「ほっ」と。キャンペーン

beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
人気ジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2014年 05月 ( 17 )   > この月の画像一覧


ゲンジボタルの交尾活動

まだヒメボタルが出てくれないので、観覧席でゲンジボタルを眺めた後、木に止まってうろうろしていたゲンジたちを暗闇で観察していました。

カメラを持っていない時に限って撮影したい行動をとるので困ります。交尾活動に入りそうなカップルができたので、あわててカメラを取りに行って、戻ったら肝心なカップルは行方不明でした。

しかたなく、その辺でうろついていた連中のスナップ撮影の練習をしました。
e0094349_20471317.jpg
e0094349_2046565.jpg
e0094349_20464459.jpg
e0094349_20463243.jpg
e0094349_2046159.jpg

[PR]

by beachmollusc | 2014-05-28 20:47 | ホタル

実が太りだした

e0094349_9282418.jpg

ポポーの実は順調に大きくなり、大きいものは小指の先くらい、2‐3センチになっています。

細い枝先に実が集中する傾向があって、このままでは支えきれなくなるおそれもあります。
[PR]

by beachmollusc | 2014-05-28 09:30 | ポポー pawpaw

オオミズアオの産卵

5月23日に玄関前に現れたオオミズアオの雌を虫かごに入れておきました。それを24日夕方の西都市のヒメボタル鑑賞会で見せて、25日夕方の西都市の結の里のゲンジボタル鑑賞会でも見せようかと、そのままにしておいたら、25日朝までにプラスチックカゴの内面に卵を46個産み付けました。
e0094349_10484896.jpg

卵を産み終わってしまったかもしれませんが、もし残っていたら産めるように、虫カゴから出して隣の栗林に逃がしました。
e0094349_10493754.jpg

カゴの中に残った卵は孵化させて幼虫を飼育することにしました。

初令幼虫の餌は、ネット情報で、新鮮なコナラなどの葉がよさそうです。たまたま幼虫の餌になる数種の木の苗を作っているので、1週間後の幼虫の孵化が楽しみです。
[PR]

by beachmollusc | 2014-05-26 10:53 | 蛾と蝶

シマサルナシの花

e0094349_1048837.jpg
e0094349_104758100.jpg

植栽したシマサルナシの4株に花が咲いています。

シマサルナシは雌雄異株だったはずですが、接写してみた2株は共に雌しべと雄しべが揃っていました。

これは、花粉がでない、事実上のメスだったようなことかもしれません。雌しべのないオス花が咲いてくれないと結実しないのかもしれません。
[PR]

by beachmollusc | 2014-05-23 10:51 | サルナシとマタタビ

ポポーの葉の上で

今朝からの大雨が止み、ホタルたちの飛翔時間がきたので屋外に出て様子を見ました。
e0094349_20482146.jpg
e0094349_20481288.jpg

ポポーの木に止まったまま光っているゲンジボタルです。

飛び回っているものはいません。

ヒメボタルのチェックをしましたが、日向の金ボタルはまだ出ていません。
[PR]

by beachmollusc | 2014-05-20 20:49 | ホタル

一房のポポーの実の最大数は

ポポーの花には雌しべが複数あり、その中から授粉した数の実ができます。
e0094349_1728154.jpg

今シーズンの実で一房8個が最大でした。

葉が大きくなってよく茂り、実を覆い隠すようになっています。
[PR]

by beachmollusc | 2014-05-19 17:29 | ポポー pawpaw

西都市のヒメボタル

e0094349_1951833.jpg

ヒメボタルの鑑賞会に集まった皆さん
[PR]

by beachmollusc | 2014-05-17 19:05 | 風景

ポポーの苗をかじる奴

e0094349_8571094.jpg
e0094349_857198.jpg

ポポーには虫が嫌う成分があるはずですが、苗の葉っぱを食べる奴が現れました。

このような地味系の幼虫は画像検索が難しいので幼虫図鑑を買わねばならないかもしれません。
[PR]

by beachmollusc | 2014-05-17 08:59 | ポポー pawpaw

やっとサルナシの実がついた

2009年からサルナシ類の苗を育てていますが、今年になってようやく花が咲き、実が着き出しました。
e0094349_8315822.jpg
e0094349_8315055.jpg

北方系のサルナシに対して南方系のサルナシで和名はウラジロマタタビです。

シマサルナシと違って、野生のサルナシの実が採れるような蔓はほとんどなく、熟した実は鳥やテンなどに食われてしまって、人間が食べるためには栽培するしか方法はありません。
e0094349_8361763.jpg

山から取ってきた枝の挿し木苗から4-5年かかってようやく最初の花が咲きました。
[PR]

by beachmollusc | 2014-05-16 08:36 | サルナシとマタタビ

オバボタル

e0094349_9383123.jpg

雨あがりの朝、昼間に飛び回るオバボタルがあちらこちらに見られます。

この蛍は発光器が退化していてほとんど光を出さず、よく発達した触角でフェロモン探知をしています。

日向市にはゲンジボタル、ヘイケボタル、ヒメボタルのほかにオバボタルとクロマドボタル(幼虫を見つけただけ)が生息しています。

夜中によく探せば、クロマドボタルのような幼虫時代に発光するホタルの仲間を見つけることができるでしょう。ただし、マムシに注意が必要です。(日向市に来て満8年ですが、まだマムシに遭遇していません)
[PR]

by beachmollusc | 2014-05-15 09:43 | ホタル