beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2015年 02月 ( 10 )   > この月の画像一覧


チョウセンハマグリで合わせ貝

小倉ヶ浜で拾い集めておいたチョウセンハマグリの打ち上げ殻を大きさ(殻長を5mm間隔で仕分け)別にしました。

36-40mmクラスがもっとも多く300近くありました。
e0094349_8103434.jpg

それを色彩型別にわけて似たもの同士からペアを見つける難易度の高いセットを作ります。
e0094349_833232.jpg

紫色の美しい貝殻を集めてみました。
e0094349_86481.jpg

色彩型として出現率の低いものも、全体の数が多ければかなりの数になります。

一番大きいクラス(51-55 mm)と小さいクラス(26-30 mm)は数が少ないので、色彩型を全部混ぜてセットにして、難易度は低くします。
e0094349_81193.jpg

次は殻の内側にシールを貼る作業です。ペアの確認のため、左右の殻に同じシールを貼ります。
[PR]

by beachmollusc | 2015-02-27 08:14 | Meretrix ハマグリ

打ち上げ貝殻拾い

ちょうど良い波があったらしく、今日のGIビーチにはチョウセンハマグリの死殻の打ち上げが賑やかでした。
e0094349_15315522.jpg

久しぶりにタイコガイ→カズラガイの殻が打ち上げられていたので拾って持ち帰り、殻から砂を洗いだしていたら、死んだヤドカリが姿を現しました。
e0094349_15321362.jpg

ヤドカリの上にはフジツボが付着しています。どちらも種類は調べていません。(暇も興味もなし)
e0094349_15331632.jpg
e0094349_15332436.jpg

大小のチョウセンハマグリの殻は、合わせ貝のために大きさをそろえているグループに分けて入れます。

ナミノコガイとフジノハナガイの殻も少しありました。
[PR]

by beachmollusc | 2015-02-24 15:35 | Meretrix ハマグリ

貝あわせ遊びの準備

小倉ヶ浜の砂浜にはチョウセンハマグリの死んだ殻がたくさん打ち上げられます。

天敵であるスナヒトデやツメタガイなどに食われたものが多いのですが、2010年以後は、まとまった雨のあとに大量に死ぬことが繰り返されています。(陸から毒物が海に流れ出ていると想像しています)

ミッキーを砂浜で走らせながら、チョウセンハマグリの稚貝の出現状況をモニタリングしていましたが、そのついでに死んだ稚貝の貝殻を集めてストックしています。

ひな祭りが近づいているので、今年は、貝合せの遊びを地域の子供たちに楽しんでもらいたいと考え、その準備中です。

昔は貝覆いと呼ばれ、江戸時代には大名家や大商人、そして遊郭などで女性が遊びました。

下の図は「江戸の遊戯(大江戸カルチャーブックス) 並木誠士著 2007年、青幻社)」から引用です。
e0094349_9152893.jpg

合わせ貝であるハマグリの殻の内側に様々な細密画を描く、独特の文化も生まれました。
e0094349_9214040.jpg

e0094349_9215096.jpg

この遊びの現代版として、子供たちが遊べるようにしたいと考えています。
e0094349_9231160.jpg

手元に集めたチョウセンハマグリの打ち上げ貝は大小バラバラなので、まずは大きさをそろえました。
殻の長さを5ミリ間隔で振り分けた所、3.1-3.5, 3.5-4.0, 4.1-4.5 cmのそれぞれのクラスの数が多いので、次は模様が似ているのをそろえます。
e0094349_927132.jpg

このようにして、左右対称である同じ貝の殻を外側の模様などから見分けるために眼力が必要となるように設定し、30-50組程度にしてみます。

仕上げには殻の内側にシールを貼り、同じ貝殻の左右に同じシールを貼って、外側から見て合わせた貝殻がマッチしているかどうかの確認をします。
e0094349_9304014.jpg

e0094349_933758.jpg

子供たちが喜びそうなシールをホームセンターでかき集めておきました。

2月28日-3月1日に熊本、天草で研究発表会に参加するため、その準備に専念していたので、貝合わせの準備が遅れています。実際に遊べるセットの試作品が完成するのは、残念ながらひな祭りの後になります。
[PR]

by beachmollusc | 2015-02-22 09:38 | Meretrix ハマグリ

シジミの殻の色

シジミの殻はどんな色かと聞くと、ほとんどの人が「黒」と答えるでしょう。

たしかに、ほとんどの魚屋やスーパーの鮮魚コーナーで売られている(ヤマト)シジミは真っ黒です。

ところが、この黒い色は貝殻の本来の色ではなく、殻の表面を覆う「殻皮」という膜に(二次的に)沈着した硫化鉄の色なのです。

近畿、中部から北の多くの河川の河口部で、ヤマトシジミの殻の色は「べっ甲色」の地色の上を、それが黒く覆っていますが、瀬戸内海や有明海のヤマトシジミにはべっ甲色のほかに黄色やオレンジ色の地色が見られます。

