beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2013年 01月 ( 10 )   > この月の画像一覧


ヤナギの花

厳しい寒さが続いていますが、梅のつぼみが膨らみはじめ、ヤナギの開花が始まっています。

とんがり帽子の下からヤナギの花芽が顔を出しています。
e0094349_9492616.jpg

帽子を脱ぎ捨てると現れる、ふわふわした綿毛に包まれたつぼみです。
e0094349_9491899.jpg

蛍水路にそって挿し木苗を植えてあったものですが、柳の木が良く育ちました。
e0094349_9522121.jpg

ホタルの成虫が昼間に休憩する大切な柳です。
[PR]

by beachmollusc | 2013-01-30 09:53 | 植物

ヒキガエルの卵塊

カエルの仲間を英語でくくるとfrogとtoadがあります。

ピョンピョンはねるカエルたちはfrog{the family Ranidae}で、その代表がトノサマガエルなどのRana属、それに対してノソノソ歩く仲間のtoad{the family Bufonidae}の代表がヒキガエルのBufo属です。

両者の違いにはいろいろありますが、卵塊の姿がまったく異なります。

昔はヒキガエルがもっとも身近な存在だったことから、太い紐状のジェリーに包まれた卵塊が(オタマジャクシが孵化する)カエルの卵の代表だったと思います。学生時代に動物の解剖実習で体の構造を詳しく勉強した記憶が残っています。

しかし、近年はヒキガエルが全国的に「絶滅危惧」となっていて、紐のような卵塊を見ることは珍しくなっているはずです。宮崎県ではニホンヒキガエルが「準絶滅危惧種」に認定されています。
e0094349_10372136.jpg

今朝は放棄水田を湿地にしているところにヒキガエルの卵塊を見つけて驚きました。
e0094349_10373676.jpg

ジェリーの紐の中でオタマが発生中です。

同じ湿地内にはヤマアカガエルの卵塊がびっしりと産みつけられています。
e0094349_10391236.jpg
e0094349_1039472.jpg

アカガエルとヤマアカガエルが冬場に産卵することは見慣れていますが、ヒキガエルが真冬の今頃に産卵するとは驚きです。
[PR]

by beachmollusc | 2013-01-26 10:51 | その他の両生・爬虫類

さるなしの里にラジオ取材

日向市美々津の山中でシマサルナシを中心にした里山つくりを進めている「さるなしの里」にMRTラジオのスクーピーが取材に来ました。真っ赤なホンダ・インサイト(ハイブリッド車)に番組キャラ(ミーモ)が描かれていました。
e0094349_1822613.jpg

真っ赤な衣装のスクーピーレポーターさんと一緒にサルナシの里会長の黒木巌さんと会長代行さんが記念スナップです。
e0094349_18261535.jpg

放送時間はたった4分間でしたが、そのための情報交換が1時間ぐらいです。私はサルナシについて解説を頼まれました。
e0094349_18282696.jpg

真新しい「さるなしの里」の看板ができていて、掲げられるのを待っていました。
[PR]

by beachmollusc | 2013-01-25 18:29 | サルナシとマタタビ

逆ツララ

自宅から100mほど南に奥野川の河川プールがあります。

今朝の冷え込みで、このプールの「水飲み・足洗い場」に逆向きのツララができていました。
e0094349_982920.jpg
e0094349_982134.jpg

足洗い用の蛇口から水滴がもれていて、それが凍って上向きに「成長」した結果で、その高さが30センチを超えていました。

蛇口が凍結すれば水滴が落ちません(撮影時:午前8時頃には水滴は落ちていませんでした)から、この逆ツララが成長するためには、冷却のための微妙なバランスが必要です。
[PR]

by beachmollusc | 2013-01-19 09:13 | 日記

富士山

e0094349_10232276.jpg

新幹線の車窓から望む
[PR]

by beachmollusc | 2013-01-15 10:23 |

雪景色

e0094349_938365.jpg

さいたま市の母宅の庭にて
[PR]

by beachmollusc | 2013-01-15 09:38 |

東京は雪

e0094349_9181232.jpg

東京駅の大丸八階にあるイノダコーヒーでランチ。

追記: 気象庁の予報と異なり、大雪となってJR各線が運行できなくなりました。

京浜東北線が架線が切れて復旧の見込みが立たずとなり、持っていたタブレットで各線の運行状況をチェックしながら帰還経路を調べました.リアルタイムでネット情報が見られるのは便利です。

東京駅から南浦和に戻るため、まず地下鉄丸の内線から後楽園駅で南北線に乗り換え、その延長である埼玉高速鉄道で東浦和まで出て、運転再開した武蔵野線で無事帰還しました。休日の午後だったので通勤ラッシュがなかったのが不幸中の幸いでした。
[PR]

by beachmollusc | 2013-01-14 11:50 | 日記

カラスのペア

山間部で見かけるカラス(ほとんどがハシボソ)はつがいでいることが多いように思えますが、海岸で定住している連中は組み合わせがよくわかりません。個々のカラスの識別はかなり難しいのが観察上の難点です。
e0094349_1835646.jpg

上の写真の手前が、パンくずを与えると一番近くまでよってくるハシブト君です。こいつは別のカラスたちより一回り大きく、日に当たった羽がテカテカに美しく光ります。

この大将はパンを投げると嘴でナイスキャッチしますが、それを頬袋に溜め込んでから後ろに控えている(多分)嫁さんのところまで、二足歩行でひょこひょこと進み、口移しにパンを与えます。

鳥が繁殖期につがいの間で餌のやり取りをすることはBBCのアッテンボロー・シリーズの鳥の生態ビデオで見ていましたが、ハシブトは今が繁殖期なのかしら。
[PR]

by beachmollusc | 2013-01-07 18:11 |

寒波とミッキー

バーニーズ・マウンテンドッグのミッキーはふわふわのアンダーコートのおかげで冬は元気いっぱいです。
e0094349_8431044.jpg

今朝は屋内温度が冷蔵庫の中より低くなり、玄関前の犬小屋の屋根に霜が降り、飲み水に氷が張っています。
e0094349_84558.jpg

木製のポストの屋根が腐ってしまったのでアルミ製に交換したものに霜が凍り付いていました。
[PR]

by beachmollusc | 2013-01-06 08:49 | ワンコ

タブノキの虫こぶ

サルナシとポポーの果樹園の防風用に常緑樹であるタブノキとクスノキを植えています。
e0094349_10571054.jpg

e0094349_1056515.jpg

タブノキの葉裏に妙なものが付着していることに気がついて、調べてみたら虫こぶであることが判明しました。

日光に当たると緑から赤に変色するそうです。
e0094349_1058954.jpg
e0094349_105815.jpg

植物にできる虫こぶの多くは異形であったりよごれた感じがしますが、これは形も色も美しいものです。
[PR]

by beachmollusc | 2013-01-01 11:03 | 植物