「ほっ」と。キャンペーン

beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
人気ジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2013年 03月 ( 11 )   > この月の画像一覧


ポポーの開花

e0094349_10115837.jpg

家の周りで山菜取りの人たちが徘徊する新緑の季節になり、庭ではポポーが咲き始めています。
e0094349_1014928.jpg
e0094349_1014139.jpg
e0094349_10134611.jpg

大きくなったポポーの木が3本ともたくさんの花をつけていますので、順調に行けば秋の収穫祭りが楽しみです。
e0094349_10161567.jpg

サクランボの木も実がびっしりと付いていて、実の収穫が期待されます。

今年もタイミングをはかって網をかぶせ、ヒヨドリに食われるのを防ぐ計画です。
[PR]

by beachmollusc | 2013-03-29 10:17 | ポポー pawpaw

水田を荒らすコブハクチョウ

宮崎空港のすぐ南で、220号線を走っていたところ、田植えが終わったばかりの水田の中にコブハクチョウのペアが眼に入りました。
e0094349_18475090.jpg

そこで、農道に出てペアに接近したら、すぐ飛び立って近くの川に移動しました。
e0094349_1849433.jpg
e0094349_18493538.jpg
e0094349_18492798.jpg

田んぼで泥だらけになった身体を川の中で洗っていました。

YOUTUBEで動画をどうぞ:http://youtu.be/EhosZGFriG4
[PR]

by beachmollusc | 2013-03-28 18:56 |

阿蘇と久住

心地よい天気に誘われて、久住と阿蘇めぐりのドライブを楽しんできました。

日向市から北川まで自動車道が開通しているので、高千穂経由ではなく、三重、竹田経由で久住に向かいました。桜の花は、高度によって、咲き始めのところからほぼ満開まで。

久住の中腹にある(標高約900m)駐車場で見た久住の山は青空にくっきりそびえ、野焼きされて黒くなった裾の原、そして枯れ草の広がった茶色の中腹斜面のコントラストが見事でした。
e0094349_1923933.jpg
e0094349_1923263.jpg

阿蘇の山並みはくすんだ空気の中にぼんやり見えました。
e0094349_193501.jpg
e0094349_1934345.jpg

せっかくの展望がぼやけていたのは某国から飛来している微細粒子のおかげかもしれません。
e0094349_1984362.jpg
e0094349_1983698.jpg

小国のあたりで見かけた赤牛の姿ですが、不思議な飼い方ですね。

今回は、阿蘇方面をめがけて、初めてミルクロードという農道を突っ走ってみました。巨大で変な色の風車が1基だけ回っていたのが異様でした。面白くなかったので写真はなし。
[PR]

by beachmollusc | 2013-03-21 19:10 | 日記

隙間から出るツクシンボウ

春の訪れを告げるスギナとツクシが舗装された林道とU字溝の狭い隙間から頭を出していました。
e0094349_12365785.jpg
e0094349_12364862.jpg

このような、わずかな隙間に根を伸ばしている道端の植物には、ヨモギやスミレの類など色々あります。
e0094349_12385861.jpg

ドクダミの葉も出ています。
[PR]

by beachmollusc | 2013-03-19 12:39 | 植物

塩見川に白鳥が飛来

さきほどミッキーの海岸散歩からの帰路に国道327号線を走っていたらを塩見川に大きい白い鳥がカモたちに混じって水の中に首を突っ込んで餌をあさっている姿を認め、土手道に移動して撮影しました。
e0094349_17164188.jpg
e0094349_17163383.jpg
e0094349_17162680.jpg

コンデジで撮影し、白鳥の姿をクロップしたので画像は不鮮明です。

2009年から2010年にかけて塩見川にやってきたコブハクチョウより小型であり、人の姿に警戒するので飼育されていたものではなさそうです。

コハクチョウかオオハクチョウのように思われますが、宮崎県は渡りのルートから遠く離れているので、迷子になったのかもしれません。
[PR]

by beachmollusc | 2013-03-16 17:25 |

ユスラウメの開花

e0094349_10475777.jpg

サクランボの花が散り始めたら、交代にユスラウメが開花しはじめました。

ユスラウメの真っ赤な実は、梅雨の前、ホタルが飛びはじめる少し前に収穫できますが、ヒヨドリなどに狙われるので、結実してからネットをかけるつもりです。
e0094349_10533225.jpg

ユスラウメのすぐ脇ではサルナシ(ウラジロマタタビ)が芽吹いています。

サルナシの花芽が着くのを待ちわびていますが、いまだに実がとれないままです。
e0094349_10553788.jpg

足元にはホトケノザの可憐な花が開きました。
e0094349_10561952.jpg

ムラサキハナナも咲いています。
[PR]

by beachmollusc | 2013-03-09 10:57 | 植物

パワースポットのカラスたち

パワースポットは和製英語のようで、英語のネイティブスピーカーには通じないそうです。

それはともかく、日向の海岸には約1500万年前の噴火の際に「地殻変動」のエネルギーが働いたパワースポットがあります。ここをジオパークの目玉にしたいと思っていましたが、地域の皆さんがその存在や意味を理解してくれないと何も進みません。
e0094349_10445872.jpg

