「ほっ」と。キャンペーン

beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
人気ジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2013年 07月 ( 14 )   > この月の画像一覧


maypopの着果

クダモノトケイソウとチャボトケイソウの種間交配実験は失敗し、クダモノトケイソウ(パッションフルーツ)は新しい花を咲かせないので、チャボトケイソウの実を得るために株間の授粉をやりました。
e0094349_1354293.jpg
e0094349_13542258.jpg

ようやくチャボの実が3つ現れました。蔓が伸びながら花芽も次々と出ているので、実の数を増やせそうです。
e0094349_13552538.jpg

2株のクダモノトケイソウに合計13個の実が付きましたが、パッションフルーツの実は1個だけ表面が紫になっていて、熟して落下する直前です。
e0094349_1356336.jpg

残りは緑色で、熟すまで、まだしばらくかかります。
e0094349_1358161.jpg

[PR]

by beachmollusc | 2013-07-28 13:59 | トケイソウ

スナビキソウの実

柏崎の海岸からGIビーチに、去る6月に試験的に移植したスナビキソウはいまのところ定着して元気に成長しています。
e0094349_703985.jpg
e0094349_703272.jpg

移植時に花が咲いていたものには実が付いています。
e0094349_713716.jpg

スナビキソウの種子は、海流に乗って漂流して広がるタイプといわれています。

自宅のプランター栽培でもよく成長し、実もしっかり付いています。
e0094349_7114755.jpg
e0094349_7114126.jpg

秋に熟して種を見るのが楽しみです。

秋には柏崎などの日本海の海岸でスナビキソウの種を集め、苗を作ったり、小倉ヶ浜に種まきしたりして、日向灘で絶滅したスナビキソウの復活、そしてアサギマダラを呼び寄せるプロジェクトの準備を進めます。

スナビキソウの種子散布に関する学術情報を検索しましたが、海岸での生育分布状態に関する報告しかみつかりません。

永松 大 (2010)
浦富海岸鴨ヶ磯(鳥取県岩美町)の植生構造
山陰自然史研究, No. 5, pp. 1-7
http://repository.lib.tottori-u.ac.jp/Repository/file/3191/20120210150401/nhrs5_1.pdf

(一部引用)

絶滅のおそれのある種群

 7地点で出現した82種のうち,鳥取県のレッドデータブック掲載種(鳥取県自然環境調査研究会 2002)に該当する種としてはスナビキソウとナミキソウ(いずれも鳥取県準絶滅危惧NT)があげられる。いずれも地点A: 西側砂浜上(ナミキソウは地点Bも)に分布する。ともに海岸の砂浜に生える種で,県内では岩美町から弓ヶ浜まで 10~20地点程度で確認されている。環境省版では取り上げられていないが,都道府県版のレッドデータブックには掲載例が多く,両種ともに兵庫県版(兵庫県県民生活部環境局自然環境保全課 2003),京都府版(京都府企画環境部環境企画課 2002)でも絶滅のおそれが指摘されている。このような種群は比較的小規模な人為改変によっても破壊されやすいとされる(宮脇 1983)。両種の中心的な生育地である波打ち際近くでひんぱんに自然かく乱を受ける不安定な場所を今後とも維持していく必要がある。



中西弘樹 (2001) 西九州における北方系海岸植物数種の分布と生態
長崎大学教育学部紀要. 自然科学, N0. 64, 1-7
http://naosite.lb.nagasaki-u.ac.jp/dspace/bitstream/10069/6088/1/KJ00000045806.pdf

(一部引用)

スナビキソウ Messerschmidia sibirica(Linn.)Linn.(ムラサキ科)(Fig.1)
砂浜に生育する多年草で,ヨーロッパ,シベ リア南部,満州,中央アジア,ウスリー,朝鮮に分布 し,日本では北海道から本州,四国,九州まで分布する。 西九州では北ほど産地が多く,五島列島や長崎県本土では北部のみに見られる。 南限地 として鹿児島県甑島に記録されているが(土井1983),筆者は確認 していない。北海道や本州では砂浜に生育しているが,本地域では裸海岸の高潮線付近に帯状に生育してお り,打ち上げ群落としての傾向が強い。

