人気ブログランキング |

beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2007年 02月 ( 15 )   > この月の画像一覧


美しきかな雑草の花

e0094349_19421464.jpg

犬の散歩中に見かける雑草の中で小さくてもきれいな花がいくつもあります。
最近ではホトケノザが一面に咲いている場所を見て癒されています。
雑草の図鑑を買いましたが、名前はまだ認識してないものが多いので、
これから春の花をアップしては教えてもらう計画です。

by beachmollusc | 2007-02-27 19:45 | 植物

コバノミツバツツジ?

e0094349_13134996.jpg
e0094349_1314015.jpg

秋にも花が咲いていたような気がするツツジの一種が川沿いの林道脇で咲き
誇っています。おっちゃんから関西のモチツツジだろうというコメントをいただいた
ものと同じでしょうが、九州の低い山地で咲くツツジとしては、消去法で調べた範囲
ではコバノミツバツツジになりました。花は小ぶりですが、少し紫が入ったピンクが
とてもきれいで、散歩中の眼を楽しませてくれます。

by beachmollusc | 2007-02-26 13:17 | 植物

渡りのルート

渡り鳥はどこからどこへ
人工衛星を利用した渡り鳥の移動追跡
http://www.natureinterface.com/j/ni06/P15-17/
出水のツルの渡りについて検索して情報を見つけました。
2001年にはすでに詳しく解明されていたということがわかりました。
ツルは特別扱いだから、このような研究もできたのでしょう。
宮崎県に来ているカモの仲間はどうなっているのか、知りたいものです。
出水のツルの飛来地でもカモたちが一緒に混ざっていましたし、
鹿児島の各河川でもカモ類は普通に見られました。
種類も多いようだし、それぞれで離合分散しているのかどうか、
毎年同じ経路で往復しているのかなどの基本的な情報が欲しいものです。
今年、塩見川に飛来していたカモ類の数が昨年に比べて
一桁くらい少なかったので、気にしているところです。

by beachmollusc | 2007-02-24 16:29 | 日記

阿久根市、脇本海岸

e0094349_1132911.jpg

e0094349_1134436.jpg

脇本海岸は砂浜貝類の宝庫です。チョウセンハマグリ、オキアサリ、ナミノコガイ、
フジノハナガイ、そしてキュウシュウナミノコが豊富です。19日月曜日は快晴でした。
潮が引き始めたら、続々と潮干狩りに繰り出す人々が現れました。まだそれほど
引いていないうちから、最上部にいるナミノコガイ堀りの人がでています。
多い時には座って手が届く範囲でざるにいっぱいナミノコガイが取れる場所です。
ふきのとうさんからの情報どおり、小型のチョウセンハマグリが湧いていたようです。
打ち上げられた稚貝の殻がいくらでもありました。2時間ほどビーチの四分の一
くらいの距離を歩きながら、スクワットを数百回して拾い集めた殻はまだ洗浄も
計数もしていませんが、小さいバケツに半分くらいあり、多分500個くらいでしょう。
e0094349_11111323.jpg
e0094349_11112538.jpg

ここではジャンボタニシの殻が沢山打ち上げられていたのには驚きました。

by beachmollusc | 2007-02-22 11:12 | Meretrix ハマグリ

市来、八房川河口干潟

市来の八房川の上流には川上貝塚があり、そこから出土したハマグリとチョウセン
ハマグリの殻はすでに調査済みでした。しかし、現生のハマグリのサンプルを採取
していませんでした。以前にも現地に来ていますが、台風の直撃で敗退しました。

この干潟のハマグリは昔から残っているものか、放流されたものかはデータを得て
からの今後の検討課題です。念願のハマグリサンプルを今回はゲットできました。

18日の午後、日曜日とあって、家族連れの皆さんや、昼休み中の工事作業員の
お兄さんたちが潮干狩りを楽しんでいました。

地元の人に聞いた話では、八房川の、この辺は潮干狩り解放区だそうですが、
近くには漁協が貝を放流して掘らせる場所が(シーズンになると)できるそうです。
多分、アサリを撒くのでしょう。
e0094349_10513454.jpg
e0094349_10515597.jpg

