beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2014年 07月 ( 12 )   > この月の画像一覧


浜鉈豆の花

e0094349_7212713.jpg

今朝の小倉ヶ浜は曇り空、赤岩川河口に出て浜が綺麗に清掃された様子を確認してきました。

運動公園の駐車場から砂浜までの遊歩道に咲くハマナタマメの花が綺麗です。
[PR]

by beachmollusc | 2014-07-28 07:24 | 海岸

ポポー苗の近況

昨年の種から発芽したポット苗は500本近くが順調に育っています。
e0094349_18463988.jpg
e0094349_18462948.jpg

超ロングポットで苗をできるだけ大きくして、地植えにするように計画しました。

2-3歳の苗は約150本ありますので、数年後には、条件がよい場所にポポー園を広げたいものです。
e0094349_18543238.jpg

前の台風の時に折れた、ポポー園の地植え苗は順調に復活中です。

ポポーの木は風に弱いけれども、再生能力があり、地下で広がることもできます。
[PR]

by beachmollusc | 2014-07-26 18:55 | ポポー pawpaw

クラゲの打ち上げ

e0094349_938189.jpg

今朝のGIビーチに大型の鉢クラゲ類が1個体、打ち上げられていました。

傘の径が15センチくらい、多分ビゼンクラゲでしょう。
[PR]

by beachmollusc | 2014-07-23 09:41 | 海岸

GPSについて

淡水シジミなどについて野外調査を行う際に、採集地点の位置を記録し、再調査や他の研究者による追跡調査ができるようにすることが重要です。最近はGPSが普及し、国土地理院のホームページでGIS(地理情報システム)がよく整備されています。

大学に在職中、GARMIN製のGPSの古い機種(当時10万円以上)を使っていたのをインドネシア人の留学生に貸したら、海で水没されてしまって、お釈迦様。その次は防水機能があるGPS map76Sを自費で購入し、それが日向市に移住してからサルナシ・マタタビの調査などに威力を発揮してくれました。

GPSmap76Sが不調になって使えなくなったので、とりあえず、緯度と経度、そして高度を出せる簡易GPSのbacktrackを使っていたのですが、今回の滋賀県でシジミ調査の際にどこかで紛失しました。

使えなくなったGarminの中に保存したwaypointという記録地点の情報を取り出すためPCと接続するケーブルがRS232Cという、近年では滅多に使わない規格です。しかもGarminのケーブルの9ピンのコネクターはメスで、手持ちのPCのどれにも接続できません。そこでUSBに接続できるケーブルを別途購入(バッファロー製品で2000円以上)したのですが、結局PCで認識できません。
e0094349_18331328.jpg

map76Sはあきらめて、今後使う新しい機種を検討しました。画像の左端のeTrex30です。これにはUSBケーブルが使える端子があります。

日本語化され、日本全国の詳細な地形図が入っているeTrex 30の値段は7-8万円しますが、同じものの英語版は3万円足らずです。もちろん英語版の機種を購入しました。

英語版のeTrexにあらかじめ入っている地図はお粗末で、幹線道路しか表示しません(map76Sの地図もお粗末でした)。しかし、オンラインで無料でダウンロードできる詳細な地形図があります。ダウンロードしたファイルをmicroSDカードに入れて、GPSの電池ボックスの下にあるソケットに入れて、画面に素晴らしい地図が出ました。市販の数万円の地図ファイル入りのmicroSDカードを購入する必要はありません。
[PR]

by beachmollusc | 2014-07-22 18:45 | 日記

滋賀県長浜市の灌漑水路

e0094349_753465.jpg

滋賀県のHPから転写した「姉川左岸」の灌漑、排水経路を示した図面です。

7月12-13日に、この地域の農業用水路で見つかった淡水シジミの調査に参加して、この水利組合の灌漑施設に多大な投資がなされ、複雑な水路で流水量がきめ細かく維持されていることを知りました。
e0094349_7575330.jpg

水路をたどって、あちこちで探して、シジミが全く見られない場所がほとんどでした。それは、姉川から直接表層水を流しているのではなく、伏流水をポンプアップして流しているからでしょう。

水路のネットワークは、一部で市街化されたところを通過していました。
e0094349_823369.jpg

e0094349_825642.jpg

水路の水は最終的に琵琶湖に流れ出ているので、水路の水質維持には地域として神経を使っているようです。
e0094349_853431.jpg

ちょうど中干しの時期にぶつかりました。

水利と圃場整備が見事に行われていますが、休耕田がかなり「目立ち」ました。
e0094349_88839.jpg

e0094349_884535.jpg

一部でマメのようなものが植えられていました。
[PR]

by beachmollusc | 2014-07-21 08:08 | 河川・水路・堰

折れたポポーの木

e0094349_1853562.jpg

前の台風8号の風で折れたポポーの木には幹から芽があちこちに出ていて、これから回復に向かうでしょう。
[PR]

by beachmollusc | 2014-07-20 18:57 | ポポー pawpaw

滋賀県長浜市で淡水シジミの調査に参加

台風8号接近で一度は参加をあきらめた調査でしたが、7月12-13日に滋賀県長浜市で行われた調査に参加しました。

11日に宮崎空港から、通いなれたセントレア空港に到着したら、いつもの招き猫たちがお出迎え。
e0094349_13152242.jpg

12日は調査メンバー5人と現場で合流しました。
e0094349_1316153.jpg

琵琶湖の北東部で、姉川水系の水田地帯、農業用水路に出現した淡水シジミ集団を調べました。

写真の左端がリーダーの中川雅博さんです。
[PR]

by beachmollusc | 2014-07-16 13:17 | シジミの仲間 Corbicula

ガガイモの開花

アサギマダラの幼虫に食わせるためガガイモとキジョランをプランターで栽培しています。

1年目はどれも全く花が咲かずに終わりましたが、今年はまずガガイモが開花です。
e0094349_8571343.jpg

ガガイモは葉が密生していて、この中に放したアサギマダラの幼虫は行方不明。
e0094349_8582225.jpg

キジョランが蕾をつけていて、開花目前です。
e0094349_859042.jpg

今年はキジョランの種が採取できるでしょう。
[PR]

by beachmollusc | 2014-07-11 08:59 | アサギマダラ

台風8号の影響は軽微

今年はトケイソウの仲間を増やして栽培しています。

大きく育ったつる性植物は、台風8号が接近しても安全な場所に避難させることはできません。

運を天に任せていたら、ほとんど風の影響を受けずに終わりました。
e0094349_12421470.jpg
e0094349_1242472.jpg
e0094349_12414528.jpg

今朝もメイポップとインセンス、そしてサンバーストの花が咲いています。

ピンクフェスティバルの蕾が一つ生き残っているので第二号の開花が楽しみです。
e0094349_12441886.jpg

ポポー園の片隅に地植えしたパッションフルーツも無傷でした。
[PR]

by beachmollusc | 2014-07-10 12:44 | トケイソウ

オオミズアオの幼虫のその後

e0094349_14433497.jpg

悪いタイミングで台風8号が直撃してくれそうになって、今週末の滋賀県で予定されている淡水シジミ調査に参加することをあきらめました。

オオミズアオの飼育用の鳥かごを屋内に避難させて、コナラの葉を補充して備えています。

体長が5センチを超えた4個体が元気に育っています。
[PR]

by beachmollusc | 2014-07-09 14:47 | 蛾と蝶