beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
人気ジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2013年 05月 ( 17 )   > この月の画像一覧


甲虫類3種

ゲンジボタルの昼間の休息場所を見て回っていて見かけた甲虫たちを紹介します。

カミキリムシの仲間で、甲長は2センチに満たない、かなり小さい種です。
e0094349_1454356.jpg
e0094349_1453539.jpg

山の神山でシマサルナシの実を採取した時、誰かが大きな蔓を切り捨てて置き去りにしていたので、家に持ち帰って挿し木にしています。その挿し木に取り付いていたので、卵を産み付けて蔓の中を幼虫が食い荒らすかもしれません。虫は虫屋に聞けば種類はわかるでしょう。

お次はマックロな甲虫でわりと大きい種ですが、キマワリの仲間でしょう。サルナシの挿し木苗を固定しているアカメガシワに取り付いていましたが、この虫が何をしていたのかわかりません。
e0094349_1494757.jpg

ビックリグミの熟した実にペコペコ虫が取り付いていました。
e0094349_14103567.jpg

コメツキムシの仲間を見るのは久しぶりです。

<追記>

ヒメヒゲナガカミキリ
http://www.insects.jp/kon-kamihimehigenaga.htm
[PR]

by beachmollusc | 2013-05-31 14:25 | その他の昆虫

まっくろくろすけ

カエル天国となっている湿地の周辺を見て回ると、ヘビたちの多く出てくるスポットが何箇所もあります。
e0094349_9371038.jpg

このカラスヘビ(シマヘビの黒色化した個体)は合併浄化槽の脇にできた隙間に住んでいます。

今朝は湿地に食事に出ようとした途中で家主に遭遇して、あわてて逃げました。
[PR]

by beachmollusc | 2013-05-29 09:40 | その他の両生・爬虫類

北川ホタル学校

延岡市、北川町のホタルの宿で、昨日の午前中は私の「ゲンジボタルを知る」というお話と、門川高校そして延岡工業高校でのホタルプロジェクト、さらにゲンジボタルが乱舞する日本一美しい渓流、小川(北川の支流)の上流にある三川内中学校による河川清掃活動の報告がありました。
e0094349_7321588.jpg

会場に集まった学級生は二つの高校の生徒と教諭、一般市民をあわせて30名あまりでした。
e0094349_7331673.jpg

主催者である「北川やっちみろ会」会長の早瀬さんが、今年で5年目のホタル博士育成講座の開会の挨拶に続いて、ホタル合戦の話、宮崎県の人たちが伝承してきた(ホタル幼虫)と間違えているアワフキムシの話、そしてゲンジボタルの生活史と人工飼育のコツを私が電脳紙芝居で説明しました。
e0094349_7341013.jpg

門川高校は、この講座よりも前から学校としてホタルプロジェクトを続けています。昨年からは校庭内のホタル池で幼虫を飼育し、成虫を羽化させることに成功しました。
e0094349_740190.jpg

延岡工業高校のホタルプロジェクトは、ホタルの減少と「光害」の関係について野外調査と飼育したホタルによる実験観察で、かなり苦戦しています。

北川やっちみろ会の皆さんは、ホタルの繁殖期に、道路から照明や車のヘッドライトが川べりに照射されないように遮光幕を設置しています。

小川(こがわ)にはゲンジボタルが乱舞するスポットがいくつもあり、シーズン中は多数の車が鑑賞のために集まります。しかし、一番奥まった三川内中学校付近は知られていないと思われます。
e0094349_7454491.jpg

この地区では、中学校の生徒、先生、父兄、地域住民のすべてが参加して川の一斉清掃を長年続けているそうです。日本一美しい清流に捨てられたゴミがトラックに積みきれないほど集まるのにはあきれます。

北川やっちみろ会の活動はホタルの里つくりだけでなく、鏡山など地域の自然遺産を大切に守っています。残念なことに、いまだに会の広報活動はほとんど行われず、ホームページもありません。北川の行政はもちろん、商工会にしても、地域の毎年行事である「北川ホタル祭り」関係の情報を、古いまま更新していません。