溶結凝灰岩の岩塊が高さ77mのボウズ山となり、その裾に大きな割れ目があります。
e0094349_10524834.jpg

ほぼ毎日この砂浜に出かけてミッキーを自由に走らせていますが、カラスたちがミッキーのおやつのおこぼれを狙って集まってきます。
e0094349_1053247.jpg

上空にはトンビ、波打ち際ではサギやカモメ、シギなどを時々見かけます。
e0094349_10541936.jpg

二足歩行、またはピョンピョン跳びで後を追ってくるカラスの足跡です。

四足のミッキーの足跡が漣痕の砂にめり込んでいるのは、砂の堆積状態が変化している証拠です。
e0094349_111345.jpg

砂浜の形成と維持、そして堆積変化には波のエネルギーの働きが背景にあり、それを理解して付き合わないと、ほぼ全域で自然状態を失っている宮崎市の砂浜ののようになります。
[PR]

by beachmollusc | 2013-03-07 11:01 | 海岸

猪の訪問

毎晩イノシシの訪問があるので鳥獣駆除の狩猟が終わったのかと、関連情報を検索:

日向市鳥獣被害防止計画(H21年作成)
http://www.city.hyuga.miyazaki.jp/note/dl_category/ringyo/plan.pdf

1.対象鳥獣の種類、被害防止計画の期間及び対象地域
対象鳥獣 イノシシ、シカ、サル、カラス、カワウ
計画期間 平成21年度~平成23年度
対象地域 日向市
捕獲等の取組内容
年間を通して市街地等を除く市内全域で、銃器及びわなによる捕獲を随時行う。

計画書の捕獲目標数はH21,22,23の各年にイノシシ50頭、鹿150頭です。H24年以降についてはオンラインで見つかりません。

日向市鳥獣被害対策実施隊設置要綱
http://www.city.hyuga.miyazaki.jp/reiki/reiki_honbun/q607RG00001439.html

わが家のすぐ下の湿地ヌタ場がリフレッシュされ、拡大中です。
e0094349_9203877.jpg

ヌタ場の上にはシジミとクレソンの育成水路があります。
e0094349_9213040.jpg

奥野川の水をくみ上げて流していて、シジミのために水路の中に砂を入れています。
そのため水路脇に置いている砂の上に足跡が残されていました。
e0094349_92335100.jpg
e0094349_923271.jpg

イノシシは家の脇の林道の向こう側、山の斜面のスギ林からやってきます。
e0094349_9243840.jpg

スギ林から林道に下りる獣道が何箇所もできています。
e0094349_9252029.jpg

山からヌタ場までの経路にカメラを設置してイノシシを撮影したいと思って、アメリカ製の自動撮影ができる赤外線カメラを注文しています。わが水槽・飼育室に住み込んでいるテンと裏庭に巣を構えたイタチの撮影も狙うつもりです。
[PR]

by beachmollusc | 2013-03-04 09:29 | 田んぼと里山

獣よけフェンスの設置

昨日午前中にミッキーの散歩がてら、フェンスの様子を見てきました。
e0094349_12284496.jpg

e0094349_1229211.jpg
e0094349_12291438.jpg

防錆の亜鉛メッキが施された鉄筋を支柱として2m弱の高さに防錆されたメッシュ(多分、コンクリート構造物の中に埋められて強度を保つ用途の網)が張られています。
e0094349_12315948.jpg

奥野川左岸の谷津田のみを囲っていて、主力の田んぼがある右岸にフェンスを張り巡らさないようです。
e0094349_12335246.jpg

狭くて細長い谷津田の総面積はとても小さいと思いますが、最上流にあるヘベスの果樹園が最大の受益者になるのかもしれません。

作業を休憩中の知人にインタビューしました。

フェンスの単価は知らない。
市内の他地域に設置されるものと一緒に市が発注して無償配布している。
農水の補助金の年度末消化らしい。
受益者の負担は設置者側の労務のみ。
補助事業が次年度に続くかどうか不明。(川の向こう側はそのままになるのかどうか、聞きそびれました)
[PR]

by beachmollusc | 2013-03-03 12:43 | 田んぼと里山

干潮のGIビーチ

中潮で午後2時頃の干潮時間にGIビーチにミッキーと散歩に出ました。
e0094349_17173855.jpg

走り回って体温が上昇すると休憩です。
e0094349_17174752.jpg

雨が降ってきたので、潮が引いた、ボウズ山の岩盤の割れ目の中に入りました。
e0094349_17193912.jpg

外側の岩礁には黒い二枚貝とフジツボ類がびっしり着いています。
e0094349_1722664.jpg

イガイの仲間で多分ヒバリガイです。日向ではこの貝を汁の具に使っています。
e0094349_17215652.jpg

イワフジツボとカメノテが見られました。
e0094349_17275621.jpg

ここの岩礁は、大昔の火山噴火がもたらした溶結凝灰岩と一部分で柱状節理が頭を出しています。
[PR]

by beachmollusc | 2013-03-01 17:33 | 海岸