beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
人気ジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2014年 06月 ( 19 )   > この月の画像一覧


コミスジチョウが飛来

コミスジチョウはごくたまに姿を現す蝶です。
e0094349_11215354.jpg

このチョウチョの特技は滑空です。

羽根を開いたまま、全く羽ばたかせずに飛ぶのが面白くて、しばらく眺めていました。
[PR]

by beachmollusc | 2014-06-30 11:23 | 蛾と蝶

オオミズアオの幼虫が逃亡

産卵1ヶ月後のオオミズアオの幼虫が1個体、飼育ケージの中から逃亡していました。
e0094349_12413999.jpg

体長は3センチくらいあって、順調に育っています。
e0094349_12434255.jpg

最初は虫かごの中でガラス瓶にコナラの枝を挿して餌にしたら、ビンの中、水中に落ちたものが死亡する事故がおこりました。ホタルの幼虫の飼育とは勝手が違って、水の中で溺れ死ぬとは想像していなかったのが大失敗でした。結局、生き残ったのは5個体だけ。

水の中におちないように餌やりを工夫し、幼虫が大きくなるのを見越して、鳥かごの中にセットアップしてみたら、今度は逃亡者が現れました。鳥カゴのメッシュをすり抜ける大きさ(太さ)であることは承知のうえでしたが、餌のある場所から幼虫は移動しないものと思い込んでいたのが失敗でした。
e0094349_12502137.jpg

鳥カゴの中に残っていた子たち、2個体はコナラの葉陰に確認できましたが、他に逃亡者がいたかもしれません。

イモムシの中でも秀麗な幼虫の顔つきがたくましくなっています。
e0094349_12543756.jpg

90センチのガラス水槽が一つ遊んでいるので、餌から逃げても外にでられないよう、引越しさせるべきでしょう。

オオミズアオの終令幼虫は、今の倍以上になるはずです。
[PR]

by beachmollusc | 2014-06-26 12:56 | 蛾と蝶

インセンスの果実

パッションフルーツ(クダモノとケイソウ)は熱帯種で、露地栽培では日向市の冬を越すことができません。

そこで、インカルナータ(maypop, チャボとケイソウ)の栽培試験を本格化させました。

また、それと同時にインセンスによい果実ができるかどうかテストしています。

インセンスの花は毎日咲いていて、今日は8個開いています。
e0094349_16541879.jpg

先週まで、インカルナータの花粉を人工授粉したインセンスに実が5個着きました。
e0094349_16553989.jpg

花粉親のインカルナータについても、自家受粉しないこと、そして授粉昆虫が来ないため、異なる株間で人工授粉をしています。

いずれ、それぞれの実が熟したら味比べです。
[PR]

by beachmollusc | 2014-06-25 16:59 | トケイソウ

種から発芽開始

e0094349_10415936.jpg

昨年秋に食べて得たポポーの種が発芽を開始しました。
e0094349_1050281.jpg

現時点で590個の種(個別ポット)の内、254(43%)が発芽しています。
e0094349_1047055.jpg
e0094349_10464832.jpg
e0094349_10463966.jpg

その内、双葉が開いたもの15、開いていないが葉が出ているもの99、そして葉が出ていないが茎が現れているもの140です。これから遅れて出てくるものをあわせて、いずれは90%程度の発芽率を期待しています。

太りつつある実の方では自己摘果が起こっていて、実が込み合って成長が遅れていたものが木の根元に落果しています。
e0094349_10483317.jpg

全体的に果実は順調に大きくなっています。
e0094349_1050634.jpg

[PR]

by beachmollusc | 2014-06-24 10:50 | ポポー pawpaw

ゲンジとヘイケの大きさ比べ

e0094349_21453295.jpg

ホタルのシーズン終了の確認のため午後9時過ぎに庭に出てみました。

ヒメボタルの発光は見られず、飛翔して光っていたホタルもごくわずかでした。

ところが、ゲンジとヘイケのメスがそれぞれ1個体ずつ草むらと栗の木に見つかりました。

写真の大きいほうがゲンジボタル、小さいほうがヘイケボタルで、どちらもメスです。(背景の目盛りは5ミリ方眼)

大きさ比べの写真を撮影後、もし卵を抱えていたのであれば産卵してくれるかもと期待しながら、ホタル育成水路のコケの上に放しました。
[PR]

by beachmollusc | 2014-06-23 21:50 | ホタル

Pink Festival

e0094349_1157236.jpg

1年前にヤフオクで落札、購入した苗から育てたトケイソウの一品種Pink Festivalの開花第1号です。

交配で作出された元の親(Parents): P. gritensis x P. amethystina

一緒に購入したサンバーストはまだ蕾をつけていませんが、蔓はよく伸びています。
[PR]

by beachmollusc | 2014-06-23 12:06 | トケイソウ

オオミズアオの幼虫

e0094349_8461958.jpg

3週間前に産卵のオオミズアオの幼虫は、最初は茶色だったのが緑色になって、それらしくなっています。

コナラの葉をよく食べるので、今後も成長を続けるでしょう。

問題は、イモムシが大きくなり、成虫も大きいので小さい虫かごで飼育を続けることができないことです。

いずれヤママユガなども飼育したいので、大型のテラリウムを用意する必要があります。
[PR]

by beachmollusc | 2014-06-17 08:51 | 蛾と蝶

maypop 今年最初の果実

maypop (incarnata)の花は続々と咲き続けています。
e0094349_861319.jpg

このパッションフラワーは、異なる株の間でないと実がつきませんので、小さいブラシで花粉を採取し、人工授粉をやっています。やっと最初の実が現れました。
e0094349_855655.jpg

授粉後に実をつけていないでしおれている花のほうが多いようです。
e0094349_872056.jpg

[PR]

by beachmollusc | 2014-06-15 08:07 | トケイソウ

キジの家族

門川町の農業水路でシジミ採集の帰り道でした。

広域農道:日豊グリーンラインから奥野集落に入ったところでキジのメスが路上にいたのでゆっくり車を進めたら、雄1羽と雛が数羽草むらの中に見えました。
e0094349_8372111.jpg

カメラをとり出して構えようとしたところに、あいにくの対向車が来て、あわててシャッターを押した1ショットだけです。
[PR]

by beachmollusc | 2014-06-14 08:38 |

日向市 小原のホタル

13日(金曜日)の夜8時半現在、ゲンジボタルはほぼ終了です。
e0094349_20451837.jpg

奥野河川プールで車をとめて、橋から川を見ていた人たちをヒメボタルが出ている杉林に誘導しました。

ヒメボタルはピークを過ぎたようですが、まだ100個体以上光っています。

この週末が今シーズンのヒメボタル観賞のラストチャンスとなるでしょう。
[PR]

by beachmollusc | 2014-06-13 20:46 | ホタル