beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2013年 02月 ( 13 )   > この月の画像一覧


春の息吹

昨日、今年最初のウグイスの鳴き声が海岸で聞こえましたが、今朝は自宅周辺でもあちこちで聞こえました。
e0094349_10502465.jpg

冬の間は小さかったヨモギがいつのまにか一斉に大きくなっています。上の写真は砂の上に出てきたもので、これを見てヨモギの放置栽培のヒントになりそうです。
e0094349_1055203.jpg

アザミはロゼットの姿で越冬していたのが、上に向かって茎を伸ばし始めています。

谷間のシキミ畑にも春の気配が感じられます。ここでは杉が密林になっておらず、点在している姿が素敵です。

梅が1本だけ花を咲かせている後ろには、左側に竹藪、右側に落葉しているクヌギ林があります。
e0094349_10565443.jpg

背景の山の斜面は照葉樹と落葉樹の混合した自然林で、秋にはまだらに黄葉します。そして新緑が芽を吹いて眼を和ませてくれるのはまだ先になります。残念ながらこの場所では山桜はごくわずかです。

照葉樹林は杉の人工林と大差がなく、一年中暗い緑色なので魅力が感じられません。

朝鮮半島から日本列島に移住してきた人々が南九州をパスして、本州中部に移っていった理由の一つは照葉樹林の恵みが乏しかったからかもしれません。
[PR]

by beachmollusc | 2013-02-28 11:08 | 日記

獣よけフェンス

日向市の塩見地区にある奥野川沿いの谷津田は、市役所から車で15分もかからない、いわゆる「中山間地」にあります。その一番奥まった田んぼの脇の林道がミッキーといつも歩いている散歩道の一つです。
e0094349_10593162.jpg

e0094349_1143985.jpg

今朝の散歩で発見したものは、かねてから聞いていた猪・鹿対策のフェンス設置資材です。
e0094349_1143075.jpg

e0094349_1152130.jpg

値段がよさそうな、鉄筋のような杭と金属メッシュ(さび止めされている?)しっかりした資材ですが、これは市役所が無償で配布しているはずです。おそらく農水省の補助金でまかなわれていると思います。ただし、フェンスの設置作業は田んぼの持ち主がやることになっていると聞きました。

ここでは田植えから稲の刈り取り前に電撃柵が部分的に張られていました。またプラスチックの網も使われていましたが、猪はそれをものともせずに侵入していたようです。

e0094349_11131549.jpg

近所のKさんが手押し耕運機で作業中でした。この谷津田で、外の皆さんはトラクターを使っています。
e0094349_112239.jpg
e0094349_1115461.jpg

この谷間をテリトリーとしているカラスのペアが、耕運で何か幸運な餌がでてこないかと待機していました。

Kさんは高齢ですが、とても元気で、毎日自転車か徒歩で谷津田や畑に出て農作業をやっています。しかし、この農地を守るべき跡継ぎはいないようです。
[PR]

by beachmollusc | 2013-02-25 11:16 | 田んぼと里山

ぬた場

わが家のすぐ下の湿地には、猪と鹿がよく遊びに来て土を耕してくれます。ここでは春に蝶が舞うので「猪鹿蝶」の役ができます。

今は狩猟シーズン中、ハンターが近隣を徘徊していて、夏場ほど賑わいませんが一昨晩から猪が来て、ぬた場を作っています。
e0094349_1045794.jpg
e0094349_10445897.jpg
e0094349_10445196.jpg

何を狙っているのかよくわかりませんが、時間間隔を置いては繰り返して仕事をしてくれます。
[PR]

by beachmollusc | 2013-02-24 10:48 | 田んぼと里山

オタマがウヨウヨ

近所の谷津田の脇で、湧き水の中で生まれたヤマアカガエルのオタマが孵化しています。
e0094349_1635583.jpg

斜面から染み出るわずかな水量で維持されている水溜りの中で、産卵から時間をかけて孵化しました。
e0094349_16354669.jpg

卵塊の中から出たばかりの連中は密に集合しています。
e0094349_1637348.jpg

別の卵塊から前に出たものをしだいに分散していますが、この水溜りは狭いのです。
e0094349_16384051.jpg

何を食って育つのかよくわかりませんが、泥の上の藻類かもしれません。
[PR]

by beachmollusc | 2013-02-23 16:41 | その他の両生・爬虫類

ロシア産シジミ

日向市内のスーパーで販売されているシジミに「ロシア産」の表示がされていたので、購入してチェックしました。
e0094349_11273587.jpg
e0094349_11272742.jpg