外海側のチョウセンハマグリはこの付近、吹上浜の北部でも南部や中央部と同様に
まったく見つかりません。

by beachmollusc | 2007-02-22 10:52 | 日記

万之瀬川の河口干潟

e0094349_10165185.jpg
e0094349_1017312.jpg

南さつま市になった旧加世田市の万之瀬川の河口干潟でハマグリを採集してきました。
自分でとれたのは少なかったので、プロが貝まきで採ったものを売っている店を見つけ
購入しました。この川沿いの阿多貝塚で出土したハマグリの殻と現生のハマグリの殻は
かなり形態的に違っています。それが何を意味するか悩んでいるわけですが、市来の
方でも貝塚と現生のセットで比較できるようになったので何か言えるかもしれません。

河口部では4,5人がハマグリ漁をしていましたが、吹上浜の海岸砂丘は以前よりも
さらに侵食を受けているようでした。ここの外海側に生息していたチョウセンハマグリは
壊滅したようです。捜し求めて見回りましたが全く気配もありませんでした。
e0094349_10203561.jpg

河口部にはカモやサギの仲間が沢山いましたが、この20日はヘラサギが水際で盛んに
餌をあさっていました。サギ類に見かけは似ていますが、しぐさなどが違っていて、トキの
仲間であることを実感しました。
この川は、流路が曲線のままに残され、直線化されないでいる珍しい例です。
アオギスはどうなったか知りませんが、渡り鳥の宝庫であり、ハマグリが残っている
大切な川です。しかし、ここにも土木事業の魔の手が伸びています。何でコンクリート
護岸ばかりにするのだろう。
e0094349_10251588.jpg


by beachmollusc | 2007-02-22 10:25 | 日記

出水のツル

e0094349_9503063.jpg
e0094349_9504170.jpg

薩摩地方の北にある出水市のツルの飛来地は有名なので、南の阿久根市にある
脇本海岸でチョウセンハマグリを採集したついでに立寄って見物してきました。
5万とはいませんでしたが、ただいま1万1千532羽、というサインが出ていました。
1の位の端数まで数えているのかと不思議に思って観光施設の売店のおばさんに
たずねたら、何人かで数えて、その平均値をだしているそうです。平均値と誤差を
出すか、推定値の信頼区間の範囲で示せばよいのに端数までこのように表示する
のは正しくありません。ところで、渡りはすでに始まっていたそうです。

田んぼに囲いを作って、餌付けして、万を超えるツルを集めて数を自慢する(世界一
だそうです)のはいかがなものかと思いました。カモだったら数では負けない飛来地は
あるし、それほど美しくも無い、ガーガーいうだけのナベやマナヅルをひしめき合わせて
何になるんでしょう。ここで鳥インフルエンザでも発症したらすごいことになるでしょうね。
囲いの外にある田んぼにも少数派のツルが餌をあさっていましたが、その姿が望ましい
印象でした。数だけ集めて、「多自然」を観光目玉にする戦略はどうもいただけませぬ。
e0094349_1023615.jpg


by beachmollusc | 2007-02-22 10:03 | 田んぼと里山

BBCサイトの情報

イギリスの七面鳥工場で発生したH5N1ウイルスですが、調査結果の中間報告によると
調査官が入った時に、工場内では野鳥が廃棄されていたクズ肉をついばんでいたとか、
殺処分に従事した者が工場内でウイルスを広めたとか、すごい話がでています。
まだ証拠は出ていませんが、ハンガリーからウイルスがイギリスに運ばれた経路は
おそらく処理済の鳥の運搬に伴っていたと考えられています。遺伝子解析の結果で
渡り鳥説がほぼ消えています。

ところで、2004年以降のH5N1の世界的な広がりについて、日本ではちゃんと報道が
なされているのでしょうか。BBCサイトでは地図上で世界中で広がりつつある状況の
経年変化をわかりやすく見せています。
http://news.bbc.co.uk/
この中で今日のイギリス国内ニュースにある記事(下)
http://news.bbc.co.uk/1/hi/uk/6368123.stm
からリンクされているマップで見ることができます。
GLOBAL PICTURE Bird flu journey
Watch how the lethal virus has spread
右側のコラムの上のほうに日向市(東郷町)の記事があります。

