beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2014年 04月 ( 14 )   > この月の画像一覧


ゲンジボタルの幼虫

昨年6月に自宅で産卵・孵化した(2008年以来、自家繁殖6代目の)ゲンジボタルの幼虫の終令近かったものはすでに育成水路に放流してあって、今頃は土繭になっていると思います。
e0094349_10323134.jpg


成長が遅れていたため、放流しないで室内の30センチ水槽で飼育を続けていた幼虫を取り出しました。全部で約250個体(3令幼虫が50個体、4と5令が各100個体)でした。3つのグループに仕分けました。
e0094349_1036067.jpg
e0094349_10355188.jpg
e0094349_10354142.jpg

これらの幼虫は、今年は成虫にならず、来年か再来年まで幼虫のままです。

ゲンジボタルの一生は1年サイクルでつないでいるような説明がなされることが多いようですが、実際は、運よく餌をたくさん食べて成長が早かったものが満1年で成虫になり、おそらく主力は2年目で、さらに3年かかって成虫になるものも相当な割合になると考えられます。

今日の午後に、北川のホタルの館で、北川やっちみろ会の活動助成金のスポンサーが視察に来る予定です。そのため、現在飼育中のホタルの幼虫の実物を見てもらうために用意したところです。
[PR]

by beachmollusc | 2014-04-26 10:43 | ホタル

サイカチの芽生え

昨年11月、埼玉県清瀬市の下宿ビオトープ公園で採取したサイカチの種を、今年4月はじめにポットにまいたものが発芽しています。
e0094349_1163351.jpg
e0094349_1162252.jpg

総計667個の種を水に漬けておいて、吸水して膨らんだ72個を36ポットに2つずつ入れました。

サイカチの種は「サイカチマメゾウムシ」に齧られることによって発芽できるようになるとされています。

ところが、採取した種の1割あまりが水中で膨れ、結果、その多くが発芽するようです。マメゾウムシの幼虫は見られなかったような気がします。

膨れなかった種は皮に傷をつければ発芽するかもしれませんが、十分な数の苗ができそうなので、これでよしとします。

サイカチの苗や種はネットで販売されていないので、自分で作っています。ところがアメリカサイカチの種は購入できたので、これも10粒を種まきしたところ、ほぼ同時に発芽しました。
e0094349_11161380.jpg
e0094349_111658.jpg

双葉の次に出ている葉は羽状複葉で、しっかりとジャケツイバラ科の特徴を見せています。

昨年種子から発芽したジャケツイバラの苗は順調に育っています。
e0094349_11184439.jpg

サイカチとアメリカサイカチの苗も、育って行くと似たような姿になるでしょう。
[PR]

by beachmollusc | 2014-04-25 11:20 | 植物

チョウセンハマグリが消滅した波当津の砂浜

東九州自動車道は大分県の佐伯と蒲江間が未完成ですが、日向市から蒲江まで開通しています。ありがたいことに、南延岡ICと蒲江IC間の通行料金が無料です。

今日は、久しぶりにドライブして蒲江の元猿海岸でミッキーを走らせた後、波当津の砂浜を見てきました。
e0094349_14474622.jpg

今日は波が穏やかなのでサーファーの姿はありません。

駐車場でテングサのゴミよけをしていたおばあさんがいました。
e0094349_14513760.jpg

波当津で昔ハマグリがいたことを、ここの民宿で以前聞いていたので、このおばあさんに尋ねてダブルチェック:今はいないが、大きなハマグリが昔は沢山とれた、と証言してくれました。

砂浜で打ち上げられた貝殻を調べてみたら、チョウセンハマグリの(極めて古い)破片を見つけました。
e0094349_1459369.jpg

波当津で確かに昔はチョウセンハマグリがいたという証拠です。
e0094349_14592623.jpg

1円玉は直径2センチです。

一昔前に現地の民宿で聞いた話では、砂浜の沖で海砂の採掘が行われた後、ハマグリが消えたそうです。砂浜が遠浅でなくなった、地形の変化があったためかもしれません。大分県の海岸でチョウセンハマグリがいた砂浜は、おそらくここだけだったと思います。つまり、大分県で絶滅したということでしょう。
[PR]

by beachmollusc | 2014-04-24 15:04 | Meretrix ハマグリ

ハマヒルガオとハマエンドウ

e0094349_1852310.jpg

雨の隙間を見て、GIビーチにドッグラン。ハマヒルガオがいつの間にか咲き始めていました。
e0094349_18514822.jpg

ハマダイコンの花はピークを過ぎ、ハマエンドウが真っ盛りです。
[PR]

by beachmollusc | 2014-04-22 18:54 | 海岸

苗の植え替え

e0094349_17251517.jpg

ひむかのポポー栽培を広げるため、毎年、実を食べたあとの種から苗を作り続けています。

2011年と2012年の種由来の苗はこれまで9センチのポットで育てていましたが、径18センチの超ロングポット100個と通常の18センチポット60個に、合計160本の苗を植え替えました。
e0094349_17245381.jpg
e0094349_17243974.jpg