小売価格の100グラムが128円というのは、かなり高くなっているはずです。

ロシアから輸入されているシジミの価格は、2012年の統計でキロ当たり127円ですから、複雑な流通経路を渡った挙句、消費者に届く時は10倍の値段となっています。
e0094349_11412370.jpg

ラップをはずして見ると、殻はヤマトシジミの特徴を示し、一部の個体はべっ甲色です。見かけだけでは国産のヤマトシジミと識別が難しいので、産地偽装が簡単にできるでしょう。北朝鮮や韓国のヤマトシジミとも区別が難しいと思います。
e0094349_11375080.jpg

e0094349_1141662.jpg
e0094349_11405637.jpg

ゆでて殻を開けて中身を検査したら、全部で41個のうち、死殻が1個、すでに死にかかっていたのが1個、そして残りも殻はわりと大きいのですが、身がやせているものばかり、しかも中の「泥」をよくはかせていないようでした。
e0094349_11443891.jpg

このような状態では、そのまま汁に調理もできないでしょうし、(水に入れて砂を吐くかどうかチェックしませんでしたが)おそらく弱っているのでしょう。購買者からかなりクレームが出るはずです。

国内産シジミの漁獲量が全国的に激減して価格が上昇し、海外からの輸入も中国と韓国からは途絶えつつあり、北朝鮮からは輸入禁止です。そしてロシア産が輸入の大部分を占めているので、田舎のスーパーの店頭でお目見えしたわけです。ロシア産シジミの輸入がいつまで続くのかも雲行きが怪しそうです。

前のブログでシジミの輸入統計を紹介しましたが、そのグラフを再度出しておきます。
e0094349_1157401.gif

[PR]

by beachmollusc | 2013-02-21 11:52 | シジミの仲間 Corbicula

熊本県甲佐町の水路と淡水シジミ

熊本県の甲佐町は自称「花と緑とアユの町」ですが、知名度はクマモンほど高くはないようです。

この町内の五色山の農業水路で淡水シジミを採集したことを書いたブログ記事を見た地元の緑川漁協の職員さんからメールでの問い合わせがありました。

町内の水路でシジミがとれるところがあり、それについて漁業権を設定したいという理事さんがいるので、その要件となる資源管理のための調査をしたいという話でした。

今日の訪問は現地の様子を見るために短時間の訪問であり、あいにく雨が降って水路がかなり増水した後だったので、シジミ資源の状況把握はできませんでした。
e0094349_21413795.jpg

農水省の補助事業で、農業用水路の親水公園化が行われていた場所がシジミ産地の一つとされていましたが、日本中どこでもおなじみのコンクリート3面張りの水路でした。
e0094349_2143092.jpg

護岸の一角にただ回るだけの水車を配置し、水路をまたぐ橋などもありました。
e0094349_215487.jpg

水路の中にアユのやな場、そして岸に料理店があって、アユの名所をうたっています。
e0094349_21444196.jpg

一部で泥の中にわずかな数のシジミが見つかりましたが、生育環境としては全体的に劣悪で、残念ながら砂が堆積できるような環境ではありませんでした。
e0094349_21481421.jpg

その外、別の水路も見ましたが、環境条件は同様です。以前調べた五色山のふもとの水路も同じでした。
[PR]

by beachmollusc | 2013-02-19 21:41 | シジミの仲間 Corbicula

庵川干潟の貝類

干潟の貝類調査で採集された主な二枚貝類を種類ごとに紹介します。

干潟の面積が1万平方メートルあまり、そして方形枠での採集面積は全部で3.75平方メートルしかありませんでした。つまり、わずか干潟の0.03%程度を調べただけです。
e0094349_834999.gif

上の地図は模式的に描いています。3本の調査側線のそれぞれの間隔は20m、定点の間隔は25mで、全体として干潟の西側に偏って調べました。

各採集地点で枠内に見られた貝の種類と数、大きさはテンデンバラバラですから、それぞれの貝がこの干潟でどれくらいの個体数で生息しているのか、生息密度と面積をかけて推定しても精度は極めて低いものです。さらに網袋のメッシュが約5mmですから、ごく小さい個体は採集されていません。

ハマグリは3本の側線のうちもっとも東側の1本だけでみつかり、線上の5地点中3地点から大小合計4個体でした。
e0094349_11164561.jpg

1平方メートル当たり約1個体の密度なので、干潟全体の生息密度が同じであったとすれば、網目にかかる大きさのハマグリの数は1万個体のレベルとなります。ただし、この貝は稚貝が粘液糸を出して流れに乗って移動する習性があるため、集中分布している場所があるはずです。

