beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
人気ジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2014年 08月 ( 14 )   > この月の画像一覧


耳川水系のカワシジミ

e0094349_10354151.jpg

午前中、耳川から日向市に導水する水路内のカワシジミの採集:取水量を抑え、水路内の水位を低くして、水路内の点検を行う業務に便乗させてもらいました。

日向市で淡水シジミの養殖に興味を持っているNさんとMさんに導水路の暗渠から採集してもらったサンプルです。殻の大きさは3センチから3センチ半。水路内は強く流れているので、堆積した砂礫が酸欠状態になりませんのでシジミの殻は(地色である)緑がかった黄色です。

水路点検時間の制約で、短時間の採集に終わりましたが、繁殖状況をチェックするためには十分です。

耳川には淡水シジミを漁獲する川漁師さんが一人います。

シジミが多く湧いて、川の水位が低い渇水期には流域の住民がシジミ狩りを昔からやっています。

耳川の取水水門から日向市の浄水場までの導水路でカワシジミが見られるのは耳川から子供が流されてきているからでしょう。
[PR]

by beachmollusc | 2014-08-28 10:47 | シジミの仲間 Corbicula

マシジミのD-型仔貝

8月20日に放出が始まった門川町のマシジミのD型仔貝は体内構造がほぼ完成しています。
e0094349_1616316.jpg

斧足がよく発達して盛んに歩き回ります。

足を伸ばして先端を基盤に粘着させ、足の筋肉を収縮させて本体を足先方向に引き寄せることで歩きます。

餌を取り入れて消化するかどうかをこれから確認するところです。

Youtubeで動画を公開しました。
http://youtu.be/zWS8t-zHjFg
直線的なヒンジの端で心臓が脈動しています。
鰓ができています(繊毛運動が見られるリング状の部分)。
[PR]

by beachmollusc | 2014-08-25 16:18 | シジミの仲間 Corbicula

インセンスの花と実

トケイソウの園芸種、インセンスの花は夏の間咲き続けています。
e0094349_1382983.jpg

今日咲いた見事な花です。

インセンスの雌しべにインカルナータ(チャボとケイソウ, maypop)の花粉をつける人工授粉でできた果実はまだ緑色のままで、熟して落果していません。
e0094349_1310559.jpg

だいたい同じ頃に人工授粉したインカルナータの実は、ほとんどが熟して落果したのに、インセンスは持ちこたえています。

インセンスの実の味はまだわかりません。
[PR]

by beachmollusc | 2014-08-25 13:12 | トケイソウ

オオミズアオの雄

e0094349_7502283.jpg

わが家で生まれたメスのオオミズアオの婿候補が1頭来ました。
今朝見たら、トケイソウのインセンスのグリーンカーテンの上に止まっていました。

かわいそうに、羽根がボロボロで精根尽き果てたような姿をしています。

がんばって来てくれましたが、これでは婿殿としての役にたつかどうかわかりません。
[PR]

by beachmollusc | 2014-08-24 07:53 | 蛾と蝶

オオミズアオが羽化

室内に置いた鳥かごから脱走したオオミズアオの幼虫は、どこを探しても見つからず、完全に行方不明でした。
e0094349_16352198.jpg

先ほどカーテンに止まっている成虫を発見。

ウイングスパン11センチ弱で小ぶりな綺麗なメスです。

もしかしたら物陰に隠れて繭を作っているかも、が本当になってしまいました。

5月25日の産卵から約3ヶ月。

フェロモンに釣られて雄が訪ねてくるかもしれないので、鳥かごに入れて屋外においてみます。
[PR]

by beachmollusc | 2014-08-23 16:38 | 蛾と蝶

今朝の収穫

e0094349_9512724.jpg

パッションフルーツの収穫は今朝の3個で、のべ20個となりました。

ブルーベリーが急速に熟しだしていて、今朝の初収穫はご覧の通り、ザルにいっぱい取れました。
目方を量ったら1.1キログラムですから、一人では食べきれません。
[PR]

by beachmollusc | 2014-08-21 09:57 | トケイソウ

キジョランの葉の中の黒いサナギ

キジョランの様子を調べていて、重なり合った二枚の葉を開いたら中に黒いサナギがありました。
e0094349_10184386.jpg

二枚の葉の中に繭のような袋を作って隠れていました。

残念ながらアサギマダラではないようです。

何が出てくるかわかりませんが、色と大きさから、スズメガか何かの蛾のサナギかもしれません。
[PR]

by beachmollusc | 2014-08-17 10:21 | 蛾と蝶

パッションフルーツの初収穫

台風続きでひやひやでしたが、わがフルーツガーデンは被害なしです。
e0094349_9271190.jpg

今朝はポポー園の片隅に定植したパッションフルーツの様子をチェックして、落果した実を9個拾いました。そのうち3つは緑色で未熟のまま落ちたものです。緑の実は放置しておいて、熟すかどうか確かめます。

赤い実はまだシワがよっていないので、落ちてからの日数は浅いようです。
[PR]

by beachmollusc | 2014-08-13 09:30 | トケイソウ

GIビーチのタカサゴユリ

e0094349_7391698.jpg

GIビーチでは、ハマカンゾウに続いてタカサゴユリが咲き出しました。

小倉ヶ浜の海岸植物としては新参者でしょう。
[PR]

by beachmollusc | 2014-08-11 07:41 | 植物

GIビーチのイカリモンハンミョウ

e0094349_8574359.jpg

台風の波と風が都合よく働いて綺麗になったGIビーチでは、スナガニのチビたちとイカリモンハンミョウが活発に動き回っていました。

イカリモンハンミョウは石川県の天然記念物となっている全国的に珍しい海岸昆虫です。

宮崎県では日向市と串間市の砂浜に生息しています。

串間市のイカリモンハンミョウ - くしまn自然学校
http://www.kushiman.net/column/column10.htm

鹿児島県のイカリモン
2013年11月4日。鹿児島県大隅半島の東側、鹿児島県肝属郡東串良町・柏原海岸
http://blogs.yahoo.co.jp/jyako_ageha71/67088275.html

大分県の波当津海岸は九州で北限のイカリモン分布地
http://www.pref.oita.jp/10550/reddata2011/09/kc033.html
[PR]

by beachmollusc | 2014-08-10 09:56 | その他の昆虫