸案の環境整備が進みました。

作業の休憩時間に、たまたま今日落果したばかりのポポーを参加者の皆さんに味わっていただくことができました。

下の写真のように果実が熟して落ちるところをネットの中でキャッチします。
e0094349_18402784.jpg

作業が始まる直前にキャッチしたポポーの実です。
e0094349_18425365.jpg

実を半分ずつに輪切りにしてスプーンで実をすくいとって食べました。
e0094349_18442991.jpg

ポポーの不思議な香りと味が皆さんを魅了したようです。
[PR]

by beachmollusc | 2012-10-07 18:46 | ポポー pawpaw

シマ・カラスヘビ

陽気に誘われたのか、ベランダでヘビが日向ぼっこしていました。
e0094349_122355.jpg

頭から体の前半分はシマヘビで尻尾のほうはカラスヘビです。
e0094349_12235639.jpg
e0094349_1224218.jpg

シマヘビの体色が黒くなったものがカラスヘビですが、この長虫君は変色の途上にあるようでした。

このような黒色化(melanism)は爬虫類では珍しくありません。

幼蛇に親蛇と違った色彩・模様が現れることも普通で、体色を決める因子は単純な遺伝だけではないようです。
[PR]

by beachmollusc | 2012-10-05 12:28 | その他の両生・爬虫類