福岡県と佐賀県の県境を流れる筑後川の河口でとれるヤマトシジミは、その色彩が黒くないので別種と考えられたことがあります。和名「チクゴシジミ」が(日本産シジミ類について明治時代に研究した岩川友太郎によって)それに当てられましたが、結局新種としての記載はされませんでした。
岩川友太郎(1909):日本産の蜆に就いて{介類雑誌 3, 18-23.}

筑後川の河口のヤマトシジミには4つの色彩型が見られます。
e0094349_9141413.jpg

黄色い殻色のヤマトシジミです。
e0094349_9151072.jpg

岡山県の吉井川の河口でとれるヤマトシジミは黄色いものが多いそうです。

2007年04月21日 せのをや めがね道、ブログ 
幻の、吉井川の黄しじみ  http://senorya.seesaa.net/article/118506318.html

「吉井川の黄しじみ」は味のよいことで古くから知られておりましたが、その生息数は激減し、いまや絶滅危惧種になりそうなくらいです。

下の写真はこのブログに掲載されたものです。
e0094349_9212043.jpg


岡山県の高梁川でも、河川漁業組合の理事さんによれば、昔は河口域でヤマトシジミが漁獲されていて、黄色の殻だったので、店で売られる黒いシジミは気色悪いと思ったそうです。

琵琶湖特産(固有種)のセタシジミにも殻の色の個体変異が知られています。

琵琶湖固有種 セタシジミ(瀬田蜆)が美味しい  近江八幡の料理人は、のブログ
http://hisagozushi.blog77.fc2.com/blog-entry-353.html
セタシジミは生息場所によって殻の色が違います。
泥地では黒、砂地では薄黄緑、赤いやつもいますが稀です。
基本、セタシジミは砂地が多く、薄黄緑が多いです。

下はこのブログで掲載されたセタシジミの写真です。
e0094349_9314744.jpg

さて、淡水産のカワシジミですが、その殻の外側から見た標準的な地色は(殻の外に二次的に硫化鉄が沈着して黒くなっていない場合)緑がかった褐色です。
e0094349_9451176.jpg

上の写真は滋賀県の愛知川水系の用水路にて採集したカワシジミの色彩変異です。

左は典型的なマシジミで、内面が濃い紫色(特に縁が濃い)ですが、黄色い殻皮を透過し、内側表面で反射、干渉した色が、結果的に緑を帯びた黄褐色となります。

殻の内側の紫色がない「カネツケ型」と「シロシジミ」のカワシジミは表面の黄褐色がそのままの殻色となります。日本の淡水産貝類の図鑑でマシジミとカネツケシジミの「種の違い」は殻の色に基づいているのですが、なぜか同じ種の個体変異とは思っていないようです。それがカワシジミの系統地理解析の混乱の元になっていると考えられます。

貝類図鑑では貝殻の形態とともに色の記載がありますが、殻色の多型(つまり個体による差異)に注意を払うことは滅多にありません。

殻色変異の激しいナミノコガイについて、学研生物図鑑(貝II 二枚貝・陸貝・イカ・タコほか)の図解は下のようになっています。
e0094349_9562277.jpg

殻の内側が紫色であると、わざわざ書いてありますが、これは九州から本州までの黒潮沿岸でもっとも出現頻度が高いため、少数の標本を元にした図鑑の記載者が、内側の白い殻を見ていなかったためのようです。

琉球列島と日本海沿岸のナミノコガイの殻では、このような殻の内側が紫色の割合が低く、極めて多様な色彩と模様が見られます。

下の写真はその1例で、沖縄本島、名護湾の砂浜に見られたナミノコガイの殻の色彩、個体変異です。
e0094349_1042618.jpg

これらの個体変異は「種」の違いではありませんが、沖縄のある高名な貝殻コレクターは、チョコレート色の個体は別種と信じていたようでした。

シジミの殻が黒いと思い込んだ人が、見慣れない黄色いカワシジミを見つけて、それを「外来種」ではないか、と考えても不思議ではありません。
[PR]

by beachmollusc | 2015-02-21 10:13 | シジミの仲間 Corbicula

マクラガイのカメレオン技

同じ種の同じ集団で、個体ごとに殻の色彩と模様が激しく違う貝は、淡水環境では見かけませんが、海にはいくらでもいます。
e0094349_14182856.jpg

マクラガイの仲間は、その極端な例ですが、この仲間には生息環境(いつもは砂の中に潜っています)の背景の色に応じて殻の色を変化させるトンデモナイ種類が知られています。

貝殻は成長するにつれて新しい殻の層を縁に付け足すので、当然、すでにできている殻の色は変わりません。しかし、新しく付け足す部分の色を変えるのです。

上のカバー写真の本の中で図説(論文としても別途、学術雑誌に掲載)されているように、本種は黒い砂の中で暮らしていて殻色は黒です。それを実験的に白い砂の中で飼育すると、黒い色の殻を付け足すのを止めて、白い殻を付け足すものが出てきます。
e0094349_14264871.jpg

実験に使った全部の個体が新しく白い殻を付け足したのではなく、白い砂の中でも黒い殻を付け足した個体がありました。また、黒い砂の中では全個体が黒い殻のまま成長しました。