スダレハマグリは合計6個体で、中央の側線に集まっていました。
e0094349_11293898.jpg

アサリとシオフキは3本の側線全部でほぼ満遍なく現れ、それぞれ40~50個体、つまり1平方メートル当たりに10個体以上の生息密度でした。干潟にはおそらく10万個体のレベルで生息しているでしょう。

下はアサリの大きい個体だけの集合写真です。殻の色彩・模様に個体変異が激しいのはアサリが二枚貝の中のチャンピオンです。
e0094349_11343668.jpg

次はシオフキの大きい個体の集合写真です。
e0094349_11344566.jpg

サクラガイの仲間がかなり数多く採集されていますが、これは食用にならず、潮干狩りで相手にされません。多分ユウシオガイという貝です。
e0094349_11405530.jpg

この貝も同じ種で個体による殻の色彩変異が見られます。ピンク、黄色、そして白に分かれているようでした。外海の砂浜に多いカバザクラというサクラガイの仲間でも同様な色彩変異があります。

シオヤガイは泥干潟に多い南方系の二枚貝です。
e0094349_11474423.jpg

オキシジミも南方系で泥干潟の貝です。
e0094349_11501283.jpg

沖縄の干潟でオキシジミは泥に深く潜っていて、干潟の表面を鉄筋棒で突くと、泥の中の貝が反応して潮を砂泥の上にぴゅ-と吹あげます。表面から深さ5センチくらいまで掘って採集した中に大きい個体が1個出てきて、びっくりしました。

沖縄ではこの種をハマグリと呼ぶ人たちがいて、調査で混乱しました。鹿児島では牛のひづめと呼ばれていました。シジミという名前がついていますが、シジミの仲間ではありません。

2007年の宮崎県のレッドリストの改定で、干潟の貝類の多くが追加されています。
http://www.pref.miyazaki.lg.jp/contents/org/kankyo/shizen/reddatabook/2007kaitei.html

このリストに追加された二枚貝の中にハマグリ、オキシジミ、シオヤガイ、スダレハマグリ、シオヤガイ、ユウシオガイが含まれています。また、今回の採集調査で1個体だけ出てきたソトオリガイもリストに含まれています。
e0094349_1255484.jpg

以上のように、今回の調査で採集された二枚貝の大多数がレッドリストに含まれます。

宮崎県沿岸は熱帯性の貝類の北限分布域となっていて、干潟が少ないため、このような貝類がのきなみ絶滅危惧種となっているのです。
[PR]

by beachmollusc | 2013-02-15 12:11 | 海岸

庵川干潟のハマグリ

13日の午後、干潮の門川町の庵川干潟で門川高校の生徒さん十数名と監督の先生3人で3つの班に分かれて貝類の生息調査を行いました。

海岸線の長さと奥行きが約100mほどの小さい干潟ですが、宮崎県内では唯一の砂質干潟で、宮崎県のレッドデータに掲載されているハマグリなどが生息している貴重な場所です。

規模が小さいので貝類は漁業の対象とならず、地元の漁協がよそからハマグリやアサリを持ってきて放流するような「ばかげた」遺伝子かく乱や寄生生物、病原体などの導入はやっていないようです。

この調査は干上がった干潟の上に一定の間隔で50センチ四方の「方形枠」をおき、その中にいる貝を砂ごとスコップで堀って、網袋(約5mmメッシュ)に入れて海水中で砂を洗い流してから礫の中から貝を拾い出すという仕掛けです。

生徒たちは、はじめて経験する調査活動でしたが、よい天気にも恵まれて、楽しんだと思います。

4,5年前はハマグリやアサリがかなり高密度で湧いて、潮干狩りを楽しむ人が多かったのですが、今年はわずかなので、貝も少ないだろうと予想していました。

干潟の中央部で岸から沖に向かって25m間隔で採集した1枠ずつ(全部で5枠)の獲物を紹介します。

海岸の干潟の平坦面が始まるところを0mとして、25m, 50m, 75m, 100mの各地点です。
e0094349_2159221.jpg
e0094349_21591526.jpg
e0094349_2159812.jpg
e0094349_2159157.jpg
e0094349_21585487.jpg

背景のメッシュは5mm方眼です。

ハマグリは0、25、75m地点で合計4個見つかり、アサリは50,75,100m地点で合計18個、シオフキが合計17個、サクラガイの仲間が7個、その他はオキシジミ、シオヤガイ、カガミガイ、種の査定はこれからの二枚貝がそれぞれ1個ずつでした。