[PR]

by beachmollusc | 2013-07-24 07:16 | アサギマダラ

カラスの食卓

砂浜の潮間帯で潮が引いて干上がると、カラスたちがチョウセンハマグリの稚貝を掘り出して食べます。チョウセンハマグリの殻は丈夫であり、表面がツルツルでつかみどころが難しい上に、閉じた二枚の殻をこじ開けて食べるためには技が必要です。脳みそのシワがよく発達しているカラスには貝を上空から岩の上に落として割って食べる特技があります。
e0094349_7481452.jpg
e0094349_748699.jpg

GIビーチでは、以前は塩見川の河口に近い大きい岩礁の上がカラスの食卓になっていましたが、最近はそこから離れた違う岩を使っています。
e0094349_7484974.jpg
e0094349_7484390.jpg
e0094349_7483548.jpg

潮間帯には2から3年目の1センチから4センチくらいまでのチョウセンハマグリが砂の中に潜っています。カラスは貝がもぐっている場所を知っていて、水管が出ていたわずかなくぼみの下から掘り出します。

貝が小さすぎると重量不足で割れないようで、大きめのものを選んで運んでいます。又、運ぶ前に、砂の上に置いて日光に当てて貝を弱らせ、殻を開けやすくしているようです。上から落とすだけでなく、嘴で突き割っているかもしれません。

付近に人間がいると、カラスたちは警戒して潮干狩りも食卓岩での食事もしません。そのため実際に上空から貝を落とすシーンはまだ撮影できていません。

監視カメラを置いてカラスたちの行動の詳細を調べてみたいのですが、カメラを監視していないと、すぐ誰かに持ち去られそうなので、実行していません。
[PR]

by beachmollusc | 2013-07-22 08:00 | Meretrix ハマグリ

ミッキーの避暑

バーニーズ・マウンテンドッグのミッキーは夏の暑さが大の苦手です。
e0094349_166455.jpg

冬毛がほとんど抜けて夏衣になっていますが、日中の30度を越す外気温には耐えるのが難しいので、玄関に避暑コーナーを作っています。

フローリングで滑って足腰を痛めないように「滑り止めシート」を敷き、アルミの放熱板で熱を逃がしています。散歩の後は扇風機の送風と氷水で内も外も冷やします。

この犬種は癌の発症率が高いこと、そして熱中症で死亡することが多いようです。

WIKIによると:
飼育管理上の注意点
屋外飼育
スイス原産であるため寒い地方はもちろん、ある程度温暖な地方まで幅広く気候には順応できるが、夏場は熱中症の恐れがあるため、屋内飼育が望ましい。
人との触れ合いをとても喜ぶ犬で、飼育する場合は常に触れ合える場所で管理が必要。屋外に隔離してしまうのは精神的によくない。

屋内飼育
若い犬にはある程度のスペースが必要。遺伝により股関節が弱い場合が多々みられる為、室内がフローリングの場合にはじゅうたん等を敷き股関節に負担が掛からない様にする等の注意が必要。

[PR]

by beachmollusc | 2013-07-20 16:15 | ワンコ

日向産のライチ lychee

e0094349_10285015.jpg

郵便局に出かけた帰りにJAの農産物直販店に立ち寄ったら、なんと、自宅に近いマンゴー、ミカン生産農家からライチが売りに出されていました。7個500円で、かなりの値段です。

沖縄で暮らしていた時に自宅の庭にライチの木を2本植えて育て、実がたくさん収穫できました。日向市の自宅では、実がなるような大きい木を路地栽培できないのであきらめていました。

