beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
人気ジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2013年 09月 ( 23 )   > この月の画像一覧


今朝の収穫

e0094349_74425.jpg

今朝のポポーの落果は3房で大小10個の実が取れました。皿の直径は24センチです。

実りの秋、隣の栗の落果はピーク状態です。

ポポー園の草刈応援に来てくださる皆さんにはポポーの味見と栗のお土産があります。
[PR]

by beachmollusc | 2013-09-30 07:08 | ポポー pawpaw

今年の苗つくり

e0094349_93708.jpg

今年の台風は、接近中に温帯低気圧に弱まったり、沖合いにそれたりしたので、ポポーの実は無事に収穫期に入り、一昨日に自然落果が2個ありました。
e0094349_9422012.jpg

4個実がついた房が、前回接近した台風の余波で落ちた分(31粒)と新たな2個(12粒)から合計43粒の種が取れています。柿の種に色と形がよく似ています。

これまでに種からの苗作りを3シーズンやっていて、最初のものはネット販売で取り寄せた果実の種から育てました。その30本余りはポポー園に定植してあります。
e0094349_9473743.jpg

一昨年に最初の自家生産の果実(6個)から得た種からは、現在30本あまりの2年苗が育っています。
上の写真の左側フラワースタンドの小さいプランター(12個、それぞれに3個のポット)が満2年です。

地面の上にあるポットには、総計140本余りの満1歳の苗が生育中です。昨年食べた実、約20個から得ました。

今年収穫予定の果実は50個以上あるので、おそらく300以上の種が取れるでしょう。

アメリカのポポー関係サイトにある苗作りの情報では、種が発芽する前に、直根を長く伸ばすのを助長させる必要があり、通常よりも縦長(底が深い)ポットに植えるとされていました。

日本製の育苗ポットで縦長のものをネット販売で探し出して入手しました。

ポリポット超ロング18cm: 現在の2年苗を植え替えるためのポット
http://item.rakuten.co.jp/auc-garden-bank/splong180-100/
[PR]

by beachmollusc | 2013-09-28 10:02 | ポポー pawpaw

岩場に咲くハマカンゾウ

e0094349_8261570.jpg
e0094349_826625.jpg

GIビーチには駐車場から砂浜に降りるスロープ沿いにハマカンゾウの群落があります。

ところが、最近行われた草刈の犠牲になってしまい、今年は花を見ることができません。

写真は塩見川の河口に直近の岩場で咲いている花です。
[PR]

by beachmollusc | 2013-09-26 08:29 | 植物

田中法生著「水草を科学する」を読んで

e0094349_1814175.jpg

本日(9月25日)午後3時から読み始め、6時に読了しました。

新しい研究情報にあふれていて、中身が濃くて、とても面白かったので、300頁あまりを3時間で一気に読んでしまったのです。

水辺(河川、湖沼、沿岸)の環境保全を目指す人には必読書です。

184頁に日本海の対馬海流を黒潮と間違えて書いてあったことが唯一のエラーでした。

どのような場所で水草を見るかのガイドに「ワンド」が抜けていたこと、モノクロ写真が(構図的に難しい被写体であるため)鮮明でなかったものが多かったのが少し残念でした。

琉球列島の熱帯性「海草も場」の調査とか、海草も場の食用貝類(特にリュウキュウサルボウなどの二枚貝)の調査研究を手がけた経験で、海産の水草の面白さはよく知っています。しかし、アマモなどの集団遺伝子解析による最新情報をしることができました。特にコアマモの集団遺伝地理から、日本列島の沿岸で、紀伊半島を境にした南北に分化した集団が分布しているというのはとても興味深いことです。
[PR]

by beachmollusc | 2013-09-25 18:31 | 環境保全

maypopの種

e0094349_8425315.jpg

昨日maypopの実を初めて味わいました。その種は長径が約6mmでした。

パッションフルーツの種が約5mmで、膨らみが弱く、種がついたままで食べるのに抵抗感がありませんが、maypopはそのまま食べるには種が大きすぎます。

園芸関係のネットショップでmaypopまたは和名のチャボトケイソウの苗が売られていますが、種がとれたので自家苗作りに兆戦して見ます。(春まで種を保存するのが面倒なので、取り蒔きとします。)