ホタルの講義に先立って、毎年催促しても実現されてこなかったホームページの立ち上げを再度求めました。来年度までに実行しなければ講師を降りるときつい圧力をかけておいたので、こんどこそ何とかするでしょう。
[PR]

by beachmollusc | 2013-05-27 07:58 | ホタル

マタタビが目立つシーズン

マタタビは山間地の渓流沿いや谷間の湿潤な環境に広く見られます。
e0094349_76477.jpg
e0094349_755394.jpg

マタタビは雌雄異花で開花期が梅雨前、ホタルが飛び出す頃になります。そして、花が咲く頃に葉の一部が白くなって、緑が濃くなった山で目立つようになります。

一昨日、青島のゴルフ場の裏山にある宮崎市の自然休養村「好隣梅」
http://www.city.miyazaki.miyazaki.jp/www/contents/1231896199799/files/annnaizu.doc
の林道を探索中に白い葉を見つけました。この場所は、標高が50mもなかったと思います。マタタビの生育場所として、今まで見たもっとも低い場所です。

この林道は小さな渓流に沿っていて、ホタルが出るらしく、市が立てた案内看板がありました。
e0094349_7122318.jpg

お役所的、教科書的な説明で、出現時期や光る色、その他について違和感を感じます。現地でどのような状況になっているのかわかっているのでしょうか。

もう一つ「クワガタの森」などという看板がありました。
e0094349_7153651.jpg

セイタカアワダチソウが伸びていて下の方が読めません。

「クワガタ」などのために植林された樹種リストを見ましたが、なぜか虫を集める効果が高いとされる「エノキ」がありません。リストから、見た目だけで魂が入っていない事業をやったように思われます。

参考:榎とクワガタにまつわるエピソード

榎馬鹿日記
http://www.asahi-net.or.jp/~MR8K-SGN/BAKA-9712/coela-kappagi1.html
[PR]

by beachmollusc | 2013-05-23 07:18 | サルナシとマタタビ

ユスラウメ

春先に花が一面真っ白に咲いたユスラウメの木でしたが、熟しだしてきた実の数は期待したほど多くありません。
e0094349_7163472.jpg
e0094349_7162625.jpg

入梅前、ホタルが飛びはじめる季節に合わせ、ドクダミの花が一斉に咲き、ユスラウメの実が熟すというパターンが見えてきました。

お次はグミの実が色づき始めます。
[PR]

by beachmollusc | 2013-05-22 07:18 | その他の果物

幼果

昨年同様、実生苗から育った一番大きいポポーの木に若い実が付きすぎになっています。

ところが、花はたくさん咲いたのに、接木苗の木2本では実が育たず、美味しい(はずの)方は今年もお預けになります。
e0094349_18585719.jpg

ポポーの実が大きくなりはじめるにつれ、それを包んで守るかのように大きな葉が広がってきました。
e0094349_1911936.jpg
e0094349_1911197.jpg

Indian banana と呼ばれるように、バナナのような一房の実の数は4から6個が多いようです。

今年はウミガメの上陸が多いようで、台風の接近数が少なくなる年かもしれません。

9月に実が熟すまで、台風の直撃がないことを祈っています。
[PR]

by beachmollusc | 2013-05-20 19:03 | ポポー pawpaw

西都のヒメボタル

北川のホタル講座が26日(日曜日)に迫り、何か目新しいホタル情報はないかとネットで情報検索していて、西都にてヒメボタル鑑賞会が18日に開催されたことを19日朝知りました。もっと早く見つけていれば鑑賞会の様子を取材できたのに残念でした。しかし、18日夜は自宅の水路で今年最初のゲンジボタルの羽化があったので、もし出かけていたら、それを見逃すところだったわけです。

農家民宿 「ももくり百年」のブログサイト: http://momokurina.exblog.jp/
2013年 05月 18日 ひめ蛍観賞会

昨日の19日、急遽、西都市に出撃しました。

民宿の電話番号をカーナビに打ち込んで行き先を指定したのですが、市街地の中に「到着」して場所がまったくわかりません。そこで、目に留まったコーヒーショップで休憩しながらマスターに場所を聞きました。

昔は農村だったのでしょうが、市街地が広がっていて飲み込まれていました。
e0094349_7114116.jpg

100年くらい前に建てられた古い家だそうで、民宿の名前の「百年」はこれにちなんだものとか。

前夜のヒメホタルのイベントの後片付けで疲れが残っていたはずの主催者さんが、色々な話を聞かせてくれました。
http://www.joyfm.co.jp/saito/DCIM1853.jpg

鑑賞会は今年が初めてで、行事を進める組織もなく、説明資料も手作り、しかもネット情報を頼りに自分で考えたという苦労があったそうです。

とにかく、西都原は高台にあって、ゲンジボタルは少ないけれど、ヒメボタルの群生するスポットはあちこちにあるそうです。(ご本人が周囲を詳しく見て回って調べ上げた)細かい場所は内緒です。

