「ほっ」と。キャンペーン

beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
人気ジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2015年 01月 ( 8 )   > この月の画像一覧


乾田となった谷津田

奥野川沿いの谷津田は冬の間ずっと乾田となり、水路にも水がなく、カエルやホタル、ドジョウやメダカなどが生きるには厳しい環境です。また、乾燥した田では時々トラクターが入って土を切り返します。
e0094349_9425316.jpg

このような状態でも、かろうじてヘイケボタルやヤマアカガエルが細々と繁殖しています。それは、山の斜面から染み出る水がわずかな水溜りを、あぜ道のわきに作っているためです。
[PR]

by beachmollusc | 2015-01-21 09:46 | 田んぼと里山

迷子になった迷子札を発見

今朝、奥野の谷津田沿いの散歩コースを歩いていたら、昨年暮れに迷子になったミッキーの迷子札が足元に落ちていました。チタン製のかなり高い値段のものなので、回収できてラッキーでした。
e0094349_10372375.jpg

新しくネットショップに注文して届いたばかりの新しい迷子札と並べて記念撮影です。

チタン製のが2センチx3センチ、新しい円形の迷子札は径が2.5センチです。

さて、どちらを付けてやるか。
[PR]

by beachmollusc | 2015-01-20 10:40 | ワンコ

皆伐の斜面

わが家の脇を流れる奥野川の上流では(照葉樹と落葉樹の混合林の)山林伐採が続いていて、先日の雨の後には川水が激しく濁っていました。
e0094349_835725.jpg

この写真の林道の右手に見えるのはシキミの林園で、その向こう側で、伐採された斜面の下に川が流れています。

上流の地鶏の養鶏場が廃業し、奥野川の自然環境が回復されれば、ホタルの里つくりが順調に進むはずですが、皆伐で山林斜面から土砂が川に流れ出ている状況では前途多難のままです。
[PR]

by beachmollusc | 2015-01-17 08:36 | 環境保全

ヤマアカガエルの産卵

久しぶりに雨が降り、気温も上昇しているので、ヤマアカガエルのコーラスが賑やかになりました。
e0094349_1275195.jpg

新しい卵塊が無数に産み落とされています。
e0094349_128116.jpg

カエル定食を食べるアオサギ君が徘徊した足跡が見られます。
e0094349_1292741.jpg

メダカの稚魚も群れています。
e0094349_12101640.jpg

ヒキガエルの卵塊はまだのようです。
[PR]

by beachmollusc | 2015-01-16 12:11 | その他の両生・爬虫類

ヒラメ釣り

午後の干潮時間にGIビーチにて、駐車場で竿を持って海に向かうところのアングラーに遭遇しました。

何狙いか聞いたらヒラメだそうです。
e0094349_1647460.jpg

小倉ヶ浜は日本中探しても比類のない、極めて遠浅の砂浜です。そのためか、浜から投げ釣りをしても獲物のかかるゾーンに届かないのか、投げ釣りやキャスティングの姿を滅多に見かけません。(魚がいないためでしょう)

ヒラメは稚魚時代に砂浜の浅瀬で育つ魚ですから、この場所での釣りでは稚ヒラメしか釣れない筈です。

今頃は、アユの稚魚が砂浜の沿岸に群れているでしょうが、ヒラメの稚魚がアユの稚魚を食べているのかどうか、気になりました。
[PR]

by beachmollusc | 2015-01-10 16:54 | 海岸

マサキの実

GIビーチの駐車場から浜に下る途中に海岸植物のマサキの木があります。
e0094349_1654323.jpg

果皮の下からオレンジ色の実が顔を出しています。
e0094349_16541137.jpg

これから実が裂けるものです。
e0094349_16541831.jpg

[PR]

by beachmollusc | 2015-01-07 17:03 | 植物

サルナシを支える竹の支柱

2010年の秋に始めたサルナシ園つくりでは、サルナシの葛を支える支柱として、太い竹を3本組み合わせたセットを1単位としています。

下の写真は2010年11月20日に撮影したもので、手前の駐車場の先に竹の支柱群があります。
e0094349_17155698.jpg

この竹は4年持たないことがわかりました。

昨年の台風の影響を受けずにいたのが、冬の季節風の突風で支柱の根本が折れて、なぎ倒されました。
e0094349_17193128.jpg

e0094349_172093.jpg

サルナシ・ポポー園の整備と維持に協力していただいているMさんから、新しい竹を50本いただきました。
e0094349_17214846.jpg

今日の穏やかな天気のもとで、家の一番手前の支柱群の修復が終わりました。
e0094349_17232678.jpg

駐車場側のサルナシ支柱群も続いて竹を交換して補修します。

サルナシ類の蔓は丈夫なので、支柱が倒れても特に悪影響を受けません。
[PR]

by beachmollusc | 2015-01-05 17:28 | サルナシとマタタビ

小倉ヶ浜のコンクリート階段

小倉ヶ浜のコンクリート階段は自然の力でしだいに本来の姿である「砂丘」に戻りつつあります。

砂が堆積した砂丘は、嵐の時の波浪を受け流し、そのエネルギーを減衰させます。高潮で砂丘の砂は海に運ばれ、それがビーチサイクルで海岸に戻ります。

沖から岸に向けて寄せては砕け続けるウネリの力が砂を前浜に運び、さらに風が砂を飛ばして砂丘を育てます。

このような砂が動く場所をコンクリートで固めることは防災から見て誤ったことであり、生態的にも有害無益であり、おまけに自然景観を損ねます。

この階段護岸を撤去する公共事業が実施されることを望んでいますが、その前に階段は砂に埋もれて見えなくなるかもしれません。
e0094349_11545923.jpg

赤岩川の河口、左岸の砂浜に出る部分のコンクリート階段は2005年の台風の時に洗掘を受け、屈曲部が破壊されましたが、その後修復されました。

2005年10月31日に撮影した時には階段は9段あり、沖側にコンクリート構造物が2段に積まれていました。2015年1月1日の写真をみれば、階段の下側4段と沖の2段の構造物が砂の中に埋没したことがわかります。また、階段手前の遊歩道の路肩を固めたコンクリート部分も埋没しました。
e0094349_11552826.jpg

次は小倉ヶ浜の看板が立てられた所です。2006年11月27日の写真と2015年1月1日の写真を見比べれば、8年あまりで色々な変化が起こっています。

階段の段数は8段から4段に半減しました。つまり、下側4段は砂の下です。

コンクリート階段の継ぎ目にクロマツの若木が育っていますが、看板の周囲でもチガヤの群落の中でクロマツが旺盛に茂っています。これらは植林されたものではなく、自生しています。

この階段のところは、本来は砂丘として、海浜植物、コウボウムギとかケカモノハシなどが生育する場所です。そしてアカウミガメが上陸して卵を産む場所にもなります。

砂浜の浅瀬で育つチョウセンハマグリの稚貝を育てる餌、砂の中の微細な藻類は、陸から海に染み出る栄養素で繁殖しますが、それをコンクリート階段は遮断しています。

百害あって一利もないコンクリート階段を建設したのは愚の骨頂でした。
[PR]

by beachmollusc | 2015-01-01 12:16 | 海岸