beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
人気ジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2012年 12月 ( 8 )   > この月の画像一覧


長良川のシジミ漁獲量(謎)

長良川河口堰{1988年3月-堰本体工事着工;1994年-堰竣工;1995年7月-本格運用開始}は長良川の汽水環境を破壊し、汽水域に棲むヤマトシジミ漁業に大きな影響を及ぼしています。しかし、木曽川と揖斐川の漁場が存続しているため、利根川のような資源の壊滅状態までには至っていません。
e0094349_8335914.gif

上のグラフは水産庁がネット上で公表している漁獲統計:内水面漁業生産統計調査
http://www.maff.go.jp/j/tokei/kouhyou/naisui_gyosei/index.html#r
から木曽三川(内水面)のシジミに関するデータを抽出して作成したものです。

不思議なことに、2009年までの年間漁獲量が1トンの水準で推移していたのが2010年に8トン、そして2011年には121トンと急激に増大しました。

木曽三川のシジミ漁業の漁獲量統計では、内水面漁業と沿海漁業の統計が別々に集計されています。これは、河川の漁協だけでなく、沿岸部でハマグリやアサリなどの魚介類の漁業、そして海苔養殖などを営む漁協がシジミ漁業を行っているためです。水産庁の漁獲統計では組合単位で集計されているため、行政上別々となっている河川漁業の組合と海面漁業の組合の集計カテゴリーが別個になります。

水産庁の沿海漁業のデータにはシジミが「その他の貝類」の項目に含まれているので、公表されている集計値からシジミの分を読み取ることができません。

日本水産資源保護協会がネット上で公表した{わが国の水産業 やまとしじみ}
http://www.fish-jfrca.jp/02/pdf/pamphlet/094.pdf
では木曽三川の沿海と内水面のシジミ漁獲量が1965年から2009年まで統計表に示されていて、これをグラフにしたのが下の図です。
e0094349_85115100.gif

内水面よりも沿海漁協の漁獲量が大きいことがわかります。

下の地図は木曽三川のシジミ漁場、主な操業区域を示したもので、日本水産資源保護協会の資料から引用しています。
e0094349_962885.jpg

長良川のヤマトシジミについては、河口堰の上流部で淡水化されて漁場が消滅し、下流側では堰のすぐ下流で揖斐川と合流するので長良川として独自の漁場がほとんどありません。

H7-10 年に長良川の河口から10-12kmの部分でヤマトシジミの稚貝が揖斐川から移植放流されましたが、漁獲されるまで生育しなかったので放流は継続されていません。

以上のように、長良川のシジミ漁場は2000年代までにほぼ消滅したので内水面で漁獲された量が1トン以下の水準であったことは当然だったと思われます。

それが2010年から急増したことは何を意味しているのでしょうか。

水産庁の内水面漁業の統計値の集計票には長良川と揖斐川が合流する部分(揖斐・長良川)が区別されていないようです。この境界部があいまいにされているため、長良川と揖斐川のそれぞれの集計値が明確にならないとも考えられます。

あえて勘繰れば、長良川河口堰の開門調査をめぐって愛知県が動き出したことを牽制する数字を編み出しているのかもしれません。

それにしても、2011年の統計値で、揖斐川と長良川で増大しているのに木曽川の漁獲量の落ち込みが激しいようです。ただし、沿海漁協のデータがどうなっているのか詳細を調べないと実態はわかりません。
[PR]

by beachmollusc | 2012-12-31 09:21 | シジミの仲間 Corbicula

みごとな紅葉

海岸は比較的暖かいので、ドッグランのGIビーチの周囲では紅葉のピークが遅れてきたようです。

例年と比べて今年のハゼの木の紅葉がとくに鮮やかです。まさにハゼモミジ!
e0094349_18131614.jpg

葉が黄色になっているものも鮮やかなので、美しいコントラストが楽しめます。
e0094349_181398.jpg

[PR]

by beachmollusc | 2012-12-23 18:16 | 海岸

サルナシとツルウメモドキのリース

さるなしの里の会長代行さんが製作して地元の直売店で販売されていたリースを購入して玄関前に飾り付けました。
e0094349_15354922.jpg

クリスマス・リースと正月のしめ縄飾りをかねさせます。

ネット検索をしたら、サルナシの蔓はリース作りに利用されているようです。一方、ツルウメモドキのリースは商品となっていてネットでも販売されています。

実がついたサルナシとツルウメモドキをせっとにしたこのリースはさるなしの里のオリジナルでしょう。
[PR]

by beachmollusc | 2012-12-21 15:47 | サルナシとマタタビ

カイツブリの仲間?