これらを地植えするまで、さらに2-3年かかりますが、若い苗は紫外線の直射をさける必要があります。

簡易温室のフレームを利用して遮光する用意ができました。

昨年の果実から得た種はポット600個に種まきしてあって、初夏に発芽するのを待っています。
[PR]

by beachmollusc | 2014-04-21 17:34 | ポポー pawpaw

フジの花

e0094349_18564467.jpg

奥野川沿いの散歩道では色と香りがよいフジの花が咲いています。
e0094349_190536.jpg

取り付かれた木がいつまで持ちこたえるかわかりません。
[PR]

by beachmollusc | 2014-04-20 19:02 | 植物

ポポーの授粉

e0094349_19194188.jpg
球状の部分に花粉を出す葯が密集
e0094349_19211381.jpg
e0094349_19404504.jpg
授粉昆虫がやってきたか
e0094349_19220210.jpg
ハエ類ではない妙な虫ばかり
e0094349_19231319.jpg
クモが授粉昆虫を待ち伏せ
e0094349_19240410.jpg
花弁が落ちると小さい実が現れる

ポポーの花はメスとして受粉する段階から進むと、花弁が開いてオスとして花粉を出します。メスとオス段階に時間差があるため、同じ花の花粉では授粉しないというわけです。

人工授粉をするときは、花粉を出しているオス花を見つけ、細い筆に花粉をつけて、メス花の柱頭に花粉をつけてやります。

授粉昆虫が沢山いて、せっせと花めぐりをやっていれば人工授粉は不要です。しかし、現在集まっている虫の様子では授粉が期待できません。

[PR]

by beachmollusc | 2014-04-16 19:31 | ポポー pawpaw

ふかふかビーチ

e0094349_09283250.jpg
e0094349_09281915.jpg
今朝のGIビーチは時化後に典型的な状態、砂が陸に向かって大量に押し上げられ、盛り上がっていました、

新たに堆積した砂は空隙が多くてふかふかとなっています。足が砂にめり込んで歩きにくいほどでした。

[PR]

by beachmollusc | 2014-04-16 09:31 | 海岸

40年前の護岸

小倉ヶ浜の中央部に流出する赤岩川の河口部は数年前から南に向けて蛇行を続けています。

e0094349_08405967.jpg
上の写真は2014年4月11日撮影で、小倉ヶ浜の総合運動公園の南端の遊歩道を通って、赤岩川の河口左岸に出たところです。この赤岩川の河口は砂浜を南に向かって岸に平行に流れています。
e0094349_08450322.jpg
ゴルフ場を過ぎてから、その先では松林の海側の護岸とコンクリートブロック(約40年前に建設されたものと考えられる)に川の流れが当たって砂浜を浸食して、高さが2メートル以上の浜崖となっています。
e0094349_08482206.jpg

e0094349_08523125.jpg
上の写真は、川の上流へ向かって振り返って見た様子です。
e0094349_08533891.jpg
手前の防護ブロックとセットになっている垂直護岸のデザインは1970年代のものと思われます。砂丘の上に松林の植林を拡大し、さらにコンクリートで護岸を建設するという事業が40年前に行われ、その後に砂が堆積(砂丘の復活)してコンクリートが埋積されていたようです。
e0094349_08575420.jpg
この護岸の露出部の終点あたりから、流れが東(左側)に蛇行して海に流れ出ています。

昔の空中写真で赤岩川の変遷をたどれば、松林が拡大植林される前の流路に戻ろうとしていることがわかります。1948年に米軍が撮影した写真を見てください。
e0094349_09003171.jpg
砂浜をつぶしての拡大植林で、赤岩川の河口は北に移り、河口右岸にできたゴルフ場の護岸で流れが規制されていたようです。
e0094349_09071969.jpg
タブの木などの照葉樹が幅100メートルくらいの立派な防潮林を作っているところに、一体全体何を考えてのことかわかりませんが、砂浜の幅を半減させる(砂浜の波浪の減衰、減災効果を損ねる)松の植林を約40年前にやっています。

このような海岸の改変事業が、チョウセンハマグリの稚貝を育てていた砂浜南部の環境を悪化させていると考えられます。

[PR]

by beachmollusc | 2014-04-13 09:10 | 海岸

田植えが終わった谷津田

e0094349_09245741.jpg
奥野川上流にある谷津田でほぼ田植えが終わっています。田植えまでは乾いていたU字溝に堰から引かれた水が勢いよく流れています。

田んぼの中からトノサマガエルの鳴声が聞こえて、水面にはアメンボが波紋を作り、その下にアカハライモリも見かけました。
e0094349_09302654.jpg
散歩する畦道にキンポウゲが花盛りとなっていました。
e0094349_09311294.jpg
e0094349_09312237.jpg




[PR]

by beachmollusc | 2014-04-12 09:32 | 田んぼと里山