beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2013年 08月 ( 8 )   > この月の画像一覧


あと一月

今年のポポーの実は2本の木に50個以上着いています。
e0094349_152768.jpg

e0094349_1522443.jpg

実が熟すのは9月下旬から10月上旬の見込みですが、それまで暴風にやられなければ収穫祭りができます。

ところで、沖縄の先島諸島にある台風がこれから九州南部目指して北上するようです。今のところ勢力が弱いのと、コースが西から東に抜けると予想されているので、多分今回は大丈夫でしょう。

以前、実を捨てたオオカラスウリから発芽し、蔓が延びて花が咲いていたものに実がついていました。
e0094349_159352.jpg

オス花かと思っていたのがメスだったわけで、これはラッキーでした。

冬にこの蔓が枯れたら芋を掘り出し、来年はグリーンカーテン用にプランター栽培を試みます。

カラスウリの仲間では、モミジカラスウリが本命です。しかし、その実生苗がまるで伸びないのが不思議です。
[PR]

by beachmollusc | 2013-08-29 15:13 | ポポー pawpaw

maypopの実が熟した

e0094349_10433879.jpg

今年初めて、maypop( チャボトケイソウ)の実が熟して落果しました。

左の緑色がmaypopの実で、右の赤紫色はクダモノトケイソウ、つまりパッションフルーツの熟した実です。

トケイソウの実は熟すると柄の付け根近くで切れて落果するので、ミカン用の網をかけてキャッチしました。
e0094349_10532576.jpg


しばらく追熟させてから試食します。
[PR]

by beachmollusc | 2013-08-28 10:54 | トケイソウ

Passiflora 'Incense' の花

トケイソウの仲間には種間交配で作出された多くの園芸品種があります。その多くは美しい花を楽しむためで、果実を楽しむことに注目した雑種つくりはあまりやられていないようです。

トケイソウ類、Passiflora属は熱帯種がほとんどですが、温帯の路地栽培で果実がとれるようにするためには、数少ない温帯種とその交配雑種を扱う必要があり、対象種はチャボトケイソウPassiflora incarnatusを中心にします。

チャボトケイソウは、花の出す香りがきついだけでなく、鎮静効果があるのでハーブとしても利用されます。クダモノトケイソウとの交配は不調でしたが、現在までに4個の果実ができ、茎が伸び、花が咲き続けています。
e0094349_1311872.jpg

チャボとケイソウとPassiflora cinnicata との交配種であるPassiflora 'incense' (和名なし、通称インセンス)の苗を育てていたのがやっと開花しました。
e0094349_13372826.jpg

Lavender-purple flowering passion flower producing a yellow fruit.
http://www.tradewindsfruit.com/content/passiflora-incense.htm

インセンス(Passiflora incarnata x cinnicata)には黄色い果実ができるようです。今咲いている花の柱頭にチャボとケイソウの花粉を授粉させて結果するかどうか、結果を見ます。
[PR]

by beachmollusc | 2013-08-21 13:32 | トケイソウ

足跡

15日、小潮で満潮の真夜中にかなり大きいウミガメがGIビーチに上陸して、産卵せずに海に戻った足跡が残されていました。撮影は午前6時頃で、干潮の時間でした。
e0094349_8424837.jpg
e0094349_8424272.jpg
e0094349_8423576.jpg
e0094349_8422835.jpg
e0094349_8422130.jpg

以前上陸したウミガメとほぼ同じ場所で岩礁にぶつかって、産卵適地(ぶつかった岩のすぐ脇にありますが、陸では視界が利かないカメにはわからない)にうまく出会えなかった結果です。このカメは別の場所で再上陸するでしょう。
[PR]

by beachmollusc | 2013-08-15 08:37 | ウミガメ

ガガイモの花

琵琶湖などへの出張中にガガイモの開花が始まっていました。
e0094349_9415617.jpg

花には小さなアリンコが集まっています。

ガガイモにアサギマダラが産卵する頃には種ができているかもしれません。

セイヨウフジバカマの花は、それより前に咲き出していました。
e0094349_9424977.jpg

夏の盛りが過ぎないとアサギマダラは宮崎にやってこないと思われるので、秋に在来のフジバカマと一緒に咲いてくれるのを期待していた物です。
[PR]

by beachmollusc | 2013-08-09 09:46 | アサギマダラ

瀬田蜆の漁体験


Published by デジブック
[PR]

by beachmollusc | 2013-08-08 19:41 | シジミの仲間 Corbicula

愛知県庁にて

e0094349_1202287.jpg

河口堰の会議に来ています。

環境学習室で無料で配布されている団扇を見つけました。
[PR]

by beachmollusc | 2013-08-07 12:00 | 風景

小便小僧

e0094349_19472382.jpg

浜松町駅のシンボル
[PR]

by beachmollusc | 2013-08-04 12:59