東南アジアでH5N1が発生していない国はシンガポールとフィリピンだけですが、
フィリピンでは日本で標識がつけられたサギが渡ってきて見つかって騒いでいます。
渡り鳥は季節的にほぼ南北に渡り、東西方向に移動して混ざることはそれほど無い
ようですが、それとはお構いなしに世界中に広がっているのが不思議です。

アメリカで大規模な野鳥のH5N1感染歴調査が実施されましたが、すべて陰性だった
そうです。イギリスでも今回の発症の前の調査では陰性となっていました。まだ発生
していないオーストラリアで野鳥の調査プログラムが始動していますが、その結果は
どうなるでしょうか。

by beachmollusc | 2007-02-17 14:38 | 日記

奥野川

e0094349_18592615.jpg

上流部で林道から川に降りてみました。岸辺の岩にはコケがびっしりと生えていました。
このような場所がゲンジボタルの産卵場になるのでしょう。
今頃は幼虫が大きくなっていることでしょう。ただし、この川にはカワニナが少ないので
どうなっているかわかりません。
今朝はウグイスの初鳴きが聞こえました。

by beachmollusc | 2007-02-15 19:03 | 日記

臭うんです

鳥インフルエンザ情報を調べ続けているうちに、しだいに悪臭が立ち込めてきました。
なぜ養鶏場間の二次的な感染が意図的に隠蔽あるいは無視され続けているのか、
最初から「それはなし」、という前提ですべてのことが進められているような気がします。

これまでの発生は、韓国も含めてですが、すべて工場形式の養鶏業で起こったこと
だったと思います。鶏はすべて遺伝的に均一に管理された工場生産用につくられたもの
だったはずです。ニュースとして表に出てこない情報でもインターネットで調べれば、
かなり出てきます。どうやら、問題の根本の部分で、陰謀くさい仕掛けが施されている
可能性までささやかれています。

007映画の一つで、ヒトラーによる(優秀な)ゲルマン民族を支配者として残すために、
劣等民族を消し去る(過去の誤った優生学を根拠にしたホロコーストの)動きをモデルに
して、宇宙空間の軌道衛星に優秀な若者達を運んでおいて、地上に残っているおばか
な人々を中性子爆弾か何かで殲滅させ、「浄化」された地上にユートピアを作ってしまう
計画のお話がありましたね。ボンドの活躍で見事に失敗するので結局は娯楽映画です。
(細かいことは記憶があいまいで不正確に記憶しているかもしれません)

最新の大量生産技術を使って工場式の養鶏業を世界的に広め、そのシステム中で
鳥インフルエンザが新型の人型インフルエンザに変異してパンデミックが起こりやすく
なるように、養鶏業を「増幅装置、あるいは培養装置」にしてきたかのようにも見えます。

結果としてこのような構図になってしまったのが実態なのでしょうが、これを先読みして
健康弱者(栄養不足、アレルギー体質の人たちや老齢者など)の淘汰の陰謀があった
としたら、どうでしょう。パンデミックは戦争と同じようなものですから、戦争でもうける
やからと同様にパンデミックでもうけようとしている人たちがいたとしたら、ヒトラーの
再来です。鳥用と人用ワクチン生産の陰で、かなり臭いようです。

空想話はさておき、実際の問題は養鶏を工場形式で続けてよろしいのかということに
なるでしょう。鶏糞の過大な環境負担は原子力発電所の核燃料廃棄物の処理問題と
似たような構図です。後始末のつけを後の世代や環境に回しておいて、目先だけの
生産性を向上させるのが許されるか、ということと、持続的な産業として健全な経営を
続けるための環境コストを誰が負担するか(生産者か消費者か)という基本的な課題
が出ています。

by beachmollusc | 2007-02-12 12:12 | 日記