maypopの種を包んでいる果肉は黄色で、パッションフルーツとほとんど同じです。
e0094349_905920.jpg


maypop (Passiflora incarnata)に関する学術報告を探していたら、面白い論文が見つかりました。

Can Dai and Laura F. Galloway (2011) Male flowers are better fathers than
hermaphroditic flowers in andromonoecious Passiflora incarnata.
New Phytologist Volume 193, Issue 3, Article first published online: 28 NOV 2011
http://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1111/j.1469-8137.2011.03966.x/pdf

maypopには両性花と雄花とができ、オス花の花粉のほうが両性花からの花粉よりも優れているというお話です。

今年の人工授粉の結果がマチマチだったのは、両性花の雄しべの花粉に問題があったからかもしれません。雄しべと雌しべがそろっている花で、同じ花の中で授粉しないことは知っていましたが、maypopの授粉戦略の進化を深く理解する必要があります。

追記: maypopの授粉昆虫はクマバチ類であることが上の論文に記載されていました。

論文によると、maypopのオス花は、基本的に両性花と同じ構造であり、雌しべと子房を持っています。しかし、それを授粉させ果実を作ることはほとんどできないので、見た目は両性であっても「実質上」オスとして機能することを実証しています。つまり、人工授粉で果実を作る際にオス花を使うと失敗します。
[PR]

by beachmollusc | 2013-09-22 09:14 | トケイソウ

キジョランの花

e0094349_164452.jpg
e0094349_1643785.jpg

延岡市の鏡山周辺の林道でジャケツイバラの種を採取するため出かけました。しかし、時期が遅かったようで、豆鞘に残っていた種は、カビだらけのものまたは枯死したようなものだけでした。

ところがどっこい、キジョランの群生している場所を5箇所発見し、わずかながら花が咲き始めていたので、思わぬ収穫と成りました。下のようなつぼみがほとんどで、咲いていたのはごくわずかです。
e0094349_16125237.jpg

林道が谷筋を横切っている場所で日陰の斜面に群生していました。
e0094349_1615840.jpg
e0094349_1615180.jpg
e0094349_16145138.jpg

自宅で栽培中のキジョランに花芽がまったく出ていないので、今年は種がとれるかどうか気になっていましたが、冬になれば、この群生地でキジョランの種が採れそうです。
[PR]

by beachmollusc | 2013-09-20 16:19 | アサギマダラ

栗の実

先日の台風の時に落ちた栗の実はほとんどが未熟でした。

今朝ドッグランから戻った時に足元に落ちていた栗は熟して落ちた第1号のようです。
e0094349_11531271.jpg

隣の栗園からわが家の敷地上空に伸びている木には緑色の実がたくさんあり、今月末ごろから敷地内で収穫できそうです。
e0094349_11554788.jpg

栗の実は、落ちる前に黄色く変色して口が開き、熟した実が顔をのぞかせます。
e0094349_11565156.jpg

もちろん、わがほうに落ちた実はいただく約束に成っていますので枝をカットしていません。
[PR]

by beachmollusc | 2013-09-19 11:57 | 植物

落果

昨年9月末に栗と一緒に落ちだしたポポー(実生苗から育った木)が今年は2週間早く第1号が落果しました。
e0094349_9404531.jpg

隣の栗も昨年と同様に落ち始めているのでタイミングは合っています。ただし、かすめて行った台風の影響があったかもしれません。

急いで実にネットをかぶせて落果をキャッチし、地面に激突を防ぐ必要があります。

追記: 落ちた果実は硬くて未熟でした。台風の風で落とされたようです。追熟すれば食べられるでしょう。
[PR]

by beachmollusc | 2013-09-16 09:44 | ポポー pawpaw

ghost crab

e0094349_704966.jpg

スナガニ類はghost crabと呼ばれています。忍者のようにすばやく走り、砂穴に飛び込んで姿をくらまします。

今朝の日の出前、小雨で暗いビーチの砂の上に出ていた奴を1枚だけ撮影しましたが、雨足が強まったのでそれでおしまい。
[PR]

by beachmollusc | 2013-09-15 07:04 | その他の動物

紅白のヒガンバナ

今年のヒガンバナは例年より1週間くらい早く咲き出したようです。

GIビーチで紅白がそろって咲いています。ここには、黄色の花はありません。
e0094349_1832781.jpg
e0094349_18315927.jpg

[PR]

by beachmollusc | 2013-09-14 18:33 | 植物