beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2014年 02月 ( 12 )   > この月の画像一覧


鹿島灘のチョウセンハマグリ

e0094349_11570339.jpg

1983年に農林統計協会が発行した「つくる漁業」(水産庁監修、資源協会編著)の409‐418頁に真岡東雄がまとめた「茨城県鹿島灘におけるチョウセンハマグリ、コタマガイの漁業とその増殖計画」という章があります。

この章の中にある上のグラフは、明治38年(1905年)から昭和54年(1979年)までの貝類の漁獲量の変遷を示しています。鹿島灘ではチョウセンハマグリ、コタマガイ、そしてウバガイが交代しながら増減を繰り返してきました。それぞれのピークとして、昭和35年(1960年)のウバガイ、昭和38年(1963年)のチョウセンハマグリ、そして昭和52年(1977年)のコタマガイの年間漁獲量は1万トンを超えました。それぞれの貝が、時にして大量発生し、それを獲りつくすような漁業が続いていました。

最近は、厳重な漁獲量の管理(出漁する船を当番制にして漁獲日数を制限し、さらに総量規制をかけて親貝の獲りつくしを防ぎながら次の大量発生を待つ戦略をとっていますが、鹿島灘全域で砂浜環境が激変し、かつての稚貝の発生場所で激しい浸食が起こっています。

茨城県では、鹿島灘のチョウセンハマグリが重要な水産資源であることで、種苗生産と放流試験などをやってきましたが、資源の回復は見られません。

<鹿島灘はまぐりの再生産に適した生息環境条件の解明>
ハマグリ資源の回復にむけた研究
(平成 23~27 年度:県費,平成 23~25 年度:国費)
http://www.pref.ibaraki.jp/kikaku/kagaku/seika/24seika/a%20clam.pdf

これによると、平成23年度の漁獲量は300トンを下回ったとされています。一昔前は年間1000トンを維持していたはずですが、その水準を持ちこたえることができなかったようです。

ハマグリ類の漁獲量の統計は、絶滅危惧状態であり、マイナー品目となっているため、全国的な集計値が見つかりません。

熊本県が最近出した「熊本県ハマグリ資源管理マニュアル」によると、熊本県全体で平成18年に年間100トン程度とある。また、三重県の桑名では同じ頃に年間8トンくらいだったのが最近は増える傾向にあるらしい。

東京湾では、台湾で稚貝を生産してから木更津の沿岸などに放流して収穫している。これは年間100トン規模を超えているようであるが具体的な数量はわからない(公表されているのかどうか?)。

いずれにせよ、日本全国でハマグリの漁獲量は数百トンレベルであろうし、鹿島灘に加えて最近増えている九十九里浜のチョウセンハマグリをあわせても、国産ハマグリ類全部で1000トンに満たないでしょう。

かつてピーク年代には数万トンあったものが1千トン以下、ということは、昔に比べて漁獲量が数%しかないということになります。

アサリとシジミの国内の総漁獲量は、それぞれピーク年代に比べて1割から2割まで減少しています。国内生産が減った分を補ってきた輸入貝類の数量は、近年、急激に減少しています。

[PR]

by beachmollusc | 2014-02-26 11:54 | Meretrix ハマグリ

チョウセンハマグリの殻輪郭の変化

小倉ヶ浜で採集したチョウセンハマグリの死殻の形態変化を測定したデータを整理しました。

殻長20~40mmを小型、40~80mmを大型として二つのグループに分け、殻長、殻幅、殻高の測定値を199個体について得ました。

殻の長さ(大きさ)を基準にして横軸に、殻の長さを幅で割った値(SL/SW)と長さを高さで割った値(SL/SH)を縦軸にとって、個体ごとにプロットしています。
e0094349_13521639.gif
殻が大きくなると長さ/幅の比は小さくなります(これは薄べったい形が次第に膨らむことを意味します)。殻長50mmより大きい範囲では、個体間のばらつきはありますが、全体として膨らみの成長に伴う変化は見られなくなるようです。

また、大きくなるにつれ、長さを高さで割った比は少しずつ大きな値に変化します(次第に横長になります)。この変化は殻幅が(小さい稚貝の間に)急激に膨らむ変化ほど顕著ではありません。

殻の幅と高さの変化を組み合わせて見ると、下の図のようになります。
e0094349_13515582.gif
殻の小さい(20-40mm)グループの点はグラフの右下になり、大きい(40-80mm)グループは左上に散布しています。

まとめると、チョウセンハマグリは稚貝(殻長40mmくらいで成熟しはじめるので、それ以下)は、薄くて丸い輪郭から、成熟すると膨らみが増して横長になるわけです。

殻が薄くて円盤状の稚貝は浅瀬で成育し、波間に出てサーフィンしてから急速に砂に潜ったり、流れに乗って移動したり、活発に動きます。それが大きくなると、沖合いに移動して砂の中で安定した姿、錨で動きを止めたような生活に変化します。また、成熟すると殻の中に生殖巣を発達させるので、膨らみが増すと、卵や精子の収容スペースが増大する、適応のようです。