宮崎ではマンゴー園が過等競争と暖房の燃費コスト高などで、経営が行き詰まりつつあると思いますが、この農園ではライチの栽培で多角化しているのかもしれません。
[PR]

by beachmollusc | 2013-07-17 10:39 | その他の果物

不思議な雲と霧

灼熱の名古屋市から温暖な日向市に戻り、朝の涼しい間に海岸でドッグランです。

今朝は少し寝坊して6時ごろビーチに出たら、すでにカンカン照りでした。
e0094349_7344925.jpg

空は雲一つない快晴ではなくて、ポツンと一つだけ、変な雲が南西方向に浮かんでいました。
e0094349_7383428.jpg

北東方向には太陽に照らされたビーチから霧が舞い上がり、わずかな間だけでしたが、日光に照らされて輝く不思議な世界を作っていました。
e0094349_7402459.jpg

走り回っていたミッキーはすぐに息切れして、ボウズ山が作ってくれる日陰で休憩し、氷水を飲んで体内を冷やしました。

当分の間、今朝より1時間早く、5時に出るようにしなければならないようです。
[PR]

by beachmollusc | 2013-07-13 07:42 | 日記

困った息子 naughty son

e0094349_18514513.jpg

本日午前中、名古屋市で開催された愛知県の長良川河口堰最適運用検討委員会の打ち合わせ会議を終えて日向市に戻ったところです。

セントレア(中部国際空港)の搭乗待合場所で外人(アメリカ人)の親子とすれ違ったら、親父さんのTシャツの背中に面白いコメントがありました。その意味を知っているかどうか尋ねたら、前に聞いたが忘れたという返事。そこで、そばにいた息子さんにお父ちゃんの横に来てもらって、一緒に撮影しました。

この写真をブログに出すよと言ったら、この父ちゃんが小さいタブレットを取り出したので、本ブログをわがタブレットで見せ、ついでにpawpawとmaypopの画像を見せてこういう果物や花を知っているか聞いたら、知らないという返事でした。やっぱりアメリカでも知られざる存在uncommon fruitsであることがわかりました。

アサギマダラの画像を見せて、monarch butterflyと同じように長距離の渡りをすると説明したら、アメリカのオオカバマダラのことは知っていました。
[PR]

by beachmollusc | 2013-07-11 19:10 | 日記

ピッコ・ロッソの花

ホームセンターでトケイソウの栽培品種、ピッコ・ロッソの苗を売っていたので試しに栽培しています。今朝、その最初の花が咲きました。
e0094349_1119992.jpg

パッションフルーツやチャボトケイソウの花に比べてかなり小型です。

つぼみを囲んでいるガクが変形したようなものが独特で面白い姿です。
e0094349_11211811.jpg

苗についていた説明書によると果実は赤くて食べられるそうです。しかし、販売元サイトによると{※生育条件により結実しない場合があります}と、言い逃れみたいな記述がありました。チャボトケイソウと同じように、自家受粉が難しいのかもしれませんが、結実しない生育条件とはどのようなことかがわかるように説明するべきでしょう。
[PR]

by beachmollusc | 2013-07-08 11:31 | トケイソウ

ハマゴウの開花

夏が来たら海岸で咲く花、ハマゴウが咲き始めました。
e0094349_9383810.jpg

e0094349_939659.jpg

ハマユウの花も一緒に咲いています。
e0094349_9385558.jpg

花の色がさわやかなので、咲くのを待ちわびていました。
[PR]

by beachmollusc | 2013-07-07 09:40 | 海岸

梅雨の終わりに咲くツユクサの花

今朝のビーチランでミッキーは早々にへたばり、リタイアしました。そろそろ氷水を持参して、ラン途中で体内を冷やしてやらねばなりません。

海岸で今年初めてのツユクサの花を見ました。自宅周辺ではまだ見ていません。
e0094349_8294430.jpg

梅雨前線は九州の北で停滞中、日向市は、昨日、久しぶりに晴れました。
[PR]

by beachmollusc | 2013-07-06 08:34 | 植物