他の2本の調査線上ではハマグリは出てこず、アサリとシオフキが主体でした。

スダレハマグリは上の写真の側線では出ませんでしたが、他の二つの線上では1個と2個、合計3個体が採集されました。

この干潟には転石の多い場所があり、そこにはケマンガイがいますが、今回は調査地点に含まれていません。

この干潟全体でどのくらいの数の貝がいるのかは、もっと綿密に調査枠の数を増やして全域をカバーしなければなりません。今回は予備調査として本格調査のデザインを考えるための準備でした。
[PR]

by beachmollusc | 2013-02-14 22:15 | Meretrix ハマグリ

アユの稚魚漁(塩見川の河口沖)

快晴のGIビーチにミッキーと散歩するために出かけ、砂浜のすぐ沖でアユの稚魚を捕獲している漁船の様子を見ることができました。
e0094349_17112959.jpg

e0094349_17115682.jpg

2隻の船が網を曳いています。うねりの波が砕けはじめるすぐ沖ですから、水深はごく浅いはず。
e0094349_17133193.jpg

海岸に平行してゆっくり網を曳き、最後尾の袋網に魚を集めていました。
e0094349_17143495.jpg

船に網を手繰り寄せて捕獲し、随伴していた?運搬船に移すのでしょうか。
e0094349_1716177.jpg
e0094349_1716985.jpg
e0094349_1716098.jpg

大波に揺られながらの操業です。今日はこれでも波が穏やかで、サーファーが来ていません。

動画を撮影してYOUTUBEにアップしておきました。
http://youtu.be/Yj4zGsdnKlg
[PR]

by beachmollusc | 2013-02-10 17:17 | 海岸

中国のシジミの産地、太湖の環境問題

中国産シジミの輸入量が10年前までは年間1万トン以上あったのが、その後ドンドン減少し、前のブログで紹介したように2012年にはなんと300トン台になっています。

国産シジミの漁獲量が減少し、それを補うように一時期は国内生産量を超えていた全輸入量も激減しています。最近ロシア産のシジミの輸入が増えていますが、それがいつまで続くものかわかりません。

中国で漁獲されるシジミ類の量が大幅に減少していることは確かでしょう。その背景を探るため、ネット情報、特に信頼できる国際的なレベルの学術論文を探して見ました。

中国から日本に輸出されるシジミ類の産地として太湖(揚子江に近い、面積が3番目の水深が浅い淡水湖)が有名です。太湖は英語でLake Taihuと表記されているのでそれをキーワードとしてGoogle Scholarで検索して下の報告を見つけました。

題目 Controlling harmful cyanobacterial blooms in a hyper-eutrophic lake (Lake
Taihu, China): The need for a dual nutrient (N & P) management strategy

著者 Hans W. Paerl, Hai Xu, Mark J. McCarthy, Guangwei Zhu, Boqiang Qin, Yiping
Li, Wayne S. Gardner

雑誌名 Water Research Volume 45, Issue 5, February 2011, Pages 1973–1983

http://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0043135410006585

論文要旨の中に下のような文章があります:
This shallow, hyper-eutrophic lake has changed from bloom-free to bloom-plagued conditions over the past 3 decades.
(この浅い超富栄養湖では、過去30年間に、アオコの発生がない状況から、それが頻発するように変化した。)

水中の窒素や燐が増えた、富栄養化した湖などで、植物プランクトン、特にシアノバクテリア(藍藻とも呼ばれる)の大繁殖で湖面を緑に変色させるのがアオコです。シアノバクテリアの種類によっては毒物を生産して水を毒化させるので健康被害が起こります。魚類や貝類が死滅することもありえます。

上の論文中の写真、アオコで全面が覆われた太湖を引用します。上は衛星写真です。
e0094349_1633425.jpg

Fig. 1. Upper: Satellite (MODIS) image of Lake Taihu, the nearby cities of Wuxi (N), Souzhou (E), and Shanghai (E), near the mouth of the Yangtze River on 7 June, 2007, when a massive cyanobacterial (Microcystis spp.) bloom that covered almost the entire lake (image courtesy NASA). Lower: Photograph of a Microcystis bloom on the north side of the lake on 24 October, 2009 (photograph by H. Paerl).

太湖だけでなく、中国各地の湖の環境悪化については多くの報告があり、それが近年増え続けています。

中国の汽水産ヤマトシジミの産地情報はまだ把握していませんが、中国産のハマグリ類の輸入量の減少から類推すれば、河口、干潟など沿岸域の環境悪化が進んでいることが想像できるでしょう。

日本国内でシジミなどの貝類の漁獲量が減少しても、海外から輸入すればよいという考え方は捨て去るべきです。自然の恵みを持続的に利用することを軽視して資源をはぐくむ環境を改変・破壊する社会は自滅の道を進んでいるのです。
[PR]

by beachmollusc | 2013-02-09 16:09 | シジミの仲間 Corbicula