チョウセンハマグリは稚貝の姿が成貝とはまるで違う姿に見えるため、江戸時代の貝類図譜(目八譜)では別種扱いで、名称は「ワケビ」でした。

目八譜のハマグリの一つ、ワケビについて
http://beachmollu.exblog.jp/11722892/

九十九里浜でチョウセンハマグリの稚貝はゼンナと呼ばれています。

[PR]

by beachmollusc | 2014-02-25 14:19 | Meretrix ハマグリ

ハマグリの輸入量

e0094349_10585496.gif
財務省統計の検索により、ハマグリ(種は区別されていない)のカレンダー年ごと、国別輸入量を引き出し、(冷凍は別統計ですが量が相対的に少ないので省略)生のハマグリの、主要4カ国のグラフを作りました。オンラインで公表されているのは1988年以降、昨年度まででした。
http://www.customs.go.jp/toukei/srch/index.htm

中国がダントツで、北朝鮮がそれに続いていましたが、2007年から日本で輸入が禁止されました。その後は、ロシアと中国から迂回輸出が行われているようです。

韓国からは2011年以降ゼロとなっています。また、台湾は2008年から100トン台を維持して、中国に続く2番目に多くなっています。

中国は2005年まで2万トン前後であったのが2008年にかけて急激に減り、近年は5‐7千トンです。この減少傾向は中国で生産量が減っていることが反映されていると思われます。

日本で国内生産が増えていないし、それが多く見ても1000トンくらいで、最盛期の一桁に満たないので、(中国産を敬遠する風潮も減少に影響しているかもしれませんが)輸入・消費の需要はあると思われます。

[PR]

by beachmollusc | 2014-02-21 11:16 | Meretrix ハマグリ

宮崎と熊本のハマグリの形態比較

e0094349_11383123.jpg
宮崎県門川町の庵川干潟で2013年12月に採取されたハマグリと2006年に熊本県の緑川河口干潟で現地の漁師によって漁獲されたハマグリ(九州大の小池教授、当時、から借用したサンプル)の形態指標の比較です。 

散布図の上で、両方の点がほぼ重なっています。

宮崎市の加江田川の河口では熊本県産のハマグリが移植放流されている(未確認)可能性がありますが、庵川では漁業権の設定が無くて、移植・放流実績がありません。

九州の東西に分かれているハマグリ集団は、殻の輪郭:形態的にはほぼ同じと見られます。


[PR]

by beachmollusc | 2014-02-19 11:46 | Meretrix ハマグリ

門川町庵川干潟と宮崎市加江田川河口のハマグリ

2013年12月に門川町の尾末湾にある庵川干潟で、そして同年4月に宮崎市の加江田川の河口で採取されたハマグリの殻を計測して比較してみました。

これら二ヶ所の間は、ほぼ南北に、直線距離で約75キロ離れています。
e0094349_1772892.gif

このグラフは、ハマグリの殻を、デジタルノギスを使って、殻長・殻高・殻幅を計測し、横軸に(殻長/殻幅)そして縦軸に(殻長/殻高)を個別にプロットしたものです。

グラフ上の個々の点は大きくバラケていますが、これは個体変異を示します。

横軸の殻長/殻幅(比)は、閉じた殻をヒンジ側から見て、殻がふっくらしているか、または痩せているかの指標です。この数字が大きいほど痩せています。数字が2であれば、幅が長さの半分で、長軸と短軸の比が2対1の楕円に見えます。

縦軸の殻長/殻高(比)は、殻を横から見て、数字が1の時、つまり長さと高さが同じであれば真ん丸となります。1から離れる、つまりグラフの縦軸の上になるほど横長の輪郭となります。

グラフ上で、右上になるほど殻は相対的に痩せて細長い輪郭となり、左下では丸っこい寸詰まりになるわけです。実は、これらの形態指標は成長に伴ってそれぞれが変化します。従って、大きさによる変化を補正しないと異なる集団間での比較は厳密にはできません。

白丸(加江田)と緑丸(庵川)がほとんど重なり合っていますので、庵川と加江田のハマグリ集団は、予想通りでしたが、形態指標によって比較した集団間の隔たりは小さいと思われます。
[PR]

by beachmollusc | 2014-02-18 17:41 | Meretrix ハマグリ

東北大学の総合学術博物館にある古いシジミ類標本

e0094349_18382445.jpg
マシジミの合弁が78対と左右の片側だけのが9個ありました。すべてマシジミ型です。
ラベルにはCorbiculaの後ろに薄く鉛筆書きで cf. japonica Primeと記載されています。
誰がこれを書いたかわかりませんが、群馬県に汽水域はありませんから、ヤマトシジミ 
C. japonicaは採集できません。cf. としたのは査定に確信が持てなかったことを意味します。
e0094349_18383615.jpg
先月末に訪問した仙台市の東北大総合学術博物館から借り出して調べている標本2点のうちの一つです。