黒い色素(メラニン)を貝殻の石灰沈着に合わせて沈着させると黒い殻となりますが、メラニンを出す細胞の活動を止めれば石灰の色、つまり白い殻ができます。

淡水シジミのマシジミ型とカネツケ型、そして色素がない白い型の違いは、殻の内面の紫色の色素の沈着状態が異なるだけのようです。

滋賀県愛知川水系の用水路で採集された淡水シジミの色彩型
e0094349_14373380.jpg

淡水貝類の図鑑でシジミ類の貝殻の色彩と模様を分類の指標にしていますが、これを信じて従った分子集団遺伝解析の結果は混乱しています。
[PR]

by beachmollusc | 2015-02-17 14:39 | その他の貝類

アワビの貝殻の色彩 遺伝と餌で変化する

XIAO LIU, FUCUN WU, HONGEN ZHAO, GUOFAN ZHANG AND XIMING GUO

A NOVEL SHELL COLOR VARIANT OF THE PACIFIC ABALONE HALIOTIS DISCUS
HANNAI INO SUBJECT TO GENETIC CONTROL AND DIETARY INFLUENCE

Journal of Shellfish Research, Vol. 28, No. 2, 419–424, 2009
e0094349_14535393.jpg

中国の研究チームがアワビの殻色について面白い研究結果を発表しています。

殻の色は基本的に遺伝で決まりますが、それに加えて餌の藻類が異なると、殻色が変化します。

アワビやサザエの種苗生産で餌の海藻の種類が殻色の変化をもたらすことは関係者の間で周知ですが、遺伝については、あまり認識されていなかったと思います。

淡水産のシジミ類の殻色は遺伝と餌、それに加えて、外部環境からの色素の沈着、おまけに健康状態による変化まであります。

貝殻の色を分類の指標にするのは、シジミ類では大間違いを招きます。
[PR]

by beachmollusc | 2015-02-16 15:01 | その他の貝類

アオジ

ミヤマホオジロと一緒にやってくるアオジ(多分)を撮影しました。

枯れ葉の中からえさを見つけているもの。
e0094349_1153321.jpg

餌台の上にある小鳥のえさをついばんでいます。
e0094349_11534212.jpg

[PR]

by beachmollusc | 2015-02-14 11:58 |

奥野川にハヤの群れ

わが家の脇に流れる奥野川(塩見川の上流)は瀕死状態で、ホタルの幼虫の餌であるカワニナ、水生昆虫(トビケラなど)、エビやカニ、渓流の魚類(カワムツ、オイカワ、タカハヤなど)がほとんどいない状態でした。

聞く所によると、わずか数十年前には、家の下で、石の下に隠れるアユを捕まえ、ミミズを餌にした竹筒のポッポでウナギが獲れたそうです。

昨年、この上流にあった地鶏の養鶏場が寄生虫の発生のため廃業(あるいは休業)してから、次第に環境が回復中と思われます。

今朝の散歩で、ふと川の中を覘いたら、小さいハヤの群れが見えました。
e0094349_14252277.jpg
e0094349_14253319.jpg

水面の偏光反射で見にくい写真ですが、数百匹の群れです。

カワニナの集団を復活させれば、ゲンジボタルの幼虫の養殖・放流が必要なくなるので、なんとかしたいものです。
[PR]

by beachmollusc | 2015-02-11 14:28 | 河川・水路・堰

裏庭に来た鳥さんたち

今朝、裏庭に来た小鳥の集団は複数種の群れでした。

一番多かったのが、頭に冠をかぶったようなカシラダカ、そして、アオジかクロジ、シジュウカラが入り混じって草の実をついばんで廻っていました
e0094349_10513379.jpg
e0094349_1051407.jpg
e0094349_1051495.jpg
e0094349_10515722.jpg
e0094349_1052577.jpg

どれもチョコマカ動き回っていたので狙った構図の写真はほとんど撮れません。
[PR]

by beachmollusc | 2015-02-07 10:53 |

デカワン大集合

西都原このはな館で大型犬が集まるところに顔を出すようにお誘いがあったので、ミッキーを連れて見物してきました。大型犬であるミッキーよりもさらに大型犬が集まると壮観です。
e0094349_1922783.jpg

e0094349_19222494.jpg

ミッキーと同じバーニーズ・マウンテンドッグは4頭、もっと大型のグレートピレネーズは3頭、さらに大型のニューファウンドランドが子犬2頭と成犬2頭、などなど、久しぶりの大型犬とのふれあいです。

ニューファウンドランドの子犬はミッキーと同じくらいの大きさ。
e0094349_19263165.jpg

e0094349_19292035.jpg

成犬のオスは人間より大きいのですが、メスはグレートピレネーズと同等の大きさです。
e0094349_19302864.jpg

かなり年寄りで、足腰が弱っているグレートが来ていて、ほとんど座り込んでいました。

宮崎県の周辺各地から参加しているワンコもいました。
[PR]

by beachmollusc | 2015-02-01 19:32 | ワンコ