自宅のすぐ脇を流れている奥野川にダイビングが上手な水鳥が出現。

非常に用心深くて接近できないため、300ミリ望遠レンズをつけてデジタル一眼レフを出動させました。

写真のできはよくありませんが、一番ましなショットです。
e0094349_17365835.jpg

ただのカイツブリは奥野川が合流する塩見川に飛来しますが、それとは違う鳥です。

潜水して泳ぎ回っている姿は見とれてしまうほど美麗ですが、残念ながら写真は撮れません。

近くにいつものアオサギ君がいました。
e0094349_17405086.jpg

今日は温度が上がり、ヤマアカガエルの大合唱ですので、うちのアオ君、かなり張り切っていました。
[PR]

by beachmollusc | 2012-12-16 17:43 |

ツルウメモドキ

野生の蔓から枝をとり、挿し木で苗を作って育てたツルウメモドキに今年から実が着き始めています。
e0094349_12105697.jpg

黄色い鞘の中から真っ赤な実が顔を出しています。
e0094349_12104194.jpg
e0094349_12102516.jpg

ちょうどクリスマスの時期に美しく見えるので、実がついたかずらがリース飾りに使われているようです。

サルナシ類の栽培と平行して、ポポーの風除けフェンス仲間としてこの蔓も栽培することをテストしています。

これを専門に栽培しているところがあります。
http://k-a-yume.com/sub1.html

上のサイトから花言葉の引用です:

ツルウメモドキの花言葉は、《大器晩成 》 秋が深まって周りの花が途絶えた頃にひときは鮮やかな実なんで、こんな言葉になったとか?
[PR]

by beachmollusc | 2012-12-11 12:17 | 植物

地球寒冷化

今朝の日向の山の中は冬将軍の襲来で一面が真っ白の霜景色となりました。

カーポートの下にあっても、車の窓に氷の結晶がはりついて、樹氷ならぬ車窓氷です。
e0094349_1137321.jpg

ミッキーの飲み水に氷が厚くはっていました。

半世紀前の学生時代には「氷河期がやってくる」という話が全盛でしたが、いつのまにか「地球温暖化」説がはびこってきました。

地球の気候は温暖と寒冷の間を揺らいで変動しています。現在は数百万年前に始まった氷河時代の中での温暖期(間氷期)です。これが氷期に向かって寒冷化するのは時間の問題と思われていますが、日本では政治的な思惑で温暖化(問題)が特別に強調されてきました。
[PR]

by beachmollusc | 2012-12-10 11:38 | 日記

GIビーチのツワブキ

海岸のツワブキが花盛りです。
e0094349_12265598.jpg

山地のツワブキよりも咲くのが遅いのは海岸が暖かいからでしょうか。
[PR]

by beachmollusc | 2012-12-03 12:27 | 植物

山ノ神山のシマサルナシ

延岡市の北川と北浦の境界となっている尾根筋の林道脇で数年前に見つけたシマサルナシの実のつき具合を調べてきました。同行したのは木登りが得意なKさんですが、高切り鋏で届く高さに鈴なりでした。
e0094349_15402376.jpg

e0094349_15405285.jpg
e0094349_15404494.jpg

山ノ神山の標高約500mに生育しているシマサルナシが大量の実をつけていました。

12月8日に「おどろきのさるなし」の講演会で見せることができそうな写真を撮影しましたが、小雨の中だったので画像がすっきりしません。

この株の実は、熟しはじめた、やわらかい実が少しあり、鳥がつついた形跡もあったので、ちょうどよいタイミングでした。

近くの別の株も大量に実をつけていましたが、硬い実ばかりでした。それが熟すのは年明けでしょうが、その頃にはヒヨドリなどの鳥が食べてしまうので、2週間後に再び訪れて収穫する計画です。
[PR]

by beachmollusc | 2012-12-02 15:49 | サルナシとマタタビ