産地が群馬県新郷村とあるだけで、誰がいつ採集したものか不明です。

ラベルの番号が小さいほど古いとして、採集年が記載されていた標本の番号と比べてみると、78426番は1970年より前と推察できます。

群馬県新郷村という地名は現存しないようです。(青森県の村が検索でヒットするだけ)市町村合併で消えてしまった地名でしょう。

埼玉県羽生市に秩父鉄道の新郷という駅があります。ここは群馬県と埼玉県の県境にあるので、隣の県を取り違えてラベルに記載したかもしれません。
e0094349_19024196.jpg
次はコルク栓の蓋があるガラス製の管瓶に入っていた92493番の標本です。

高知県宇佐町で畑井と三井が採集したと記載されています。畑井とは東北大学浅虫臨海実験所を、戦前にパラオ熱帯生物研究所を開設した畑井新喜司か、またはその子の小虎です。どちらにしても1970年より前です。
e0094349_19044728.jpg
ラベルにはCorbicula leana,つまりマシジミと記載されていましたが、ヤマトシジミが24(写真上の4列)とマシジミが21(下の3列)の合計45個の合弁で、はじめはアルコール漬けだったらしく、干からびた軟体部が残っています。

同じ地点でヤマトシジミとマシジミが採集されたとすれば、汽水域の上流側でしょう。仁淀川のどこかだったかもしれません。

念のため、仁淀川でヤマトシジミが漁獲されているかどうかを見るため水産統計のデータをチェックしましたが、記録されていませんでした。

[PR]

by beachmollusc | 2014-02-17 19:38 | シジミの仲間 Corbicula

カエルたちの卵塊

e0094349_11075918.jpg
家の下の放棄水田を借りて維持している湿地にはカエルたちの卵塊の集団が見られます。

e0094349_11082450.jpg
ヤマアカガエルの卵塊が集中している場所

e0094349_11085179.jpg
ヒキガエルの卵塊、孵化が近い

e0094349_11091795.jpg
ヤマアカガエルの卵塊


[PR]

by beachmollusc | 2014-02-17 11:14 | その他の両生・爬虫類

久しぶりの積雪

e0094349_14475586.jpg
今朝7時頃、キッチンの窓から外を見て、雪が積もっていることにびっくり。
e0094349_14490817.jpg
ポポー園の雪景色
e0094349_14501023.jpg
昨晩鹿が鳴いていたが、イノシシや鹿が歩いた跡は雪の上に見られず。
e0094349_14511845.jpg
道端の廃タイヤの雪、1センチくらい積もった。
e0094349_14521963.jpg
道端の雪はドンドン溶けて消えました。





[PR]

by beachmollusc | 2014-02-14 14:52 | 日記

日向市のチョウセンハマグリ漁獲量

e0094349_18023687.gif
日向市の小倉ヶ浜と金ヶ浜のチョウセンハマグリの年間漁獲量の変遷について、漁獲データを整理中です。

2004年までのデータは水産試験場の報告などから得ていましたが、その後のデータ(1995年から2013年まで)を日向市の市議会議員の松葉氏から頂いたので、組み合わせてグラフを作成しました。1995年から2004年の10年間はそれぞれの数字が一致していませんので並べて図に示しました(変動傾向は合致しているので、会計年度とカレンダー年度の集計区間のずれかもしれません)。それぞれ、上の図で、旧データと新データとしています。

1996年のピークについては、地元の人たちが記憶していますが、一過性の豊漁で、1998年にはほぼゼロに減りました。その後は2006年まで不漁が続き、日向市から県水産試験場にSOSが出され、2007年度に緊急調査が行われました。

2007年の調査では、稚貝の生息量が高い水準であった上に、年間漁獲量が8トンに増えました。しかし、それも束の間、2008年以降はジリ貧状態となって、2009年には塩見川河口周辺で大型のチョウセンハマグリ(産卵母貝)の大量死が起こり、2011年から昨年まで3年間はゼロ漁獲となっています。

鹿島灘産チョウセンハマグリの放流の記録もあります。
e0094349_18385308.gif
2003年度の放流は母貝で、それ以前は稚貝のようですが、大きさや個数のデータは無く、放流された全重量の記録しか残されていません。鹿島灘では1990年代から稚貝の発生が乏しくなったため、日向市で入手できなくなっていました。2005年以後の放流はありません。

放流された稚貝がどれくらい生き残って、どれくらい成長し、それが漁獲増大に効果があったかどうか、については全く情報がありません。上の2つのグラフを見比べて、種苗放流の効果のあるなしは読み取れません。その判断に必須の、放流効果を調べる貝のマーキング調査が行われていなかったようです。

2009年の母貝の大量死は(水産試験場に検体が送られて調べられたようですが)原因不明でした。私の印象では、事件の直前にあった、まとまった降雨で流出した毒物による急性中毒ですが、後の祭りでしょう。一過性の現象を後から検証するのは困難です。

2010年以後、小倉ヶ浜でチョウセンハマグリの稚貝の発生は乏しいままです。最近水産試験場が調査したデータでも、稚貝の生息量が低い水準のようです。このままでは地域絶滅の恐れも考えられます。

[PR]

by beachmollusc | 2014-02-11 19:07 | Meretrix ハマグリ

ハマグリの講演会

e0094349_21411050.jpg
e0094349_21412644.jpg


[PR]

by beachmollusc | 2014-02-05 21:41 | Meretrix ハマグリ