ピーマンとウメの栽培を主に営農されているそうで、そのウメ園の脇にあるヒメボタル生息地の一つに案内していただきました。
e0094349_7264975.jpg

スギ林がちょうど良いくらいに間伐され、ヒメボタルが飛び回る空間が確保されていました。

下草はシダ類が主となっていて、日光は適度に差し込み、草が茂りすぎてもいない、ヒメボタルの餌になる小型のカタツムリ類が多そうな環境です。

この隣の林で別の地主の場所ではシイタケ栽培のホダが設置され、その周辺が最近草刈されていました。
e0094349_7311317.jpg

以前はこの場所で高密度のヒメボタルが飛んでいたそうです。ちょうど羽化する時期に草刈でかく乱されたので、この地点で今年はどのような結果がでるか興味がもたれます。

日向市のわが家の道路向こうの杉林のヒメボタル群生地では、地主の気まぐれ間伐の影響で、林の中でユンボが走り回った後、ヒメボタルが激減し、なかなか元のような1000個体の水準に回復してくれません。

日向のヒメボタルの今シーズンは昨夜から始まるか、と期待して見守っていましたが、まだ出ていません。
[PR]

by beachmollusc | 2013-05-20 07:44 | ホタル

ゲンジボタルの羽化が始まりました

今年最初となる、ホタル育成水路の周辺で羽化したゲンジボタル3個体を確認しました。
e0094349_2134712.jpg
e0094349_2133639.jpg

例年と比べて10日くらい早い出現です。

最近気温が高い日が続いたものの、乾燥状態だったので出てこなかったようです。今朝のちょっぴりとお湿りが利いたのかもしれません。

明日から雨模様になれば一気に出てくるでしょう。

今年は自宅周辺での乱舞を期待しています。
[PR]

by beachmollusc | 2013-05-18 21:06 | ホタル

ウラジロマタタビのオス花

ガガイモ類の蔓植物、特にイケマでも見つからないものか、と近隣の林道をゆっくり走っていて、見つけたウラジロマタタビ(サルナシの2倍体)の花です。
e0094349_13415324.jpg
e0094349_13414670.jpg

黒い雄しべだけで雌しべがありませんから実は付きません。

この林道で最初に出会ったキイチゴの実です。色が見事でした。
e0094349_13441340.jpg

初夏に咲くハギの仲間とも出会いました。アメリカデイゴのミニチュアのような花で、小さいながらとても綺麗です。
e0094349_13455066.jpg
e0094349_13454353.jpg

ガガイモ類はまったく見つかりませんでした。

追記: ハギの仲間ではなく、キダチコマツナギという法面保護植栽に使われる植物のようです。
[PR]

by beachmollusc | 2013-05-17 13:47 | サルナシとマタタビ

日向のイヨカヅラとキジョラン

美々津海岸にイヨカヅラが自生しているという情報を見つけ、日向サンパークの海岸遊歩道を探索してきました。

ちょうど1年前、昨年の5月16日に撮影されたイヨカヅラの写真が「みやざきの植物散策」サイトにありました。
http://www.ramble-among-flora-of-miyazaki.com/sub85-107.html

ゆっくり探した結果は、たった一株だけでしたが、イヨカズラの花が咲いていました。
e0094349_16423146.jpg

e0094349_1643519.jpg

e0094349_16435726.jpg
e0094349_16434986.jpg
e0094349_16433185.jpg

周囲を丁寧に見て歩いた結果で、ほかの株、そして植物散策さんの写真にあった紫色の花が咲く別種はまったく見つかりません。

いずれ種が採れるかと期待して出かけたのですが、1株だけではどうなるかわかりません。

「宮崎と周辺の植物」サイト(http://aodamo.info/)にキジョランはありますがイヨカズラはありません。

一方、植物散策サイトにキジョランがありません。

今日は、イヨカズラの探索中にキジョランらしきものを1株だけ発見しました。
e0094349_16542876.jpg

e0094349_16544422.jpg
e0094349_16543665.jpg

葉を一枚だけ犠牲にして茎から白い乳液がでることを確認しました。
e0094349_16545117.jpg

この遊歩道はよく整備されていて歩きやすく、海岸の景色や海浜植物を見て楽しむことができます。
e0094349_16592432.jpg
e0094349_16591521.jpg

e0094349_16593827.jpg
e0094349_1659314.jpg

ここにも柱状節理が頭を出していました。
[PR]

by beachmollusc | 2013-05-16 17:03 | アサギマダラ